【桜花賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

桜花賞 ウマダネ 馬券予想

桜花賞は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。

中央競馬の牝馬三冠の第一関門であり、5着までの馬にはオークスへの優先出走権が与えられます。

男性
ウマダネ
編集長

2020年の勝ち馬デアリングタクトは、史上初となる無敗での牝馬三冠を達成しました!

今回は2023年桜花賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「桜花賞」予想に使えるコースの特徴

桜花賞(G1)
競馬場 阪神競馬場 コース 芝 1600m
性齢 3歳牝馬 負担重量 定量

桜花賞は、阪神競馬場の芝1600mで施行され、外回りコースが使用されます。

向正面からのスタートとなり、444m走って3コーナーへ突入し、4コーナー途中から直線半ばまで下っていくレイアウトです。

改修前はパワーを要求されることが多かったコースですが、改修後は直線でスピードに乗るための瞬発力が重要になっています。

最後の直線の距離は476.3m(Bコース使用時)と長く、上がり勝負のレース傾向が見られ、ラスト3ハロンで切れる末脚を発揮できる馬が有利です。

ただし、芝の馬場状態が良ければ、内ラチ沿いをロスなく回った逃げ・先行馬が好走することもあるので、馬場状態が良好なときはインを回る能力や先行力も重視してください。

「桜花賞」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 8 スターズオンアース 牝3 川田 7 14.5
2 3 6 ウォーターナビレラ 牝3 武豊 3 6.2
3 1 1 ナムラクレア 牝3 浜中 6 14.5
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 2 4 ソダシ 牝3 吉田隼 2 3.6
2 8 18 サトノレイナス 牝3 ルメール 1 3.3
3 1 2 ファインルージュ 牝3 福永 8 15.3
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 9 デアリングタクト 牝3 松山 2 4.2
2 8 17 レシステンシア 牝3 武豊 1 3.7
3 2 3 スマイルカナ 牝3 柴田大 9 35.5

2022年の桜花賞では1番人気ナミュール、2番人気サークルオブライフに注目が集まりましたが、どちらも馬券圏外となってしまいました。

混戦模様となったレースを制したのは7番人気スターズオンアースで、予想が難しい桜花賞となりました。

また、2021年と2020年はどちらも2番人気が勝利。2着には1番人気が入って、堅い決着と言えます。

2022年こそ混戦模様と一戦となったことで荒れた結果となりましたが、近年の傾向から考えると人気馬が好走しやすいレースでもあります。

さらに、最近ではソダシが阪神JFから桜花賞へと直行し1着となるなど、レース間隔が空いている馬の好走も見られるので、前哨戦を走っていない馬の活躍にも注目です。

要チェック✓
●2022年は1番人気・2番人気が共に馬券圏外
●2021年と2020年は2番人気が勝利

「桜花賞」過去10年のデータとレース傾向

桜花賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、桜花賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「桜花賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3- 4- 2-27/36 8.3% 19.4% 25.0%
ダイワメジャー 1- 2- 1-10/14 7.1% 21.4% 28.6%
キングカメハメハ 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
クロフネ 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
エピファネイア 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ロードカナロア 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
ヴィクトワールピサ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
ステイゴールド 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%

過去10年の桜花賞での種牡馬別成績を調べると、過去10年の勝ち馬のうち3頭がディープインパクト産駒となっていました。

ディープインパクト産駒は過去10年で36頭が出走し、複勝率25.0%と好成績を残しています。

桜花賞が行われる阪神芝1600mは末脚を活かせる舞台なので、ディープインパクト産駒にとっては得意条件です。

また、ダイワメジャー産駒も過去10年で4頭が馬券に絡んでいます。

ダイワメジャー産駒は仕上がりの早いことが好成績に繋がっていると考えられるので、3歳春のG1の桜花賞ではダイワメジャー産駒にも注目です。

男性
ウマダネ
編集長

瞬発力勝負となりやすい阪神芝マイルでは、ディープインパクト産駒が中心になります!

傾向②:【枠順】から見る「桜花賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 1- 3-15/19 0.0% 5.3% 21.1%
2枠 1- 0- 2-16/19 5.3% 5.3% 15.8%
3枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
4枠 3- 1- 0-16/20 15.0% 20.0% 20.0%
5枠 2- 0- 4-14/20 10.0% 10.0% 30.0%
6枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
7枠 2- 1- 1-26/30 6.7% 10.0% 13.3%
8枠 1- 3- 0-26/30 3.3% 13.3% 13.3%

桜花賞の過去10年の枠番別成績を調べると、枠順による大きな成績の偏りは見られませんでした。

内枠の1枠は連対率5.3%と低くなっていますが、複勝率は21.1%と成績は悪くありません。

大外の8枠も連対率13.3%とまずまずの成績を残していて、内枠と外枠とでは成績に大きな差はありませんでした。

桜花賞が行われる阪神外回りコースは外差しも決まりやすく、内と外での有利不利は見られないので、枠順に囚われない予想も重要です。

男性
ウマダネ
編集長

内枠でも外枠でも、実力を発揮しやすいコースです!

傾向③:【人気】から見る「桜花賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 3- 1- 5/ 10 10.0% 40.0% 50.0%
2番人気 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0% 70.0%
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
7~9人気 3- 2- 3- 22/ 30 10.0% 16.7% 26.7%
10~12人気 0- 0- 0- 30/ 30 0.0% 0.0% 0.0%
13~15人気 0- 0- 1- 29/ 30 0.0% 0.0% 3.3%
16~18人気 0- 0- 0- 28/ 28 0.0% 0.0% 0.0%

桜花賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、2番人気が連対率70.0%・複勝率70.0%と好成績を残していました。

1番人気の連対率40.0%・複勝率50.0と人気の割にそこまで良い成績ではないので、桜花賞では1番人気よりも2番人気に注目です。

また、注目すべきは7~9番人気が連対率16.7%・複勝率26.7%と好成績を残している点です。

桜花賞は春に行われる3歳牝馬G1で、混戦模様になることも珍しくありません。

伏兵馬が上位に絡むことも多いので、7~9番人気の馬を狙って高配当を目指したいところです。

男性
ウマダネ
編集長

桜花賞では人気薄の7~9番人気の好走率が高いです!

傾向④:【馬体重】から見る「桜花賞」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
400~419kg 0- 1- 1- 15/ 17 0.0% 5.9% 11.8%
420~439kg 0- 3- 3- 32/ 38 0.0% 7.9% 15.8%
440~459kg 0- 1- 1- 45/ 47 0.0% 2.1% 4.3%
460~479kg 8- 2- 3- 39/ 52 15.4% 19.2% 25.0%
480~499kg 2- 3- 2- 11/ 18 11.1% 27.8% 38.9%
500~519kg 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
520~539kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の桜花賞における馬体重別成績を調べると、馬体重480~499kgの馬が連対率27.8%・複勝率38.9%と好成績を残していました。

阪神競馬場には最後の直線に坂が待ち構えていてパワーも要求されるので、馬格のある馬を積極的に狙いたいところですが、馬体重が500kg以上の馬については過去10年で一度も馬券に絡んでいません。

そのため、馬体重が500kgを超える馬については、割り引きが必要です。

また、馬体重459kg以下になると成績は一気に落ちていることがわかります。

桜花賞では、少なくとも馬体重460kg以上の馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

桜花賞では馬体重480~499kgに該当する馬の評価を上げるようにしましょう!

傾向⑤:【脚質】から見る「桜花賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
先行 3- 3- 1- 31/ 38 7.9% 15.8% 18.4%
差し 3- 3- 7- 66/ 79 3.8% 7.6% 16.5%
追い込み 3- 4- 1- 43/ 51 5.9% 13.7% 15.7%

過去10年の桜花賞の脚質別成績を調べると、どの脚質の馬にもチャンスがある結果となっていました。

複勝率を見るとどの脚質にもほとんど差はなく、15.0~20.0%の範囲内に収まっています。

基本的には後方にいる追い込み馬は連対率・複勝率が低くなることが多いのですが、阪神芝1600mはそれが見られません。

そのため、阪神芝1600mは他のコースよりも、差し・追い込みが活躍しやすいと言えるので、最後の直線で長く良い脚を使える馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

後方からの追い込みもよく決まっています!
どの脚質でもチャンスはあり、人気馬が実力を出しやすいコースです!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想会社