競馬で某漫画キャラの様に借金地獄にならない為の3つの実録体験談と最強解決策

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
競馬 借金地獄 体験談

競馬で借金をしてしまっている、もしくはもう手前まで来ている方。カイジまでとは言わないまでも悩まれてる人はいるのではないでしょうか。

当記事では借金地獄の体験とそこに至った理由と解決法を紹介しています。体験談を他人事だと思わず、ぜひご参考にしてください。

あしたの万馬券

1:競馬借金地獄に陥った3つの体験談

1:競馬借金地獄に陥った3つの体験談

早速、競馬の借金地獄に陥った3つの体験談をご紹介していきます。

1-1:安定した収入のあった人生から退職金の差し押さえまで転落

 幼少期から付き合いのあった友人の親友が陥った体験談です。

他人が羨むような高給取りで何不自由ない暮らしをしていた体験者。しかし競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えて、返済や公共料金まで滞納するようになってしまいました。最終的にどこまで行ったのか、そんな、体験者の実際に経験した競馬での借金地獄です。

25歳の時に競馬に興味を持ち、有馬記念でのビギナーズラックもあり、最初の内は信じられないくらい勝ち続けていました。しかし次第に負けが込み、自分の軍資金は底をつき、馬券を買う為にキャッシングでのローンをするようになりました。その後、更に大小関係なく毎レース賭け続け、借金が膨らみクレジットカードの借り入れをし、結果的に全てを合わせると年収を超える金額になってしまったのです。

最初は競馬に興味を持った程度だったのが、本人の欲望は本人の思ってる以上に膨れ上がり、それがいつの間にか破滅への道のりとなっていました。
 
最初の借り入れからたった3年半で、給与の全額返済にあてても、毎月の返済が出来ないくらいになってしまっていたのです。更に借金の理由がギャンブルだと、自己破産は出来ず、結果的に毎日の様に、催促連絡の嵐。挙句には退職金前借させ、「返済に充てるように」という要求が来ました。結果的に体験者の会社は規則として前払いの制度が存在しなかった為、規約書類を提示したそうです。
提示した途端に顔色は変わり「でしたら、問題ありません」とあっさり・・・。

賭け事をしている以上、フィクションではないと思うとゾッとしますね。

1-2:幸せな生活が一変。競馬から失う大きな代償

1-2:幸せな生活が一変。競馬から失う大きな代償
 
 最初はストレスの解消として始めた競馬でした。ただのストレス解消だったので、少額でも事足りていましたが、次第に賭け金は大きくなっていき、欲が肥大化していき、もっと勝ちたい!もっと勝ちたい!となっていたのです。
そうなると「この掛け金では大きく勝てない」「もっと元手がいる」と完全にギャンブラー思考になり、挙句にはその元手も底をつき、消費者金融からお金を借りるという行為に走ったのです。 

・サラ金4社⇒プ〇ミス、ア〇ム、レ〇ク、〇イフル
・クレジット2社⇒JC〇、オリ〇
・闇金1社

総額800万も借り入れたのです!

一時、結婚指輪を質に入れようかとも考えたのだとか・・・。

いずれ訪れる事ではありますが、その事実を知らない、妻に督促状がきっかけでバレてしまうのです。「どうしたんですか?これは・・・」と静かに問われました、思わぬ落とし穴。

結果自分の両親、妻の両親、親戚一同などから合計800万円を借りなんとか返済にたどり着きました。

 妻と娘は「こんな恥ずかしいことは無かった」と言い残し家を出ていきました。
現状、娘にも会えず、連絡を取るとしたら妻や親戚一同に借りている金額の返済の時だけで完全に他人となりました。勿論、身内の冠婚葬祭にも呼ばれることなく、完全に蚊帳の祖です。
単純に考えれば、借入が会社から身内になっただけで他は変わりません。
寧ろ、大きく失っただけで、もう取り戻す事は出来ません。
少しの興味から始めた競馬で人生の全てが崩壊したのです。

正しい選択を出来るかどうかが大きなカギになりますね。

1-3:全財産1300円それでも賭ける。何かを失うまで

1-3:全財産1300円それでも賭ける。何かを失うまで
 
 給料日まであと5日あるけど、残金は1300円。貧乏な暮らしでろくな食事も取らず、それでもインターネット経由で全額、馬券につぎ込み、2700円が払い戻された。かなりの重症です。これはもう病気と言っても言いいでしょう。残り少ない、生活費ですら増えると思って賭ける。
一般的な考えでは到底、考えつきもしません。
完全に依存症です。

 徐々に、賭ける金額が増えていって。気が付けば家賃さえ払えなくなっていた。

親に家賃の5万円を借りたが、それすら増やしたいと思い競馬に。

結果は1円も蹴ってこなかった。そのまま消費者金融へ。

 平日は仕事が忙しかったが、週末になると賭けたい衝動が抑えられなくなる。

既に依存症になっていたのです。ここで人として大きな「何か」を失っていました。

平日になると「今日はギャンブルやらなくて済む」と思う様になり、心が落ち着くのだという。

1・平日ー仕事。競馬なし⇒やりたくても出来ない。だから安心

2・休日ー休み。競馬あり⇒競馬は基本的に土日開催。絶対にやる

平日は無いからやらないだけで、休日は100%やる。これが平日でも出来るギャンブルなら、間違いなく人生終了だったでしょう。

自分では確実に認識は出来ないけど、第三者から見た場合にこれはれっきとした病気なのです。

あしたの万馬券

2:体験談から読み解く競馬借金地獄に陥る2つの理由

2:体験談から読み解く競馬借金地獄に陥る2つの理由 

以上、競馬借金地獄の体験談をご紹介いたしました。

競馬で借金を作る理由は大きく分けて2つあります。

・自分が自由に出来るお金以上を競馬につぎ込む

・運否天賦に賭けてしまう一発逆転精神

次項で1つずつ解説していきます。

2-1:自分が自由に出来るお金以上を競馬につぎ込む

 今回のケースは競馬での借金をしてしまった。根本、その理由と結果的にどうなってしまうのか。ここで考えなければ行けないのは、そもそも何故、競馬にそこまでのめり込んでしまったのかという理由です。ここでは三つに分けてみました。

①競馬が好き過ぎて休みの日はいつも競馬場に足を運んでしまう。
②競馬に自分のお小遣いを全てつぎ込む。
③自分が自由に出来るお金以上を競馬につぎ込む。

皆さんはどれが「のめり込む」に当てはまると思いますか?
正解は自分が自由に出来るお金以上を競馬につぎ込むです。よく考えたら明らかですね。体験者は正にこの時点で借金地獄に足を踏み入れたと述べています。ここでお話しした理由は飽くまでも一例です。
給料の平均1割~2割は貯金と言われています。全てをつぎ込んでしまっていたら元も子ありません。
ここでわかるのはどんな状況でものめり込んだ時点で最後。借金地獄なのです。

2-2:運否天賦に賭けてしまう一発逆転精神

 「苦しいなら、止めたらいい」と、周囲の人は思うかもしれません。しかしながら、競馬と言う借金への道に向かってる人は、「今までの負けを次のレースで返す」「そしたら競馬から足を洗える」という正に運否天賦な状況のもとに、ずるずると競馬にしがみついていったのです。ここで万が一、今までの借りを全て返せるほどの利益を上げたとしても、「この勝ち金を次のレースに入れたら更に稼げる」と言い訳をして結果的にまた、失っていく末路。
競馬に限らず賭け事が好きな人間は、負けず嫌いなので、そこから来る、繰り返しから借金地獄の沼に溺れていくのです。
運否天賦をし、逆転が無いとは一概に無いとは言い切れません。しかし、そこで終われていれば恐らく借金はしてないはず。この気持ちやはり大きな理由になるのだと考えられます。

あしたの万馬券

3:競馬借金地獄の体験談を踏まえて考えられる2つの解決策

3:競馬借金地獄の体験談を踏まえて考えられる2つの解決策
 
 借金が膨れ上がるということは、家族や友人、仕事、社会的信用、金融機関からの信用などの全てを失う可能性があると言うことでもあります。
あなたに、「全てをうしなったとしても競馬をしたい」という覚悟はありますか?
そこまでの覚悟がないのなら、今すぐ競馬を止めて、借金返済だけに集中すること。
当たり前の事とは思いますが、これを出来ていればまず借金地獄にはいないはずです。

3ー1:依存症外来を受診する

 
 全てを失いかねないほど競馬にのめり込むのは、間違いなく「ギャンブル依存症(病的賭博)」という病気だと言えます。
もちろん、この場合健康保険も適用されるので、ぜひ一刻も早く全国にある依存症外来を訪れてください。
そこでのアドバイスにより大きく変化が起きるかもしれません。

3ー2:競馬に変わる何かを見つける(趣味)

 きっかけは何でも良いんです。何か新しく打ち込めること、ものを探してみるのです。

本当にどんなことでも構わないのです。食、娯楽・・・世界には山の様に趣味と呼べるものが沢山あります。

競馬も趣味の範囲で終わらせとけば、最初から借金なんてしません。
何か競馬の代替えになるものを見つけてみましょう!
あしたの万馬券

まとめ

 以上、体験談からなる借金地獄に陥る理由と解決策を紹介しました。
思い当たる所はありましたでしょうか?解決策に関して、一案に過ぎません。
借金地獄から脱する方法はいくつもあります。
この記事を読んで、何かのきっかけや解決に繋がれば幸いです。

また、競馬で借金地獄にならないためにはオペレーターがフォローしてくれる競馬予想サイトの利用も考えてみても良いかもしれませんね。

ウマダネとしては無料情報でもよく当たるあしたの万馬券をおすすめします。

あしたの万馬券の
公式サイトへいく

あしたの万馬券