阪神大賞典2019年過去10年から押さえるべき3つの傾向とウマダネ独自の予想を紹介

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2019阪神大賞典

「阪神大賞典」が2019年3月17日に開催されます。

阪神大賞典は現役屈指のステイヤーが集うレースで、天皇賞(春)の前哨戦として注目のレースとなっています。

今回は2019年阪神大賞典の特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と穴馬予想を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

1:阪神大賞典

阪神大賞典は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が付与され、長距離を得意とした競走馬が集まる注目の一戦です。

昨年も阪神大賞典を勝利した「レインボーライン」が天皇賞(春)を制しているので、天皇賞(春)との関連性が高いステップレースとして目が離せません。

1-1:レース条件と賞金

出走資格 負担重量 賞金
サラ系4歳以上 別定 1着6700万円
JRA所属馬 4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減 2着2700万円
地方競馬所属馬 3着1700万円
外国調教馬(8頭まで、優先出走) 4着1000万円
5着670万円

1-2:特別登録馬と予想オッズ

2019年阪神大賞典の特別登録馬と3月12日現在の予想オッズを紹介します。

阪神大賞典 2019 特別登録馬 予想オッズ

予想オッズの1番人気は、「シャケトラ」でオッズは2.4倍です。

「シャケトラ」は昨年の日経賞の勝ち馬で、G1戦線での活躍が注目されている競走馬です。

前走のAJCCでは菊花賞馬フィエールマンに勝利し、実力の高さを証明しました。

今年は念願のG1初勝利が期待されています。

予想オッズの2番人気は、「リッジマン」でオッズは4.1倍です。

「リッジマン」は、昨年のステイヤーズSの勝ち馬です。

ステイヤーズSは日本国内の平地競走で最も長い距離のレースなので、豊富なスタミナが武器と言えるでしょう。

豊富なスタミナを武器に、阪神大賞典でも上位に食い込むことが予想されます。

予想オッズの3番人気は、「アドマイヤエイカン」でオッズは4.4倍です。

「アドマイヤエイカン」は昨年のステイヤーズSで2着となり「リッジマン」同様、スタミナが豊富な馬として注目されています。

2歳時には札幌2歳Sを勝利し、クラシック路線での活躍も期待されていました。

古馬になってから本格化し、今年は飛躍の一年となるかもしれません。

2:過去10年のデータとレース傾向

阪神大賞典は天皇賞(春)との関連性が深いステップレースで、スタミナ自慢の競走馬たちが集結するレースです。

昨年の阪神大賞典では、3番人気の「レインボーライン」が勝利しました。

2着には4番人気の「サトノクロニクル」が入り、1番人気だった「クリンチャー」は3着に敗れています。

天皇賞(春)のステップレースである阪神大賞典では、以下の3点のレース傾向が見られます。

長距離の重賞で実績のある馬が有利
5歳以下の馬が好成績
G1レースから直行した馬が好成績

それでは3つのレース傾向を過去10年のデータを基に紹介します。

2-1:長距離の重賞で実績のある馬が有利

長距離の重賞で実績のある馬が有利

過去10年の2200m以上の重賞において、3着以内に入った経験の有無別成績を見てみます。

すると、2200m以上の重賞において3着以内に入った経験がある馬が、圧倒的に好成績を残していることがわかります。

逆に3着以内の経験が無い馬については成績が良くないので、割引きが必要になってくるでしょう。

2-2:5歳以下の馬が好成績

5歳以下の馬が好成績

次に、過去10年の年齢別成績を見てみましょう。

すると、4歳や5歳の馬の勝率や連対率が高いことがわかります。

5歳以下の馬が好成績を残しているので、若い馬が有利なレースと言えるかもしれません。

ただし、2019年阪神大賞典では5歳以下の馬が出走しないため、次に好成績を残している6歳馬を狙いたいところです。

2-3:G1レースから直行した馬が好成績

G1レースから直行した馬が好成績

そして、過去7年の前走の条件別成績に注目すると、前走がG1レースだった馬が好成績を残しています。

前走がG1レースだった馬が高確率で馬券に絡んでいるので、G1レースから直行している馬を中心に馬券を買いたいところです。

2019年阪神大賞典では、「リッジマン」が唯一G1レースからの直行となっています。

本命として馬券に絡めることで、的中率も上がるかもしれません。

3:ウマダネ独自の予想

阪神大賞典は3000mという長丁場なので、何が起こるかわからないレースです。

そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。

今年の阪神大賞典で穴馬として注目なのが、「ステイインシアトル」です。

ステイインシアトル

「ステイインシアトル」は、予想オッズでは24.5倍の7番人気となっています。

「ステイインシアトル」は前走のAJCCで8着に敗れていますが、休み明けが影響したものと考えられます。

叩き2走目である今回は、前走からの上積みが期待できるでしょう。

また、昨年の鳴尾記念では見事に逃げ切り勝利をし、楽に逃げることができれば面白い存在です。

長距離のレースで穴馬が上位に来るのは逃げ馬が軽視されるケースなので、「ステイインシアトル」は穴馬として狙ってみたい一頭です。

それでは、天皇賞(春)のステップレースに位置付けられている阪神大賞典での、ウマダネ独自の狙い目予想を紹介します。

3連単なら「シャケトラ→リッジマン→ステイインシアトル」。

ワイドなら「シャケトラ―ステイインシアトル」「リッジマン―ステイインシアトル」。

馬単なら「シャケトラ→ステイインシアトル」「リッジマン→ステイインシアトル」。

実績上位であるシャケトラは、本命として外せない一頭です。

G1レースからの直行であるリッジマンも、軽視はできないでしょう。

穴馬であるステイインシアトルと組み合わせて、高配当を期待したいところですね。

まとめ

2019年阪神大賞典の特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。

過去10年のデータを基にした予想ポイントは以下の3点です。

長距離の重賞で実績のある馬が有利
5歳以下の馬が好成績
G1レースから直行した馬が好成績

3000mという長丁場で行われる阪神大賞典では、長距離の重賞での実績が重要です。

2200m以上の重賞レースで、3着以内に入った経験がある馬が有利となっています。

さらに、年齢別成績を見ると、4歳馬や5歳馬が圧倒的に好成績を残しています。

年齢の若い馬が好成績となっているので、阪神大賞典では出走馬の年齢にも注目でしょう。

また、G1レースから直行した馬も好成績を残していて、出走馬のローテーションからも目が離せません。

過去10年のデータを基にしたレース傾向を参考にして、阪神大賞典でも馬券を的中させたいところですね。

最後に阪神大賞典の予想に便利な動画配信サービス「JRAレーシングビュアー」を紹介します。

jraレーシングビュアー

JRAレーシングビュアーは「JRA-VAN」と連携していますので、データを見ながらレース予想を行える便利なサービスです。

映像&データで高額配当を狙いに行きたい方はJRAレーシングビュアーのご利用をおすすめします。

JRAレーシングビュアーを見に行く

当記事が2019年阪神大賞典予想の参考になれば幸いです。

コメントを残す

*

すごい競馬