エルムS2021年過去から見る3つのレース傾向とウマダネ独自の予想

タグアイコン レース記事

タグアイコン

「エルムS」が2021年8月8日に開催されます。

エルムSは夏の古馬ダート重賞で、例年は札幌競馬場で行われますが、今年は函館競馬場で行われます。

12月のチャンピオンズカップへ向けて、ダートの実績馬が多く集まる注目のレースです。

今回は、2021年エルムSの特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と穴馬予想を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

1:エルムS

エルムSは、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G3)です。

今年はオリンピックの影響により、開催場所が札幌競馬場から函館競馬場へと変更になりました。

1996年にダート路線整備の一環として「シーサイドS」という名称で創設され、現在は「エルムS」という名称になっています。

夏に行われるダート重賞で、ダートを得意としている馬が多く集結します。

陣営としては12月にあるダートG1のチャンピオンズカップへ向けて、結果を残しておきたいところです。

今年は開催場所が変わっていますが、距離は例年と同じ1700mで行われます。

距離が同じでも競馬場が変わればレース傾向も違ってくるので、函館競馬場の特性を理解しておくことが大切です。

函館競馬場のダート競走で結果を残せるかをイメージしながら、高配当的中を目指してください。

1-1:レース条件と賞金

出走資格 負担重量 賞金
サラ系3歳以上、未出走馬および未勝利馬を除く  別定 1着3600万円
JRA所属馬 3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 2着1400万円
地方競馬所属馬(3頭まで) 3着900万円
外国調教馬(優先出走) 4着540万円
    5着360万円

1-2:特別登録馬と予想オッズ

2021年エルムSの特別登録馬と8月3日現在の予想オッズを紹介します。

エルムS 出馬表

予想オッズの1番人気は、「アメリカンシード」でオッズは2.2倍です。

「アメリカンシード」は重賞レースを勝っていませんが、前走の平安Sで2着になっています。

G3で2着という結果を残しているので、いつ重賞制覇をしてもおかしくありません。

平安Sでは果敢に逃げ、自分でペースを作りました。

最後は交わさ1着には離されてしまいましたが、着差以上に強さを感じさせる内容でした。

年齢も4歳と若いので、伸びしろはまだまだあります。

エルムSで強い勝ち方をできれば、今後のダートG1路線でも注目の存在となりそうです。

予想オッズの2番人気は、「ソリストサンダー」でオッズは3.9倍です。

「ソリストサンダー」は、前走のかしわ記念で2着と好走しています。

かしわ記念は地方競馬もG1レースで、ハナ差で惜しくもG1初勝利を逃しました。

G1勝利まであと一歩のところまできているので、エルムSでも無視できない存在です。

昨年にはG3の武蔵野Sでも2着になっていて、ダート重賞での実績は申し分ありません。

今年の1月に行われた門司Sで勝利していますが、門司Sは1700mで行われるレースです。

エルムSと同じ距離での実績があるので、確実に上位に来る馬としてチェックしておいてください。

予想オッズの3番人気は、「スワーヴアラミス」でオッズは5.6倍です。

「スワーヴアラミス」は、昨年のマーチSを勝っています。

ダート中距離の重賞を勝っているので、エルムSでの適性も問題ありません。

その後は重賞レースを勝てていませんが、近走2走で2着、1着と調子は上向いています。

前走のマリーンSは函館競馬場の1700mという条件で行われるレースで、今年のエルムSと同じ条件です。

そこで結果を出しているので、注目の存在であることは間違いありません。

今年のエルムSでは、「スワーヴアラミス」の走りにも期待してください。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

2:ウマダネ独自の穴馬予想

エルムSでは、意外な穴馬が上位に絡むことがあります。

そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。

今年のエルムSで穴馬として注目なのが、「トップウイナー」です。
トップウィナー

「トップウイナー」は、予想オッズでは50.2倍の11番人気となっています。

「トップウイナー」は重賞レースを勝ったことがありませんが、前走のプロキオンSで2着と好走しました。

プロキオンSはG3のダート戦で、今年は開催場所の変更により、施行距離はエルムSと同じ1700mでした。

同じ距離で実績を残せたことは高く評価でき、エルムSで馬券に絡んでもおかしくありません。

特に脚抜きの良い馬場で好走する傾向があり、前走のプロキオンSも重馬場で行われました。

芝レースでもそれなりに結果を残していたスピード能力を持っているので、脚抜きの良い馬場になるとそのスピードが活かせます。

当日の馬場状態もチェックしながら、積極的に狙ってみてくださいね。

それでは、エルムSでのウマダネ独自の狙い目予想を紹介します。

3連単なら「ソリストサンダー→アメリカンシード→トップウイナー」。
ワイドなら「ソリストサンダーートップウイナー」「アメリカンシード―トップウイナー」。
馬単なら「ソリストサンダー→トップウイナー」「アメリカンシード→トップウイナー」。

「ソリストサンダー」は前走のかしわ記念2着が高く評価でき、エルムSでも中心にしたい一頭です。

「アメリカンシード」もG3の平安Sで2着になっているので、実績は上位です。

ウマダネ独自の穴馬である「トップウイナー」を絡めて、高配当的中を目標にしてください。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

3:過去10年のデータとレース傾向

昨年のエルムSでは1番人気「タイムフライヤー」が、最終コーナーで捲くるように上がっていき、最後の直線で先頭を捉えて見事人気に応えました。

エルムSでは、以下の3点のレース傾向が見られます。

・4歳馬が好走
・前走2着以内の馬が好成績
・前走1番人気の馬が優勢

それでは、3つのレース傾向を過去10年のレース結果を基に紹介します。

3-1:4歳馬が好走

エルムS 年齢別成績

エルムSでは、4歳馬が好走する傾向にあります。

過去10年の年齢別成績を調べると、4歳馬の連対率は29.4%、3着内率は41.2%となっていました。

連対率、3着内率共に高く、4歳馬は無視できません。

逆に、6歳以上の馬については、連対率9.6%、3着内率14.5%と苦戦傾向です。

馬券を買うときには、4歳馬を中心にするよう意識してください。

3-2:前走2着以内の馬が好成績

エルムS 前走着順別成績

エルムSでは、前走で2着以内に入っている馬が好成績を残しています。

過去10年の前走着順別成績を調べると、前走1着の馬の3着内率が39.3%、前走2着の馬の3着内率が43.8%となっていました。

このデータから、前走が2着以内の馬は高確率で馬券に絡んでいると言えます。

そのため、予想をするときには、前走の着順をチェックしておかなければいけません。

前走で2着以内に入っている馬の評価を上げて、予想を組み立ててください。

3-3:前走1番人気の馬が優勢

エルムS 前走人気別成績

エルムSでは、前走1番人気だった馬が好走しています。

過去10年の前走の単勝人気別成績を調べると、前走1番人気だった馬が連対率33.3%、3着内率50.0%と好成績を残していました。

前走2番人気だった馬の連対率は16.7%、3着内率25.0%と、1番人気だった馬の成績を大きく下回っています。

このことから、前走1番人気だった馬については評価を上げたいところです。

エルムSの予想をするときは、出走馬の前走の着順も確認してください。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

まとめ

2021年エルムSの過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。

過去10年のデータを基にした予想ポイントは以下の3点です。

・4歳馬が好走
・前走2着以内の馬が好成績
・前走1番人気の馬が優勢

エルムSでは、4歳馬が好走する傾向が見られます。

過去10年の年齢別成績では、4歳馬が連対率29.4%、3着内率41.2%と好成績を残していました。

4歳馬は年齢的にも衰えを見せず、競走馬として充実した時期になるので、エルムSでも積極的に狙いたいところです。

また、エルムSでは、前走2着以内の馬が良い成績を残しています。

過去10年の前走着順別成績を調べると、前走1着の馬の3着内率が39.3%、前走2着の馬の3着内率が43.8%となっていました。

3着以内に入る確率が高いという結果になっているので、前走が2着以内だった馬は馬券に絡めるよう意識してください。

そして、エルムSでは、前走で1番人気だった馬も好成績を残していました。

過去10年の前走の単勝人気別成績を調べると、前走1番人気だった馬が連対率33.3%、3着内率50.0%となっていました。

高確率で馬券に絡んでいるという結果なので、、前走1番人気だった馬は無視できません。

前走の着順だけでなく人気も調べて、1番人気だった馬の評価を上げるようにしましょう。

これらの過去10年のデータを基にしたレース傾向を参考にして、エルムSでも高配当を的中させてくださいね。

タグアイコン レース記事

タグアイコン

競馬予想会社