【フェブラリーステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

タグアイコン

フェブラリーステークス 予想

フェブラリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。

その年に行われる最初のG1レースであり、春のダート王者を決める重要な一戦です。

男性
ウマダネ
編集長

その年に行われる最初の大一番!ぜひ馬券を的中させたいですね!

今回は2023年フェブラリーステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「フェブラリーステークス」予想に使えるコースの特徴

フェブラリーステークス(G1)
競馬場 東京競馬場 コース ダート 1600m
性齢 4歳以上 負担重量 定量

フェブラリーステークスが開催される東京競馬場のダート1600mは、2コーナー奥の芝コースからのスタートとなり、最初のコーナーまで長い直線を走ります。

スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、下り坂も続くためハイペースになりやすいので、最後の直線で前にいた馬が失速してしまうことも珍しくありません。

最後の直線は501.6mとJRAのダートコースの中では最も長く、差し・追い込み馬が活躍しやすいコースです。

小回りのダートコースでの実績は信用できず、東京競馬場での実績が重要になってきます。

道中も常に速い流れが続くのでスプリンタータイプの馬にとってはかなりタフなコースであり、短距離路線で活躍している馬よりも中距離で実績を残している馬を狙いたいところです。

「フェブラリーステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 6 カフェファラオ 牡5 福永 2 5.1
2 8 15 テイエムサウスダン 牡5 岩田康 5 8.9
3 6 11 ソダシ 牝4 吉田隼 4 8.2
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 2 3 カフェファラオ 牡4 ルメール 1 3.3
2 5 10 エアスピネル 牡8 鮫島駿 9 28.0
3 4 7 ワンダーリーデル 牡8 横山典 8 19.3
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 6 12 モズアスコット 牡6 ルメール 1 2.8
2 8 15 ケイティブレイブ 牡7 長岡 16 142.6
3 5 9 サンライズノヴァ 牡6 松山 3 6.8

近年3年のフェブラリーステークスの勝ち馬は、全て2番人気以内となっています。

そのため近年の傾向を考慮して、馬券の頭は2番人気以内の馬から選びたいところです。

ただし、勝ち馬は2番人気以内の人気馬になっていますが、2着以下には人気薄の穴馬が絡む傾向も見られます。

2021年は2着に9番人気エアスピネル、2020年は2着に16番人気ケイティブレイブが入るなど、紐荒れのレース結果になっています。

東京競馬場のダートコースは最後の直線が長いのが特徴であり、
地方競馬場などの小回りコースでの実績が評価されて人気になっている馬は危険です。

東京競馬場との相性を考えて、過小評価されている穴馬を見つけ出してください。

要チェック✓
●過去3年の勝ち馬は全て2番人気以内
●2021年・2021年は紐荒れ

「フェブラリーステークス」過去10年のデータとレース傾向

フェブラリーステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、フェブラリーステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「フェブラリーステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 3- 3- 1-12/19 15.8% 31.6% 36.8%
American Pharoah 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
トワイニング 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
Henny Hughes 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ケイムホーム 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
Frankel 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
キングカメハメハ 0- 2- 2-10/14 0.0% 14.3% 28.6%
Majestic Warrior 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
シニスターミニスター 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%

過去10年のフェブラリーステークスでの種牡馬別成績を調べると、最も多く馬券に絡んでいたのはゴールドアリュール産駒で、連対率は31.6%、複勝率は 36.8%でした。

まさにダートのスペシャリストと言えるほど、ダート路線でたくさんの活躍馬を輩出しているゴールドアリュールの産駒は、フェブラリーステークスでも高確率で上位に食い込んでいるので無視できません。

また、フェブラリーステークスの連覇を果たしたカフェファラオの父American Pharoahは、Mr.Prospector系の種牡馬です。

連対率40.0%・複勝率40.0%と好成績を残しているトワイニングもMr.Prospector系の種牡馬なので、フェブラリーステークスは圧倒的なスピードを武器にダートで実績を残しているMr.Prospector系の種牡馬との相性が良さそうです。

男性
ウマダネ
編集長

ゴールドアリュール産駒は中距離適性も高いので、タフなコースの東京ダートマイル戦では特に注目です!

傾向②:【枠順】から見る「フェブラリーステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0-18/19 5.3% 5.3% 5.3%
2枠 3- 0- 2-14/19 15.8% 15.8% 26.3%
3枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
4枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
5枠 0- 2- 4-14/20 0.0% 10.0% 30.0%
6枠 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%
7枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
8枠 0- 3- 0-17/20 0.0% 15.0% 15.0%

フェブラリーステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、2枠が連対率15.8%・複勝率26.3%と好成績を残していました。

過去10年で最も多くの勝ち馬が出ているのも2枠なので、2枠に入った馬には注目したいところです。

ただし、単純に内枠有利とは言い切れず、1枠については連対率5.3%・複勝率5.3%と苦戦傾向にあります。

これは内側で他の馬に揉まれてしまったり、砂を被ってやる気をなくしたりすることが、苦戦に繋がっていると考えられます。

また、外枠の7枠と8枠については連対率は悪くないので、外枠に入っても問題はありません。

スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、外枠からでも良いポジションを取ることは可能なので、外枠に入っても割り引きをする必要はなさそうです。

男性
ウマダネ
編集長

最も好成績を残しているのは2枠でした!
ただし、1枠は苦戦傾向にあるので単純に内枠の馬を狙うのはやめましょう!

傾向③:【人気】から見る「フェブラリーステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 2- 2- 2/ 10 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
3番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0- 3- 0- 7/ 10 0.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7~9人気 0- 2- 4- 24/ 30 0.0% 6.7% 20.0%
10~12人気 0- 0- 0- 30/ 30 0.0% 0.0% 0.0%
13~15人気 0- 0- 0- 29/ 29 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 1- 1- 0- 7/ 9 11.1% 22.2% 22.2%

フェブラリーステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率60.0%・複勝率80.0%と好成績を残していました。

1番人気は高確率で馬券に絡んでいるので、今年のフェブラリーステークスでも1番人気馬は無視できません。

また、7~9番人気の馬が複勝率20.0%と好成績を残している点にも注目です。

過去10年のデータでは上位人気馬が好走をしていますが、7~9番人気の馬も上位に食い込んでいるので、上位人気を軸にしつつ7~9番人気を馬連や3連単の相手として入れてきたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

1番人気の安定感は素晴らしいです!
ただし、7~9番人気の穴馬にも警戒してください!

傾向④:【馬齢】から見る「フェブラリーステークス」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 1- 1- 19/ 25 16.0% 20.0% 24.0%
5歳 4- 4- 4- 24/ 36 11.1% 22.2% 33.3%
6歳 2- 1- 2- 25/ 30 6.7% 10.0% 16.7%
7歳 0- 2- 1- 36/ 39 0.0% 5.1% 7.7%
8歳 0- 2- 2- 18/ 22 0.0% 9.1% 18.2%

過去10年のフェブラリーステークスにおける年齢別成績を調べると、過去10頭の勝ち馬全てが4~6歳馬となっていました。

その中でも特に好成績を残しているのが5歳馬で、複勝率は33.3%と高い確率で馬券に絡んでいます。

そのため、フェブラリーステークスでは、5歳馬を中心に馬券を買いたいところです。

また、7~8歳馬からは過去10年で一度も勝ち馬が出ていません。

頭で買うのは4~6歳馬にして、7~8歳馬については2~3着で絡めるようにしましょう。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年で4~6歳馬しか勝っていない点は頭に入れておいてください!

傾向⑤:【脚質】から見る「フェブラリーステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
先行 5- 2- 2- 30/ 39 12.8% 17.9% 23.1%
差し 3- 6- 5- 46/ 60 5.0% 15.0% 23.3%
追い込み 1- 1- 3- 44/ 49 2.0% 4.1% 10.2%

過去10年のフェブラリーステークスの脚質別成績を調べると、ダートレースとしては珍しく、差し馬が連対率15.0%、複勝率23.3%と好成績を残していました。

東京競馬場のダートコースの最後の直線は、501.6mとJRAのダートコースの中では最も長く、後方からの追い込みが決まることも多いのが特徴です。

それがフェブラリーステークスの過去10年のレース結果にも表れているので、フェブラリーステークスでは差し馬の活躍に注目です。

また、逃げ馬は過去10年で連対率・複勝率20.0%となっていて、本当に実力がないと逃げ馬にとっては苦戦を強いられるコースと言えます。

そのため、フェブラリーステークスでは先行力よりも、後半で鋭い末脚を発揮できる馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

レース中盤は馬群で脚を溜め、最後の直線で末脚を発揮できる差し馬を狙いましょう!

タグアイコン 馬券予想

タグアイコン

競馬予想会社