毎日王冠2019年過去から見る3つのレース傾向とウマダネ独自の予想

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

「毎日王冠」が2019年10月6日に開催されます。
毎日王冠は天皇賞(秋)の前哨戦となっていて、秋のビッグレースを目指す馬たちが集結します。
1800mという距離で行われるのでマイルチャンピオンシップへと向かう馬も出走し、好メンバーの揃うレースとして注目です。
今回は、2019年毎日王冠の特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と穴馬予想を紹介します。
ぜひ予想の参考にしてください。

1:毎日王冠

毎日王冠は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。
1950年に創設され創設当初は勝ち抜き制が採用されていたため、一度勝利した馬は出走することができませんでした。
1955年に勝ち抜き制が廃止され、その後は一度勝利した馬も出走可能となっています。
天皇賞(秋)の前哨戦に位置付けられていて、1着馬には天皇賞(秋)への優先出走権が与えられます。
秋のG1レースへと向かう馬が休み明け初戦として選ぶことが多く、ハイレベルなレースとして目が離せません。
天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップなどのG1レースを占う意味でも重要な一戦で、毎日王冠で好走した馬は今後のG1戦線においても注目です。

1-1:レース条件と賞金

出走資格 負担重量 賞金
サラ系3歳以上 別定 1着6700万円
JRA所属馬(外国産馬含む、未出走馬と未勝利馬は除く) 3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 2着2700万円
地方競馬所属馬 3着1700万円
外国調教馬(9頭まで、優先出走) 4着1000万円
5着670万円

1-2:特別登録馬と予想オッズ

2019年毎日王冠の特別登録馬と10月1日現在の予想オッズを紹介します。

予想オッズの1番人気は、「ダノンキングリー」でオッズは1.9倍です。
「ダノンキングリー」は3歳馬で、春のクラシック路線でも皐月賞3着、日本ダービー2着と活躍しました。
現3歳世代のトップクラスの実力を持っているので、古馬相手にどこまで通用するか注目されています。
過去には、毎日王冠と同じ1800mという距離で行われる共同通信杯を勝利しています。
日本ダービーからの距離短縮となりますが、全く問題は無いでしょう。
キャリアは5戦と少ないですが、4着以下になったことがない安定感も魅力です。
3歳世代を代表する一頭として、どのような走りを見せてくれるか注目です。
予想オッズの2番人気は、「アエロリット」でオッズは3.1倍です。
「アエロリット」はNHKマイルCの勝ち馬で、牝馬ながら牡馬相手に引けを取らない成績を残しています。
前走の安田記念でも2着と好走し、G1馬として5歳になった今年も活躍を続けています。
今年の毎日王冠は少頭数で行われるので、「アエロリット」の逃げには要注意です。
楽に逃げることができれば、そのまま1着でゴール板を駆け抜けでもおかしくありません。
展開を予想して前残りになる可能性が高い場合には、「アエロリット」を軸馬にしたいところです。
予想オッズの3番人気は、「インディチャンプ」でオッズは3.8倍です。
「インディチャンプ」は前走の安田記念で勝利し、G1ホースの仲間入りを果たしました。
「アーモンドアイ」や「ダノンプレミアム」という注目の2頭を楽しての勝利だったので、かなりの実力馬だということがわかります。
持ち味のスピードは毎日王冠の舞台でも活きてくるので、「インディチャンプ」にとって力を発揮できる条件でしょう。
3歳馬「ダノンキングリー」相手に、古馬としてどのように立ちふさがるのか注目のレースです。

2:過去10年のデータとレース傾向

昨年の毎日王冠は1番人気「アエロリット」が勝利し、三連単は10170円という配当になりました。

天皇賞(秋)の前哨戦である毎日王冠では、以下の3点のレース傾向が見られます。

・若い馬が好走
・単勝オッズ3.9倍以下の馬が好成績
・前走1800mの馬が上位に来やすい

それでは、3つのレース傾向を過去10年のデータを基に紹介します。

2-1:若い馬が好走

毎日王冠は3歳から出走できるレースですが、若い馬が好走をしているという傾向が見られます。
3歳の実力馬が初めて古馬と対戦するというケースも珍しくありませんが、過去10年で3歳馬は連対率、3着内率共に35.3%と高い数字を残しています。
そのため、3歳馬が古馬よりも不利だという考え方は危険です。
さらに、古馬の中でも4歳馬は好成績は残していて、過去10年の成績は連対率20.7%、3着内率34.5%となっています。
毎日王冠では3歳馬、4歳馬を積極的に狙ってみてください。

2-2:単勝オッズ3.9倍以下の馬が好成績

毎日王冠では、単勝オッズにも注目です。
過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、単勝オッズ3.9倍以下の馬が勝率44.4%、連対率55.6%と好成績を残しています。
高確率で馬券に絡んでいることから、単勝オッズ3.9倍以下の馬は無視できません。
また、単勝オッズ10.0倍~19.9倍の馬も3着内率が33.3%と高く、穴馬として積極的に狙いたいところです。
毎日王冠の予想をする際には、単勝オッズにも注目してみてください。

2-3:前走1800mの馬が上位に来やすい

毎日王冠は1800mという距離で行われますが、前走で同じ1800mを走っている馬が好走しています。
過去10年の前走距離別成績を調べると、前走の距離が1800mの馬は連対率19.0%、3着内率38.1%と好走しています。
また、前走で1600mを走っている馬の成績が良い点にも注目です。
1800mという距離はスピードが求められる距離なので、マイル戦からの距離延長でも好成績に繋がっています。
毎日王冠では前走の距離が1600~1800mだった馬に着目してください。

3:ウマダネ独自の穴馬予想

毎年好メンバーが揃う毎日王冠では、穴馬の活躍からも目が離せません。
そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。
今年の毎日王冠で穴馬として注目なのが、「ギベオン」です。

「ギベオン」は、予想オッズでは27.7倍の6番人気となっています。
「ギベオン」はG1レースを勝ったことがありませんが、3歳時にNHKマイルCでクビ差の2着と好走歴があります。
実力はG1級なので、ハイレベルな毎日王冠でも、目が離せない存在です。
過去3走では勝ち星がありませんが、前走の鳴尾記念でも1着馬とのタイム差は0.3秒差で大きく負けていません。
マイル戦での成績が良いので、2000mからの距離短縮も歓迎です。
本来の力が発揮できれば、馬券に絡んでもおかしくはないでしょう。
近走での走りが今一つなので、オッズの旨味も期待できます。
「ギベオン」を馬券に絡めて、万馬券的中を目指してください。

それでは、毎日王冠でのウマダネ独自の狙い目予想を紹介します。
3連単なら「ダノンキングリー→インディチャンプ→ギベオン」。
ワイドなら「ダノンキングリーーギベオン」「インディチャンプ―ギベオン」。
馬単なら「ダノンキングリー→ギベオン」「インディチャンプ→ギベオン」。

「ダノンキングリー」はクラシック路線でも活躍してきた馬なので、古馬相手でも十分通用する力を持っています。
「インディチャンプ」は安田記念で「アーモンドアイ」に勝利しているので、毎日王冠でも実力は上位です。
ウマダネ独自の穴馬である「ギベオン」と組み合わせて、高配当的中を狙ってみてください。

まとめ

2019年毎日王冠の特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。
過去10年のデータを基にした予想ポイントは以下の3点です。

・若い馬が好走
・単勝オッズ3.9倍以下の馬が好成績
・前走1800mの馬が上位に来やすい

毎日王冠は3歳から出走できるレースで、古馬との対決が注目のレースでもあります。
過去10年のデータを調べると、3歳馬や4歳馬などの若い馬が好走する傾向にあります。
3歳馬が古馬との初対戦をするケースでも好走することがあるので、若い馬を中心に馬券を買いたいところです。
また、単勝オッズに注目すると、単勝オッズ3.9倍以下の馬が好成績を残しています。
過去10年の単勝オッズ別成績を3.9倍以下の馬が、勝率44.4%、連対率55.6%と高確率で馬券で絡んでいます。
高配当を狙う穴党之方でも、単勝オッズ3.9倍以下の馬は素直に馬券に絡めた方が良さそうです。
そして、毎日王冠は1800mという条件で行われますが、前走で同じ1800mという距離を走ってきた馬が上位に来やすい傾向があります。
また、1600mからの距離延長組も好成績を残していて、1800mではスピードが求められることがわかるでしょう。
これらの過去10年のデータを基にしたレース傾向を参考にして、毎日王冠でも馬券を的中させてくださいね。

当記事が2019毎日王冠予想の参考になれば幸いです。

コメントを残す

*

すごい競馬