【平安ステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

平安ステークス ウマダネ予想

平安ステークスは、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G3)です。

JRAのダート重賞の中でもスタミナが問われるレースであり、スタミナに自信のあるダート中距離馬がたちが集結します。

男性
ウマダネ
編集長

1800mを超える距離のJRAのダート重賞は、平安ステークスとシリウスステークスの2つだけです!

今回は2023年平安ステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

平安ステークス予想に使えるコースの特徴

平安ステークス(G3)
競馬場 京都競馬場 コース ダート 1900m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

京都競馬場のダート1900mは、スタンド前の直線入り口からのスタートとなり、スタートから最初のコーナーまで距離があるのが特徴です。

スタート直後から長い直線を走ることになるため、内枠と外枠で大きな有利不利は見られません。

また、向こう正面で上り坂がありますが、3コーナーあたりから下り坂となり、最後の直線も平坦なので、逃げ・先行勢の前残りとなることも珍しくないコースです。

後方からの追い込みは決まりにくいコースであり、スタート直後から前に行けるテンの速さが重要となっています。

「平安ステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 2 4 テーオーケインズ 牡5 松山 1 1.8
2 2 3 ケイアイパープル 牡6 藤岡康 7 23.0
3 3 5 メイショウハリオ 牡5 浜中 3 7.0
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 5 オーヴェルニュ 牡5 福永 2 4.9
2 8 16 アメリカンシード 牡4 ルメール 1 2.4
3 6 11 マルシュロレーヌ 牝5 川田 3 5.6
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 5 オメガパフューム 牡5 北村友 3 5.3
2 7 11 ヴェンジェンス 牡7 5 8.6
3 5 7 ゴールドドリーム 牡7 藤岡佑 2 4.3

近年の平安ステークスでは、やや堅い決着となる傾向が見られます。

2022年の平安ステークスは単勝オッズ1.8倍に支持されていた1番人気テーオーケインズが人気に応えて勝利し、3連単の配当は11,340円となりました。

また、2021年の平安ステークスでも、上位3頭を1~3番人気が独占する展開となり、3連単は7,670円と低配当になっています。

そして、2020年の平安ステークスでは、1番人気ロードレガリスが着外へ沈んでしまったものの、1着から順に3番人気、5番人気、2番人気という堅い結果でした。

過去3年の勝ち馬は全て1~3番人気と堅い決着になっているため高配当を狙いすぎず、上位人気馬を絡めて確実に的中を狙いたいところです。

要チェック✓
●2021年は上位3頭を1~3番人気が独占
●過去3年の勝ち馬は全て3番人気以内

「平安ステークス」過去10年のデータとレース傾向

平安ステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、平安ステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「平安ステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 2- 1- 0-19/22 9.1% 13.6% 13.6%
シニスターミニスター 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
アドマイヤボス 1- 2- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0%
シンボリクリスエス 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
スウェプトオーヴァーボード 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
アグネスデジタル 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
ホワイトマズル 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
スマートファルコン 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ゴールドアリュール 0- 1- 2- 7/10 0.0% 10.0% 30.0%
パイロ 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%

過去10年の平安ステークスでの種牡馬別成績を調べると、最も多く馬券に絡んでいたのはキングカメハメハで連対率は15.4%、複勝率は15.4%でした。

連対率と複勝率は高いとは言えませんが、キングカメハメハはダート中距離のスペシャリストと言える種牡馬なので、平安ステークスでは積極的に狙いたい種牡馬です。

また、2021年チャンピオンズカップを制したテーオーケインズを輩出しているシスターミニスターにも注目です。

シニスターミニスター産駒はダートなら距離を問わずに活躍を見せているので、ダート中距離戦の平安ステークスでも無視できない存在です。

男性
ウマダネ
編集長

ダートのスペシャリストとも言える種牡馬のシニスターミニスターにも注目です!

傾向②:【枠順】から見る「平安ステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 2-14/18 11.1% 11.1% 22.2%
2枠 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8%
3枠 1- 2- 2-15/20 5.0% 15.0% 25.0%
4枠 2- 1- 1-16/20 10.0% 15.0% 20.0%
5枠 3- 0- 2-15/20 15.0% 15.0% 25.0%
6枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
8枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%

平安ステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、内枠がやや有利となっていました。

過去10年で1枠は複勝率22.2%となっていて、8枠の複勝率15.0%を上回っています。

ただし、これは中京競馬場で開催されていた2回分のデータを含んだ数字です。

京都競馬場のダート1900mはスタートから最初のコーナーまでの距離が長く、外枠からでも大きく不利を受けることはありません。

枠順による有利不利よりも、ダート1900mという過酷な条件で力を出せるかが重要となりそうです。

男性
ウマダネ
編集長

枠順での有利不利は少なく、どの枠でも実力が発揮できるコースです!

傾向③:【人気】から見る「平安ステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 1- 0- 4/ 10 50.0% 60.0% 60.0%
2番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
3番人気 1- 3- 3- 3/ 10 10.0% 40.0% 70.0%
4番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 3- 6/ 10 0.0% 10.0% 40.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7~9人気 1- 3- 0- 26/ 30 3.3% 13.3% 13.3%
10~12人気 1- 1- 0- 28/ 30 3.3% 6.7% 6.7%
13~15人気 0- 0- 1- 28/ 29 0.0% 0.0% 3.4%
16~18人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

平安ステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気と3番人気が好成績を残していました。

1番人気は連対率60.0%・複勝率60.0%、3番人気は連対率40.0%・複勝率70.0%と高確率で馬券に絡んでいるので、平安ステークスでは1番人気と3番人気を馬券に軸にしたいところです。

ただし、過去10年で7番人気以下から2頭の勝ち馬が出ていて、荒れるレース結果となったこともあります。

それでも、基本的には上位人気馬が好走しているレースだと言えるので、上位人気馬を中心にしながら、7番人気以下の穴馬も馬券に絡めるようにしましょう。

男性
ウマダネ
編集長

好成績を残している1番人気と3番人気のどちらかを本命にしたいところですね!

傾向④:【馬齢】から見る「平安ステークス」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 3- 1- 29/ 37 10.8% 18.9% 21.6%
5歳 5- 2- 4- 36/ 47 10.6% 14.9% 23.4%
6歳 1- 3- 1- 32/ 37 2.7% 10.8% 13.5%
7歳 0- 2- 3- 15/ 20 0.0% 10.0% 25.0%
8歳 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%

過去10年の平安ステークスにおける年齢別成績を調べると、10頭の勝ち馬のうち9頭が4~5歳馬となっていました。

そのため、馬券の頭にするのは4歳馬、もしくは5歳馬から選ぶのが良さそうです。

また、注目したいのは7歳馬です。

過去10年で7歳馬は一度も勝利していませんが、5頭が3着以内に入っていて、複勝率25.0%と好成績を残しています。

平安ステークスでは4~5歳馬を中心に馬券を買いつつ、7歳馬も積極的に馬券に絡めたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

7歳馬は評価を下げるどころか、むしろ積極的に狙いたいところですね!

傾向⑤:【脚質】から見る「平安ステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 3- 1- 0- 7/ 11 27.3% 36.4% 36.4%
先行 5- 4- 5- 22/ 36 13.9% 25.0% 38.9%
差し 1- 3- 5- 53/ 62 1.6% 6.5% 14.5%
追い込み 1- 2- 0- 42/ 45 2.2% 6.7% 6.7%
まくり 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の平安ステークスの脚質別成績を調べると、逃げ・先行勢が圧倒的に優勢となっていました。

過去10年で逃げ馬は連対率36.4%・複勝率36.4%、先行馬は連対率25.0%・複勝率38.9%と好成績を残しています。

平安ステークスはダート1900mとスタミナが要求されるタフなレースなので、後方にいてもスタミナを消耗し、最後の直線での追い上げは難しくなります。

さらに、京都競馬場は3コーナーから下り坂となり、最後の直線は平坦で終盤にスピードが乗りやすいため、そのままスピードで押し切れる逃げ・先行馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

逃げ・先行馬が圧倒的に有利なので、先行できる馬を中心に馬券を買いましょう!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料