PR

菊花賞の歴代優勝馬を振り返る〜2022年の1番人気馬をどう評価すべきか〜

馬券予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3歳牡馬3冠路線最終戦である菊花賞は、日本競馬史に残る数多くの名勝負を繰り広げてきました.

3冠を達成し、歴史に名を残した馬もいます。

その3冠を阻止したことで名前を残した馬もいます。

人気薄ながら主役となり、波乱の原因を作った馬もいます。

今回は、そんな歴代の勝ち馬や勝利騎手についてご紹介します。



▼本当に当たる競馬予想サイト5選
1位ドンピシャ2位万馬券RUSH3位えーあい4位トクスル5位おもいで競馬
ドンピシャ
【最新的中】
3/3 中山3R
3連単/16点
598,110円獲得!

無料予想 ボタン
万馬券RUSH
【最新的中】
3/3 中山11R
3連単/6点
1,810,260円獲得!

無料予想 ボタン
えーあい
【最新的中】
3/3 小倉10R
3連単/48点
3,447,060円獲得!

無料予想 ボタン
トクスル
【最新的中】
3/3 小倉12R
3連単/24点
1,591,520円獲得!

無料予想 ボタン
おもいで競馬
【最新的中】
3/3 小倉12R
3連単/24点
1,591,520円獲得!

無料予想 ボタン
supervisor
Wikipedia

【この記事の監修者】
鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

山口県出身、1969年デイリースポーツ入社。入社後、岡部幸雄から始まり、蛯名正義、横山典弘などの騎手たちとの信頼関係を築く。その後、専門誌・馬三郎にて本紙予想担当。50年越えの競馬記者人生を通して、予想界の大御所と言われている。

1:菊花賞の歴代勝ち馬

まずは、歴代菊花賞馬にまつわる物語をご紹介します。

3冠路線の最終戦ならではのドラマをお楽しみください。

歴代勝ち馬①:ビワハヤヒデ

1993年の優勝馬です。

前年1992年の朝日杯3歳ステークス、そしてこの年の皐月賞、日本ダービーで2着に入るなど、G1ではあと一歩のレースが続いていました。

皐月賞ではナリタタイシンに、日本ダービーではウイニングチケットに主役の座を奪われ続けてきたビワハヤヒデでしたが、最後の1冠で同世代のライバルたちをまとめて負かし、G1馬の仲間入りを果たします。

最も速い馬が勝つと言われる皐月賞、最も運がいい馬が勝つと言われる日本ダービーに対し、菊花賞は最も強い馬が勝つと言われてきました。

ビワハヤヒデはそんな菊花賞の特色を裏付ける優勝馬でした。

翌1994年には天皇賞(春)と宝塚記念も優勝。

菊花賞までは、G1で勝ち切れなかった馬でしたが、その後は世代を超えた最強馬の座にしっかりと輝いた1頭でした。

菊花賞を勝つ馬は強いのです!!

歴代勝ち馬②:ナリタトップロード

1999年の優勝馬です。

ビワハヤヒデと同様、皐月賞と日本ダービーはあと一歩で主役の座を掴むことができませんでした。

皐月賞では3着。

日本ダービーでは2着。

アドマイヤベガに敗れた日本ダービーのレース直後、鞍上の渡辺薫彦騎手(現調教師)が目を真っ赤にしていた姿がテレビ中継で映し出されていました。

その悔し涙が菊花賞では笑顔に変わりました。

競馬という競技において走っているのは馬ですが、その馬を走らせているのは人間です。

その中でもG1レースは、出走馬に関わる人々の人生を大きく左右する存在でもあるのです。

渡辺薫彦騎手にとって、この1999年はホースマン人生の中でも忘れることができない1年であるに違いありません。

歴代勝ち馬③:ヒシミラクル

菊花賞が波乱の決着となったケースは何度もあります。

それでも二桁人気の馬が勝利した菊花賞となると、最近では2002年まで遡らなければなりません。

この年の優勝馬は、10番人気馬ヒシミラクルでした。

波乱のきっかけは、スタート直後に起きたアクシデントでした。

単勝オッズ2.5倍で1番人気に支持されていたノーリーズンが、ゲートを出た直後に鞍上の武豊騎手を振り落としてしまったのです。

場内が溜め息に包まれる中、武豊騎手が乗っていないノーリーズンは1周目の正面スタンド前を通過していったのです。

1番人気がいなくなってしまっても、2番人気以下の馬が上位でゴール板を通過するのであれば、あまり驚きはないかもしれません。

しかし、最後の直線で叩き合いを展開したのは、10番人気のヒシミラクルと16番人気のファストタテヤマでした。

なんと二桁人気の2頭が並んだままゴール板を通過し、写真判定に持ち込まれてしまったのです。

菊花賞だけではなく、日本で行われる全てのG1レースに対象を広げても、二桁人気の2頭による写真判定という光景がG1レースで繰り広げられたのは、レアケースと言っていいでしょう。

結果はハナ差でヒシミラクルに軍配が上がりましたが、ヒシミラクルは翌2003年の天皇賞(春)と宝塚記念を人気薄で連勝し、日本中の競馬ファンを驚かせます。

ヒシミラクルは、史上最強の穴馬と言って間違いありません。

歴代勝ち馬④:コントレイル

皐月賞は2,000m。

日本ダービーは2,400m。

そして菊花賞は3,000m。

3歳牡馬3冠路線は、徐々に距離が伸びてゆく路線となっています。

3冠馬を目指す馬にとって、距離は常に大きな課題となり、「距離の壁」という表現が使われることもあります。

2020年の菊花賞を優勝して3冠馬となったコントレイルも、その「距離の壁」が大きな課題となる馬でした。

中間の調整過程や、鞍上・福永祐一騎手のレース運びも、距離を克服することを意識したものであったことは、2着馬アリストテレスとはクビ差の辛勝であった点からも明らかでした。

歴代の3冠馬の中でも、コントレイルほど陣営が距離を克服すべく頭を悩ませた雰囲気を感じさせる馬は他にいなかったのではないでしょうか。

2:菊花賞の歴代勝利騎手

続いて、歴代の菊花賞優勝騎手についても振り返りましょう。

名手の存在なしに、長丁場を乗り切るのは不可能と言っていいでしょう。

歴代勝利騎手①:武豊

まずは、日本競馬における第一人者である武豊騎手に触れなければなりません。

スーパークリーク(1988年)、ダンスインザダーク(1996年)、エアシャカール(2000年)、ディープインパクト(2005年)、ワールドプレミア(2019年)と、菊花賞では5勝を挙げています。

武豊騎手は1987年のデビューですので、スーパークリークで翌1988年の菊花賞を優勝した時は、まだデビュー2年目でした。

そして、このスーパークリークでの菊花賞勝利が、初めてのG1勝利だったのです。

数多くのG1勝利がある武豊騎手ですが、菊花賞は初めて勝利したG1レースです。

全ての伝説は菊花賞から始まった、と言っても過言ではありません。

歴代勝利騎手②:四位洋文騎手

2007年にアサクサキングスで菊花賞を勝っています。

この勝利で四位洋文騎手(現調教師)は、ある珍しい記録を達成しています。

この年、四位洋文は日本ダービーも勝利し、ダービージョッキーの称号も手にしていますが、ダービーで騎乗していたのはアサクサキングスではありません。

牝馬でダービー馬となったウオッカの手綱を取っていたのが、四位洋文騎手だったのです。

ウオッカは牝馬ですので、3,000m戦の菊花賞は最初から選択肢にありませんでした。

そのダービーで2着だったアサクサキングスの手綱が四位洋文に回ってきて、菊花賞の勝利に繋がったのですが、同じ年の日本ダービーと菊花賞を同じ騎手がそれぞれ別の馬で勝利する、というのは、レアケースと言っていいでしょう。

現在は騎手を引退し、調教師に転身していますが、調教師としても日本ダービーを、そして菊花賞を勝利する瞬間を期待する競馬ファンは少なくありません。

3:菊花賞 歴代のレース傾向

2000年を過ぎた辺りから、菊花賞は波乱の決着となるケースが増えました。

前述したヒシミラクルが勝利した2002年などは、その象徴とも言えるレースです。

しかし、近10年では1番人気馬が5勝を挙げており、極端な波乱は期待できなくなりました。

但し、その近10年での1番人気馬の戦績は「5・0・2・3」です。

1番人気で2着に入った馬は1頭も出ていないのです。

そして2番人気馬は「0・2・0・8」で勝ち馬が出ていません。

1番人気馬がどの程度信頼できるのか、どうか、が大きなポイントと考えていいでしょう。

2022年は皐月賞馬とダービー馬の参戦がありませんので、1番人気馬をどう評価するのかが、馬券戦術上は大きなポイントとなりそうです。

夏場に力をつけた馬の参戦もありそうですので、春に皐月賞や日本ダービーを使った馬との実力比較も、馬券的中の鍵となると思われます。

今すぐ無料予想が見られる!おすすめ競馬予想サイト3選

「競馬で稼いでみたい」
「今週開催の無料予想が見たい」
「当たる予想サイトが知りたい」

とお考えではないですか?

絶対にサイト選びで後悔させません。

200以上に渡る競馬予想サイトの情報を徹底的に集計、解析し、よく当たる競馬予想サイトランキングを作成しました。その中でも特に優秀な成績を納めた上位3サイトを紹介します。

おすすめ①ドンピシャ

競馬予想サイト ドンピシャ

    おすすめポイント
  • 元騎手・山浦氏監修の競馬予想サイト!
  • とにかく稼ぐならこのサイト一択!
  • ウマダネ読者の中でも、無料情報でも稼げると大好評のサイトです。

さらに検証では、有料予想2レースで50万以上の利益を獲得することが出来ました。

競馬予想サイトを利用したことの有る無しに関わらず、一度は試す価値のあるサイトです!

検証時の的中実績

2024年03月03日

中山3R3連単16点

競馬の首領 -ドン-

598,110円

2024年03月02日

阪神4R3連単6点

ネオ・ネットワーク

651,840円

2024年03月03日

中山10R3連単6点

ネオ・ネットワーク

243,760円

初回料金15,000円
初回平均獲得額33万円
平均回収率2288%
平均的中率92.0%

【ドンピシャの予想を見に行く】 【検証を見る】

おすすめ②えーあい

    おすすめポイント
  • 今話題のAI予想でNo.1の実力!
  • 驚異的な的中率!半年間で勝率92%
  • 負けない競馬が楽しめる!

驚異的な的中率を誇るえーあい!その秘密は最新の超精度AI予想。

常に最新の情報を最新技術でアップデート・解析するため、未来予知のような的中力を誇ります。

無料予想ではコツコツ稼げ、有料予想では平均配当30万円以上と高い的中率を維持したまま高額配当を狙えるバランスの良さが魅力の、安定感抜群です!

話題のAIを使いたい人は迷わず登録すべきサイトです!

最新の的中実績

2024年03月03日

阪神9R3連複10点

ウィニングプラットフォーム

202,400円

2024年03月02日

阪神11R3連単48点

【中央】静寂

3,386,580円

2024年03月03日

小倉10R3連単48点

【中央】静寂

3,447,060円

初回料金25,000円
初回平均獲得額55万円
平均回収率1920%
平均的中率96.0%

【えーあいの予想を見に行く】 【検証を見る】

おすすめ③トクスル

競馬予想サイトトクスルのログイン前画面

    おすすめポイント
  • 高い的中・回収率!
  • 無料予想の回収率590%越え!
  • 有料予想は回収率4700%越え

トクスルの大きな特徴は、情報戦にとにかく強いことです。

無料情報でも十分に稼ぐことができると、口コミでも大好評な競馬予想サイト。

検証では2レース参加し、両方的中。118,900円を獲得することに成功しました。

無料で資金を稼ぎ、有料予想でガッツリ稼ぐ!そんな立ち回りがおすすめです!

最新の的中実績

2024年03月03日

中山6R3連単24点

利益特化企画

313,240円

2024年03月03日

中山7R3連単12点

的中特化企画

246,000円

2024年03月03日

小倉12R3連単24点

【中央】指数「超」解析

1,591,520円

初回料金14,800円
初回平均獲得額30万円
平均回収率2170%
平均的中率89.0%

【トクスルの無料予想を見に行く】【検証を見る】

馬券予想
ウマダネ|2024年よく当たる競馬予想がわかる!競馬の買い方から勝つ方法まで!!