チャンピオンズカップ2019年過去から見る3つのレース傾向とウマダネ独自の予想

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
チャンピオンズカップ 2019

「チャンピオンズカップ」が2019年12月1日に開催されます。
チャンピオンズカップは国内のダート王を決める大一番で、ダート戦で活躍してきた実績のある馬が集結します。
今回は、2019年チャンピオンズカップの特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と穴馬予想を紹介します。
ぜひ予想の参考にしてください。

1:チャンピオンズカップ

チャンピオンズカップは、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。
前身である「ジャパンカップダート」が2000年に創設され、2014年からは「チャンピオンズカップ」に名称が変更されました。
「ジャパンカップダート」はダート国際招待競走となっていましたが、現在は国際招待制が廃止されています。
国際競走にはなっていますが、外国馬の出走が少ないのも特徴です。
ただし、ダートで実績を残している日本馬が集結し、チャンピオンズカップを勝利した馬は同年のJRA賞最優秀ダートホースに選出されることも多くなっています。
国内のダート王を決める大一番として注目で、ダート馬にとっては大きな目標として位置付けられているレースです。

1-1:レース条件と賞金

出走資格 負担重量 賞金
サラ系3歳以上 定量 1着1億円
JRA所属馬 3歳56kg(開催日が12月1日以前の場合は55kg)、4歳以上57kg、牝馬2kg減 2着4000万円
地方所属馬(JRA選定馬のみ) 3着2500万円
外国調教馬(最大8頭まで、優先出走) 4着1500万円
5着1000万円

1-2:特別登録馬と予想オッズ

2019年チャンピオンズカップの特別登録馬と11月26日現在の予想オッズを紹介します。

2019年チャンピオンズカップの特別登録馬と11月26日現在の予想オッズ

予想オッズの1番人気は、「クリソベリル」でオッズは3.3倍です。
「クリソベリル」はダート界のスーパーホースとして活躍が期待されていて、5戦5勝と負けなしの成績が魅力の馬です。
大井競馬場で開催されるジャパンダートダービーでも圧巻の走りで勝利し、ダート界の世代トップクラスの実力であることがわかります。
前走の日本テレビ盃では古馬相手に完勝し、古馬相手でも全く引けを取らない走りを見せています。
常に着差をつけて勝利しているので、まだまだ実力の底を見せていません。
チャンピオンズカップをステップにして、世界へと羽ばたくことが期待されています。
予想オッズの2番人気は、「ゴールドドリーム」でオッズは3.7倍です。
「ゴールドドリーム」はG1を5勝していて、出走メンバー中最も実績を残しています。
そのため、「クリソベル」との戦いが注目を集めています。
「ゴールドドリーム」は一昨年のチャンピオンズカップの勝ち馬で、実力を発揮できる条件です。
2019年は3走全てで3着以内に入っていて、安定した走りを見せている実力馬としても目が離せません。
注目の3歳馬「クリソベル」に立ちはだかる存在として、「ゴールドドリーム」にも期待してください。
予想オッズの3番人気は、「オメガパフューム」でオッズは3.8倍です。
「オメガパフューム」は、東京大賞典と帝王賞を勝ったことがあります。
昨年の東京大賞典では「ゴールドドリーム」を押さえての勝利だったので、チャンピオンズカップでもその走りに注目です。
「オメガパフューム」は後方からレースを進めることが多く、前々走の帝王賞では後方2番手という位置から見事に追い込んで勝利しました。
ハイペースになりやすいダート戦では、「オメガパフューム」の追い込みに注意が必要です。
2000mという距離で特に実績を残していて、1800mという距離でも対応可能でしょう。
「クリソベル」に対抗できる馬として、「オメガパフューム」の走りにも着目してください。

2:過去10年のデータとレース傾向

昨年のチャンピオンズカップでは「ルヴァンスレーヴ」が完勝し、同年のJRA賞最優秀ダートホースに選出されました。

チャンピオンズカップでは、以下の3点のレース傾向が見られます。

・キャリアが豊富な馬が苦戦
・前走で上位人気だった馬が好成績
・近走は内枠寄りの馬が有利

それでは、3つのレース傾向を過去10年のデータを基に紹介します。

2-1:キャリアが豊富な馬が苦戦

キャリアが豊富な馬が苦戦

チャンピオンズカップには実績の良い馬が集まりますが、キャリア豊富な馬が苦戦している傾向にあります。
過去10年の通算出走数別成績を調べると、通算出走数が28戦以上の馬は勝率1.9%、連対率5.8%と苦戦していることがわかります。
逆に、キャリア27戦以下の馬は、勝率8.6%、連対率16.2%と好成績です。
チャンピオンズカップでは出走馬のキャリアに注目して、28戦以上のキャリア豊富な馬は評価を下げたいところです。

2-2:前走で上位人気だった馬が好成績

前走で上位人気だった馬が好成績

チャンピオンズカップでは、前走で上位人気だった馬が好成績を残す傾向があります。
前走単勝人気別成績を調べると、前走で5番人気以内だった馬が連対率16.8%、3着内率26.8%と高確率で馬券に絡んでいます。
前走で6番人気だった馬は、一気に連対率や3着内率を落としている点にも注目でしょう。
チャンピオンズカップの予想をする際には、前走で何番人気だったのかにも着目してください。

2-3:近年は内枠寄りの馬が有利

近年は内枠寄りの馬が有利

チャンピオンズカップでは、内枠と外枠のどちらが有利かも気になるところではないでしょうか。
そこで、中京競馬場1800mで開催された過去5年の馬番別成績を調べてみました。
すると1~9番の馬が連対率、3着内率共に10~16番の馬を大きく上回っています。
そのことから、近年は内枠寄りの馬が有利な傾向にあると言えるでしょう。
そのため、チャンピオンズカップでは外枠よりも、内枠の馬を積極的に狙ってみてください。

3:ウマダネ独自の穴馬予想
昨年のチャンピオンズカップでは1番人気の「ルヴァンスレーヴ」が勝利していますが、2着には8番人気「ウェスタールンド」が飛び込んでいます。
穴馬の活躍からも目が離せないレースです。
そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。
今年のチャンピオンズカップで穴馬として注目なのが、「サトノティターン」です。

サトノティターン

「サトノティターン」は、予想オッズでは31.3倍の7番人気となっています。
「サトノティターン」は昨年まで条件馬でしたが、今年になってマーチSを勝利し重賞馬の仲間入りを果たしました。
マーチSは1800mのレースで、チャンピオンズカップと同じ距離となっています。
中距離適正が高く、「サトノティターン」にとってベストな条件と言えるかもしれません。
また、前走のブラジルCでは重馬場の中で勝利し、馬場が悪くなっても面白い存在です。
スタミナが豊富な点が大きな武器で、消耗戦となればチャンスは広がります。
年齢は6歳ですがキャリアは浅く、上積みが期待できるのも好材料です。
父「シンボリクリスエス」は数々のダートG1馬を輩出していて、「サトノティターン」がG1馬の仲間入りを果たしてもおかしくはありません。
今年のチャンピオンズカップでは、「サトノティターン」がどのような走りを見せてくれるのかにも注目です。

それでは、チャンピオンズカップでのウマダネ独自の狙い目予想を紹介します。
3連単なら「クリソベル→ゴールドドリーム→サトノティターン」。
ワイドなら「クリソベルーサトノティターン」「ゴールドドリーム―サトノティターン」。
馬単なら「クリソベル→サトノティターン」「ゴールドドリーム→サトノティターン」。

「クリソベル」は規格外の走りをしている3歳馬で、来年は更なる飛躍が期待されているのでここでは負けられません。
「ゴールドドリーム」は過去の実績から考えて、対抗として押さえておきたい馬です。
ウマダネ独自の穴馬である「サトノティターン」を馬券に絡めて、万馬券的中を目指してください。

まとめ

2019年チャンピオンズカップの特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。
過去10年のデータを基にした予想ポイントは以下の3点です。

・キャリアが豊富な馬が苦戦
・前走で上位人気だった馬が好成績
・近走は内枠寄りの馬が有利

チャンピオンズカップには実績馬が多く集まる傾向がありますが、意外なことにキャリア豊富な馬が苦戦をする傾向にあります。
過去10年の通算出走数別成績を調べると、キャリア28戦以上の馬の成績が悪くなっています。
そのため、チャンピオンズカップではキャリア27戦以下の馬を中心にするのが賢明です。
また、チャンピオンズカップでは、出走馬の前走の人気にも注目です。
前走単勝人気別成績を調べると、過去10年で前走5番人気以内の馬が好成績を残していました。
チャンピオンズカップはダート王を決めるレースでもあるので、前走で上位人気になっていなければ厳しい戦いになります。
前走の単勝人気にも注目して、予想をするようにしてください。
そして、チャンピオンズカップでは、内枠寄りの馬が有利だということも覚えておきたいところです。
中京競馬場1800mで行われた5年の馬番別成績を調べると1~9番の馬が、10~16番の馬よりも好成績を残していました。
そのため、近年の傾向を考えて、内枠寄りの馬を中心に馬券を買いたいところです。
これらの過去10年のデータを基にしたレース傾向を参考にして、チャンピオンズカップで高配当を狙ってみてください。

当記事が2019チャンピオンズカップ予想の参考になれば幸いです。

すごい競馬