有馬記念で有終の美を飾った名馬たち4選!感動のラストランを徹底解説

有終の美を飾った名馬 競馬情報
[banner file=’ad-banner13′]

中央競馬の一年を締めくくる大レースの有馬記念。

有馬記念を最終目標にする馬も多く、スターホースが有馬記念を区切りとし、競走馬生活にピリオドを打つことも珍しくありません。

これまでもたくさんの名馬が有馬記念を引退レースに選んできましたが、最後の有馬記念で劇的な勝利をするなど、数々のドラマが生まれてきました。

そこで、今回は有馬記念で有終の美を飾った伝説の名馬たちを紹介します。

▼本当に稼げる競馬予想サイト5選【日本ダービー予想公開中】

1位 トッカ
トッカ

【最新的中】

5/19 東京2R

3連単/30点

1,506,180円獲得!

2位 ドンピシャ
ドンピシャ

【最新的中】

5/19 新潟9R

3連単/48点

913,650円獲得!

3位 えーあい
えーあい

【最新的中】

5/19 新潟11R

3連単/10点

1,624,500円獲得!

4位 万馬券RUSH
万馬券RUSH

【最新的中】

5/19 新潟8R

3連単/36点

913,650円獲得!

5位 おもいで競馬
おもいで競馬

【最新的中】

5/19 京都5R

3連単/12点

820,960円獲得!

鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

【この記事の監修者】
鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

山口県出身、1969年デイリースポーツ入社。入社後、岡部幸雄から始まり、蛯名正義、横山典弘などの騎手たちとの信頼関係を築く。その後、専門誌・馬三郎にて本紙予想担当。50年越えの競馬記者人生を通して、予想界の大御所と言われている。
Wikipedia

1:有馬記念で有終の美を飾った名馬:感動のドラマ編

まずは、有馬記念で有終の美を飾った馬の中で、ドラマチックな勝利を収めた名馬たちを紹介します。

1-1:オグリキャップ

最初に紹介する有馬記念で有終の美を飾った名馬は、「オグリキャップ」です。

「オグリキャップ」は、武豊騎手と共に第二次競馬ブーム期の立役者として知られています。

スーパークリーク、イナリワンと一緒に「平成三強」と呼ばれ、数々の名勝負を生み出しました。

そんな「オグリキャップ」の伝説のレースとして語り継がれているのが、ラストランとなった有馬記念です。

1990年に6歳となった「オグリキャップ」は、天皇賞(秋)で6着、ジャパンカップで11着と敗れ、「輝きを失ったヒーロー」、「落ちた偶像」など言われるようになってしまいました。

オグリキャップ限界説が唱えられる中で、ラストランとして出走した有馬記念。そこで、奇跡が起きます。

ファン投票では1位だったものの、単勝人気は4番人気であった「オグリキャップ」は、武豊騎手を背に1着でゴール板を駆け抜けました。

この有馬記念でのラストランは「奇跡の復活」「感動のラストラン」と呼ばれ、レース後のウイニングランでは中山競馬場にいた観衆から「オグリコール」が巻き起こりました。

誰もが「オグリは終わった」と思っていた中での奇跡の復活。

こういったドラマが起こるのが有馬記念の、そして競馬の大きな魅力と言えます。

1-2:トウカイテイオー

ドラマチックな有馬記念と言えば、この馬も忘れてはいけません。

その馬は、「帝王」こと「トウカイテイオー」です。

「トウカイテイオー」は七冠馬シンボリルドルフの初年度産駒の一頭であり、デビューから無敗で皐月賞、日本ダービーを制しクラシック二冠を達成しました。

クラシック三冠も確実視されていましたが、ダービー後に左後脚の骨折が判明。

菊花賞への出走は絶望的となり、クラシック三冠を逃してしまいます。

骨折が完治した「トウカイテイオー」は、休養明けに大阪杯を完勝。

次走の天皇賞(春)ではメジロマックイーンと対戦し、この対決は「世紀の対決」として大きな話題を呼びました。

しかし、長距離を克服できずに5着と敗れると、今度は右前脚の剥離骨折が判明してしまいます。

またもや長期休養を余儀なくされる「トウカイテイオー」ですが、同年の秋にはジャパンカップを制し復活を遂げました。

ところが、次走の有馬記念では11着と大敗すると、翌年には3度目の骨折が判明しました。

そして、復帰戦として選ばれたのが364日ぶりのレースとなる有馬記念。

およそ1年ぶりのレースが大一番の有馬記念ということもあり、「トウカイテイオー」が本気で勝つと思っているファンはほとんどいませんでした。

レースが始まると中盤までは後方にいた「トウカイテイオー」が、最終コーナーで徐々にポジションを上げていきます。

最後の直線に入ると先頭のビワハヤヒデを交わし、まさかの1着。

フジテレビで実況中継を務めた堺正幸氏は、「トウカイテイオー、奇跡の復活!」と叫びました。

これは中364日でのG1勝利となり、長期休養明けG1勝利の最長記録として現在まで破られていません。

「トウカイテイオー」は翌年も現役を続行しましたが、4度目の骨折により引退。

結局、この奇跡の復活劇の有馬記念がラストランとなってしまいましたが、幾度もの骨折から復活の勝利を挙げた「奇跡の名馬」として、今も多くの競馬ファンから愛されています。

2:有馬記念で有終の美を飾った名馬:衝撃の圧勝編

次は、有馬記念で有終の美を飾った馬の中で、衝撃的な圧勝でラストランを終えた名馬たちを紹介します。

2-1:ディープインパクト

有馬記念をラストランに選ぶ名馬たちも多い中で、衝撃的な圧勝劇を見せてくれる馬もいます。

「ディープインパクト」もその中の一頭であり、ラストランの有馬記念では他馬を全く寄せ付けませんでした。

「ディープインパクト」は、シンボリルドルフ以来日本競馬史上2頭目となる無敗でのクラシック三冠を達成した馬で、圧倒的な強さから日本国内だけでなく、海外のホースマンからも注目を集めました。

4歳時に海外G1の凱旋門賞に出走するものの、3位入線後にフランス競馬における禁止薬物イプラトロピウムが検出されたこと発表され失格。

この件について池江調教師は、「ディープインパクト」に咳の症状が出ていたため、フランス人獣医師の処方によりイプラトロピウムによる吸入治療を行った際に、薬剤が飛散し寝ワラや干し草に付着して摂取してしまった可能性が高いという弁明書を提出しています。

そんな禁止薬物検出事件にもめげることなく、帰国後のジャパンカップを完勝。

そして、ラストランになることが発表されていた有馬記念でも、2着に3馬身差を付つけて圧勝しました。

鞍上の武豊騎手も「今までにないくらい、強烈な『飛び』だった」と語り、多くの競馬ファンが言葉を失ってしまうほどの強い勝ち方だったのです。

ラストランにも関わらず、他馬を圧倒した「ディープインパクト」は、間違いなく日本が世界に誇れる名馬の一頭です。

2-2:オルフェーヴル

ラストランの有馬記念での衝撃という意味では、オルフェーヴルも他の名馬たちに引けを取りません。

「オルフェーヴル」は2011年に史上7頭目となるクラシック三冠を制し、2012年、2013年には凱旋門賞へ出走して、2年連続で2着になりました。

2014年6月に日本調教馬として初めて「ロンジンワールドベストレースホース」を受賞するなど、日本だけなく世界でも活躍した名馬です。

そんなオルフェーヴルのラストランとなったのが、2013年に行われた第58回有馬記念です。

単勝オッズ1.6倍の1番人気に支持された「オルフェーヴル」は、3コーナーから徐々にポジションを上げていくと、最終コーナーで早くも先頭に立ちます。

最後の直線に入っても、後方との差は広がる一方で、2着に8馬身差をつけて圧勝しました。

これで引退してしまうのがもったいないと感じてしまうほど、完璧なレース内容だったのです。

現在は種牡馬として活躍しているので、今後は「オルフェーヴル」自身のような大物の登場に期待したいところです。

3:引退レースの有馬記念で負けてしまった名馬たち

数々のドラマが生まれてきた有馬記念ですが、ラストランで負けてしまった名馬たちもいます。

最後に、引退レースの有馬記念で、惜しくも負けてしまった名馬たちを紹介します。

3-1:テイエムオペラオー

まず、紹介するのは「世紀末覇王」の異名を持つ「テイエムオペラオー」です。

「テイエムオペラオー」はG1を7勝し、長らく獲得賞金の世界記録を保持していました。

そんな「テイエムオペラオー」も引退レースとして有馬記念を選びましたが、最後は5着と敗れています。

勝ったのは、当時3歳だった「マンハッタンカフェ」。

ラストランの有馬記念は、残念ながら世代交代を感じさせる一戦となりました。

有馬記念での5着は、「テイエムオペラオー」にとって過去最低の着順です。

他馬を圧倒していた名馬たちも、年齢には勝てません。

このようにラストランの有馬記念で負けてしまった名馬たちもいることを知ると、有馬記念で有終の美を飾ることがいかに難しいかがわかります。

3-2:ブエナビスタ

次は、牝馬ながら有馬記念を引退レースに選んだ「ブエナビスタ」です。

「ブエナビスタ」はG1・6勝を挙げ、総獲得賞金14億7886万9700円を稼いだ名牝です。

2008年から2011年にかけては、4年連続でJRA賞最優秀牝馬に選ばれています。

そんな「ブエナビスタ」が引退レースに選んだのは、2011年に行われた第56回有馬記念です。

このレースには9頭のG1ホースが集まり、出走メンバーが全て重賞勝ち馬というハイレベルな一戦となりました。

「ブエナビスタ」は単勝2番人気に支持されたものの、7着に敗れ日本でのレースで初めて掲示板を外しました。

このハイレベルな有馬記念を制したのはクラシック三冠馬オルフェーヴル。

「ブエナビスタ」は最終レース終了後に引退式が行われ、大観衆の前でジャパンカップを勝ったときのゼッケン姿を披露しました。

今年は同じく牝馬の「クロノジェネシス」が、有馬記念を引退レースに選んでいます。

史上初のグランプリ4連覇を達成するのか、はたまた世代交代の波に呑まれてしまうのか、今年も目が離せない有馬記念となっています。

[banner file=’ad-banner13′]

無料で登録!無料で稼げる!おすすめ競馬予想サイト3選

「競馬で簡単に稼げないかな...」

「どこの競馬予想サイトが本当に当たるのかわからないし...」

そんな方におすすめしたい無料で使える競馬予想サイトを3つ紹介

絶対にサイト選びで後悔させません。

200サイト以上の競馬予想サイトの情報を徹底的に集計、解析し、まとめ(約半年かかりました・・・)、よく当たる競馬予想サイトランキングを作成しました。

ここではその中でも特に優秀な成績を納めた上位3サイトを紹介。

どのサイトも登録して損のない優秀なサイトなので是非活用してください。

おすすめ①トッカ

競馬予想サイト トッカ


【おすすめポイント】
  • 成果にこだわる競馬予想サイト!
  • 無料情報の回収率は227%!
  • ウマダネ読者の中でも、無料情報でも稼げると大好評のサイトです。
  • トッカは各競馬場に解析班を配置し、地方・中央共に徹底した利益重視の予想を無料提供中。

    検証では、無料情報3レース全的中!有料情報は回収率1092%を記録することが出来ました。

    競馬予想サイトを利用した事が無い人、既に利用している人、どちらも一度は試した方が良い、ウマダネが自信をもってオススメするサイトです!

    検証時の的中実績

    2024年05月19日

    京都11R3連単12点

    二賢人の英知

    426,080円

    2024年05月19日

    東京8R3連単6点

    二賢人の英知

    385,280円

    2024年05月19日

    東京2R3連単30点

    GIGANT -ギガント-

    1,506,180円

    初回料金 15,000円
    初回平均獲得額 33万円
    平均回収率 2175%
    平均的中率 92.0%

    おすすめ②ドンピシャ

    競馬予想サイト ドンピシャ


    【おすすめポイント】
  • 元騎手・山浦氏監修の競馬予想サイト!
  • 信頼できる競馬予想サイトを探してるならここ一択!
  • 無料特典プレゼントというメリットも。
  • ドンピシャは競馬業界42年の情報網により、精度の高い予想を提供中。

    実際に検証では、有料予想2レースで50万以上の利益を獲得することが出来ました。

    信頼できる人が運営しているサイトを使いたい人におすすめの競馬予想サイトです!


    検証時の的中実績

    2024年05月19日

    新潟9R3連単48点

    一筋の軌跡

    913,650円

    2024年05月19日

    新潟8R3連単24点

    三現主義

    1,827,300円

    2024年05月19日

    新潟8R3連単48点

    ウワサの穴馬

    913,650円

    初回料金 15,000円
    初回平均獲得額 30万円
    平均回収率 1928%
    平均的中率 91.0%

    おすすめ③えーあい

    【おすすめポイント】
  • 今話題のAI予想でNo.1の実力!
  • 驚異的な的中率!半年間で勝率92%
  • 負けない競馬が楽しめる!
  • 驚異的な的中率を誇るえーあい!その秘密は最新の超精度AI予想。

    常に最新の情報を最新技術でアップデート・解析するため未来予知のような的中力を誇っています。 「AIって本当に当たるの?」 そう考える方もいると思います。 ですが、将棋、チェスといった世界ではトッププロがAIに勝てず、AIから学ぶ時代に突入しているんです!

    「競馬AI予想サイトえーあい」の無料予想の券種は複勝なので1レースで大金を稼ぐことは難しいですが、コツコツ稼げる安定感抜群のサイト!

    有料予想では平均配当30万円以上と高い的中率を維持したまま高額配当を狙えるバランスの良さが魅力

    話題のAIを使いたい人は迷わず登録すべきサイトです!

    最新の的中実績

    2024年05月19日

    京都12R3連単

    【中央】カテゴリーZERO

    649,080円

    2024年05月19日

    新潟11R 3連単

    【中央】ウィニングプラットフォーム

    251,500円

    2024年05月19日

    盛岡8R3連単

    【地方】一心同体

    527,040円

    初回料金 25,000円
    初回平均獲得額 55万円
    平均回収率 1920%
    平均的中率 96.0%
    競馬情報
    ウマダネ
    本物の信頼できる競馬予想サイト