エリザベス女王杯の歴代優勝馬を語ろう〜名牝はこうして誕生した!!〜

タグアイコン 馬券予想

それまで3歳牝馬3冠戦線の最終関門だったエリザベス女王杯が古馬の牝馬に開放されたのが1996年。

当初はこの条件変更に戸惑いの声もありましたが、今ではエリザベス女王杯は秋の最強牝馬決定戦として、完全に定着しました。

今回はそのエリザベス女王杯で活躍した名牝や名手を振り返り、2022年のエリザベス女王杯へのヒントを探ります。

1:エリザベス女王杯の歴代勝ち馬

それでは古馬にも開放された1996年以降の優勝馬から、多くのファンの記憶に残る名牝たちをご紹介します。

歴代勝ち馬①:アドマイヤグルーヴ

2003年と2004年のエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴは2000年に産まれています。

この2000年産まれの牝馬たちの中に、ヒロインと呼ぶべき存在の馬がいました。

2003年の桜花賞、オークス、そして秋華賞の「牝馬3冠」を制したスティルインラブです。

この牝馬3冠戦線ですが、いずれのレースも1番人気はスティルインラブではありませんでした。

常に注目されていたのは、1996年のオークスや1997年の天皇賞(秋)を制したエアグルーヴを母に持つ良血馬アドマイヤグルーヴだったのです。

しかし、桜花賞は3着、オークスは7着、そして秋華賞は2着と、アドマイヤグルーヴは3歳牝馬3冠戦線で期待を裏切り続けてきました。

敗れた相手はいずれもスティルインラブでした。

スティルインラブが牝馬3冠に輝いた秋華賞後の一戦となった2003年のエリザベス女王杯は、アドマイヤグルーヴがこれまでのリベンジを果たした一戦だったのです。

スティルインラブとの激しい叩き合いをハナ差で制し、主役の座を奪い取った瞬間でした。

セレクトセールで2億円を超える価格で落札された良血馬に、ようやくスポットライトが当たったレース、それが2003年のエリザベス女王杯でした。

歴代勝ち馬②:クイーンスプマンテ

古馬も出走可能となった1996年以降のエリザベス女王杯において、最も波乱の決着となったレースと言えば、このクイーンスプマンテが勝った2009年ではないでしょうか。

大逃げでした。

しかし、離れた先頭を行く馬が11番人気の馬ですから、他の人馬もマークが甘くなっていた点は否めませんでした。

1,000メートル通過が60秒5というのも、2,200mという距離では少々速いですが、暴走と表現しなければならないほどのハイペースではありませんでした。

このクイーンスプマンテと鞍上の田中博康騎手(現調教師)が楽な逃げの手に出ていることに、他の人馬は気付くのが遅すぎたのです。

4コーナーから最後の直線に入り、2番手からテイエムプリキュアと熊沢重文騎手がようやく差を詰め、さらに外から単勝オッズ1.6倍の一番人気だったブエナビスタと安藤勝己元騎手も猛然と追い込みますが、楽々と逃げるクィーンスプマンテの脚色は衰えません。

最後はクィーンスプマンテが2着のテイエムプリキュア以下に1馬身1/2差をつけて逃げ切り勝ちを決めました。

テイエムプリキュアも12番人気でしたので、二桁人気同士の馬がワンツーという大波乱となったのです。

人気薄の逃げ馬には注意せよ、と昔からよく言われていましたが、その格言を再認識させられたレースでした。

歴代勝ち馬③:スノーフェアリー

海外から参戦する馬は常に「日本の時計が速い馬場に対応できるのか?」という視点で見られます。

2010年と2011年のエリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーも、2010年来日時は例外ではありませんでした。

既にイギリスとアイルランドのオークスを勝った実績馬だったのですが、当日の人気は4番人気という、意外な低評価だったのです。

多くのファンは、スノーフェアリーが日本の馬場に対応できるのか、半信半疑でした。

しかし、最後の直線で馬場の内側から鋭く抜け出すスノーフェアリーを見て、日本のファンは皆、その評価が誤りだったことに気付きます。

2着のメイショウベルーガに4馬身差をつけて快勝し、エリザベス女王杯では初めてとなる外国馬の勝利となったのです。

スノーフェアリーは翌2011年のエリザベス女王杯でも来日し、連覇を果たしましたが、この時は既に学習済みであった日本のファンはスノーフェアリーを1番人気に支持していました。

2022年のエリザベス女王杯にスノーフェアリーと同じアイルランドのオークス馬が参戦を予定しており、その走りに注目です。

歴代勝ち馬④:リスグラシュー

競走馬の中には、2歳、3歳という若駒の頃から活躍する馬もいれば、古馬になってから本格化する馬もいます。

2018年のエリザベス女王杯優勝馬リスグラシューは、2歳馬だった2016年にアルテミスステークスを優勝しており、その意味では若駒の頃から活躍していた、と評価することも可能です。

しかし、アルテミスステークスの次に勝ち星を上げたのは、約1年半後の2018年東京新聞杯でした。

そして、この2018年の秋にエリザベス女王杯を優勝し、G1馬の仲間入りを果たした後、リスグラシューは本格化しました。

翌2019年には宝塚記念で優勝。

さらに秋にはオーストラリア伝統のG1、コックスプレートを勝利し、帰国後には有馬記念でも勝ち星を挙げました。

G1・4勝を挙げたのですから、歴史に名を残す名牝と言っていいでしょう。

しかし、最初に獲得したG1タイトルは4歳の秋に手にしたエリザベス女王杯でした。

結果的には遅咲きの名牝だったリスグラシューですが、その名牝へのきっかけを作ったのが、エリザベス女王杯の勝利だったのです。

2:エリザベス女王杯の歴代勝利騎手

次にエリザベス女王杯に古馬が出走可能となった1996年以降、活躍が目立つ騎手を2名ご紹介します。

歴代勝利騎手①:武豊

1996年以降、エリザベス女王杯で最も勝ち星を挙げている騎手は武豊騎手です。

トゥザヴィクトリー(2001年)、ファインモーション(2002年)、アドマイヤグルーヴ(2003年・2004年)と4勝を挙げています。

この4勝から「エリザベス女王杯に最も強い騎手は武豊騎手だ」と評価する人がいたとしても、間違いではありません。

しかし、次の視点も同時に忘れてはなりません。

1996年以降、エリザベス女王杯における武豊騎手の戦績は次の通りです。

「4・0・0・18」

4勝を挙げていますが、2着・3着が一度もありません。

つまり、武豊騎手はエリザベス女王杯では「勝つか?惨敗か?」の二択ということになります。

この傾向は、エリザベス女王杯をデータ分析する上で覚えておくべき視点と言えそうです。

歴代勝利騎手②:吉田豊

武豊騎手の次に「東のユタカ」もご紹介しましょう。

1996年以降のエリザベス女王杯で武豊騎手の4勝に次ぐ勝ち星を挙げている騎手ですが、2勝で4名が並んでいます。

この4名中3名は、クリストフ・ルメール騎手、ミルコ・デムーロ騎手、ライアン・ムーア騎手という外国人騎手たちです。

この外国人騎手と並んで、エリザベス女王杯で2勝を挙げているのが、「東のユタカ」こと吉田豊騎手なのです。

吉田豊騎手の代表的な騎乗馬と言えば、メジロドーベルの名前を挙げる方は少なくありません。

そのメジロドーベルと吉田豊騎手は、1998年と1999年のエリザベス女王杯を連覇しています。

吉田豊騎手の2勝はこのメジロドーベルで挙げたものでした。

2度目のエリザベス女王杯制覇となった1999年は、吉田豊騎手の騎手人生における厳しい出来事があった年でした。

「木刀事件」と呼ばれた騎手同士のトラブルで、被害者の立場だった吉田豊騎手ですが、その原因と噂された言動を巡り、大きな批判に晒された時でもあったのです。

こうした騒動を乗り越えた末のG1勝利だったせいか、レース後の勝利騎手インタビューに登場した吉田豊騎手は、思わず言葉を詰まらせる瞬間がありました。

吉田豊騎手にとってメジロドーベルは、自身に初めてのG1勝利をもたらしてくれた馬ですが、騎手として成長させてくれるパートナーでもあったに違いありません。

1999年のエリザベス女王杯は、人馬一体という言葉を再認識させられるレースとなりました。

 

競馬で勝ちたいあなたへ。よく当たる無料の競馬予想サイトBEST3

「競馬で簡単に稼げないかな...」

「どこの競馬予想サイトが本当に当たるのかわからないし...」とお考えではないですか?

(※「なにそれ全く興味ない!自力で予想して稼ぐ!」という方はここから本章をスキップできます。)

実際、競馬予想サイトの数は本サイトウマダネが計測している限りでも約200サイト以上あり、世の中にはもっとたくさんの競馬予想サイトがあります。

そして、競馬予想サイトの大半は詐欺まがいな情報を売りつけ、当たる確率もかなり低いところばかりです。

そこで今回、ウマダネは「本当に当たる競馬予想サイト」を探るべく、現在確認ができる競馬予想サイト(214サイト)の範囲内で徹底的に調べ、すべての項目を考慮したうえで、評価点を付け、8サイトの「本当に当たる競馬予想サイト」を抽出することに成功いたしました。

調査した項目の例⬇
  • 評判
  • 月間の推定利用者数
  • 会社の信頼性
  • 無料予想の回収率
  • 当たった声の数

など、、、

エクセルに約200サイトの競馬予想サイトの情報を徹底的に集計、解析し、まとめました。(約半年かかりました...)

keibatyosa

実際に私は上記で高評価を得たサイトで、有料情報を購入し利益をあげることに成功しています。

実際に購入した買い目⬇

的中 スクリーンショット

そして、実際に「494,900円」の的中がありました。

該当レースの着順⬇

着順

的中の証拠スクリーンショット⬇

的中 スクリーンショット

実際に本当に当たる競馬予想サイトはあるのです。

「競馬で稼ぎたい...」 「競馬を副業にしたい..」

という方はぜひ参考にしてください。

本当に当たる競馬予想サイト3選⬇

No.1:おもいで競馬

おもいで
支払い方法 銀行振込・クレジットカード
無料予想 365日無料予想あり
運営会社 合同会社ZION
特徴 lineで簡単登録で365日地方、中央競馬ともに無料で予想がもらえる!
URL https://www.omoide-keiba.com/
レビューページ https://umadane.com/omoide-keiba-27076

このおもいで競馬は地方・中央競馬共に対応しているためあなたが参加したいその日に無料で予想がもらえるという「いつでも参加」を大切にしているサイトです!

また、返還保証という制度があります。おもいで競馬は有料プランも用意されており、もし有料プランにせっかく参加したのにもし外れて不的中になってしまった場合にはポイントで全額返還されもう一度参加する権利を得ることができるという制度です。
無料予想でも十分稼げるのでまずは登録だけして様子を見てみると良いかもしれません!

おもいで 安心サポート

また、サイトを覗いてみると分かりやすいQ&Aなんかもあるので、気になった方はぜひご覧ください。

<おもいでポイント>
  • 5点情報が毎日無料!
  • 初回不的中の際の返還保証制度!
  • 大当たりは有料予想がタダになるくじ引き!
おもいで競馬の的中実績⬇
最新的中実績【12月2日更新】

2023/10/9

東京8R3連単16点

【中央】一輪の華

283,260円

2023/10/14

新潟7R3連単16点

【中央】一輪の華

1,316,940円

2023/10/15

東京12R3連単12点

【中央】一輪の華

1,259,920円

おもいで競馬を見に行く

No.2:競馬with

競馬WITH
支払い方法 銀行振込、クレジットカード決済
無料予想 毎週末あり
運営会社 合同会社スパーク
特徴 LINEで簡単登録!
URL https://www.keiba-with.com/
レビューページ https://umadane.com/keibawith-23800

競馬WITHの最大の特徴といえば、難しい登録不要でLINEで友達になるだけで簡単に買い目が購入できることです。

また、実績を持つ馬券師50名と専属契約し高いレベルの予想を提供しています。

さらに今なら登録するだけで20,000円分のポイントと登録特典を受け取ることができます。

競馬WITH

彗星のごとく現れたサイトで、比較的新しいものではありますが、かなり期待値は高いと思いますので、ぜひ気になった方は公式ホームページをご覧ください。

<競馬with優良ポイント>
  • LINEで簡単に登録できる
  • 登録するだけで20,000円分ポイントGET!
  • 5点の小点数予想を毎週末プレゼント

競馬withの的中実績⬇
最新的中実績【12月2日更新】

2023/10/9

都8R3連単8点

万馬券アンソロジー

701,760円

2023/10/14

新潟1R3連単10点

万馬券アンソロジー

770,200円

2023/10/15

東京10R3連単30点

万馬券アンソロジー

809,010円

競馬withを見に行く

No.3:うまマル!

うまマル!
支払い方法 銀行振込、クレジットカード決済
無料予想 あり
特徴 365日無料でレース予想公開
運営会社 合同会社バロット
URL https://www.uma-maru.com/
レビューページ https://umadane.com/umamaru-22906

このうまマル!は最近「当たった」という声が急激に増えてきている、今最もアツい競馬予想サイトです。

ホームページを覗いてみると安定した的中実績一覧が確認できます。

的中実績

高額な的中実績ももちろん凄いのですが、このうまマル!の最大の特徴は「無料で様々な特典を受け取れる点」です。

毎日の無料情報、登録キャンペーンなど課金をしなくても十分に楽しめます。

無料 特典

サイトのデザインもかなり見やすいので、ぜひ気になった方は利用してみてくださいね!

<うまマル!の優良ポイント>
  • 365日毎日無料で情報を受け取れる
  • 有料予想以外にも豊富なコンテンツ
  • 稼げるまで安心サポート制度

うまマル!の的中実績⬇
最新的中実績【12月2日更新】

2023/10/14

新潟11R3連単12点

須藤式 指数理論

2,329,400円

2023/10/15

新潟7R3連単12点

須藤式 指数理論

227,560円

2023/10/15

東京10R3連単24点

須藤式 指数理論

539,340円

うまマル!を見に行く

3:エリザベス女王杯歴代のレース傾向

1996年に古馬も参戦するようになったことにより、エリザベス女王杯を連覇する馬も現れるようになりました。

メジロドーベル(1998年・1999年)、アドマイヤグルーヴ(2003年・2004年)、スノーフェアリー(2010年・2011年)、ラッキーライラック(2019年・2020年)と連覇した馬が4頭も出ています。

2021年の優勝馬アカイイトですが、2022年も参戦予定となっています。

昨年の勝利以降、勝ち星はなく、近走成績は一息の状態ですが、その為に人気を落とすのであれば、逆に注意すべき存在となるかもしれません。

 

タグアイコン 馬券予想

競馬予想神サイト7