【フローラステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

フローラステークス ウマダネ 馬券予想

フローラステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

オークスのトライアルレースに位置付けられていて、中・長距離の適性が問われる一戦となっています。

男性
ウマダネ
編集長

オークスを占う意味でも重要なレースとなっています!

今回は2023年フローラステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「フローラステークス」予想に使えるコースの特徴

フローラステークス(G2)
競馬場 東京競馬場 コース 芝 2000m
性齢 3歳牝馬 負担重量 馬齢

フローラステークスは、東京競馬場芝2000mで行われ、1コーナー奥にあるスタート地点からの発走となります。

2コーナーまでの距離が短いため、外を回らさせる外枠の馬は苦戦傾向にあります。

向正面と最後の直線で2度の坂越えがあり、直線も長いのでパワーやスタミナを求められるタフなコースです。

レース前半を上手く立ち回る器用さ、最後の直線での瞬発力、急坂で失速しないパワーなど競走馬としての総合能力が試されます。

3歳牝馬にとっては過酷な条件でもあり、ラフな条件でも力を発揮できる馬を狙いましょう。

「フローラステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 2 2 エリカヴィータ 牝3 田辺 5 13.6
2 2 3 パーソナルハイ 牝3 吉田豊 4 7.0
3 8 14 シンシアウィッシュ 牝3 Mデム 9 33.1
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 15 クールキャット 牝3 ルメール 5 11.8
2 6 12 スライリー 牝3 石川 14 88.3
3 2 3 ユーバーレーベン 牝3 Mデム 2 3.5
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 2 3 ウインマリリン 牝3 横山武 4 11.4
2 4 7 ホウオウピースフル 牝3 レーン 2 4.8
3 8 16 フアナ 牝3 ヒューイ 5 13.9

近年のフローラステークスでは、混戦・波乱のレースが繰り広げられています。

2022年のフローラステークスは1~3番人気が全て馬券圏外となり、3着には9番人気シンシアウィッシュが入りました。

さらに、2021年のフローラステークスでは、5番人気クールキャットが勝利し、2着に14番人気と大穴のスライリーが入って、3連単は362,070円の高配当となっています。

また、過去3年で1番人気は一度も3着以内に入っていません。

1番人気が苦戦していることからも、フローラステークスが混戦模様になっていることがわかります。

フローラステークスでは中長距離適性が重要になり、データの少ない3歳牝馬では過去のレースだけで適性を見極めるのは難しいので、血統なども重視しながら東京芝2000mへの適性を見極めたいところです。

要チェック✓
●2022年の3連単の配当は258,710円
●過去3年で1番人気は一度も3着以内に入っていない

「フローラステークス」過去10年のデータとレース傾向

フローラステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、フローラステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「フローラステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 2- 2- 2-18/24 8.3% 16.7% 25.0%
キングカメハメハ 2- 0- 1- 6/ 9 22.2% 22.2% 33.3%
スクリーンヒーロー 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
ハービンジャー 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
ヴィクトワールピサ 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
ゼンノロブロイ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ハーツクライ 0- 2- 0-21/23 0.0% 8.7% 8.7%
オルフェーヴル 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0%
ルーラーシップ 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%

過去10年のフローラステークスでの種牡馬別成績を調べると、スクリーンヒーローが2頭の勝ち馬を輩出し、連対率40.0%・複勝率40.0%と好成績を残していました。

スクリーンヒーローは、ゴールドアクターやジェネラーレウーノといった中長距離の重賞級の産駒を輩出しています。

ゴールドアクターもジェネラーレウーノも中山競馬場の重賞レースを勝っていて、スクリーンヒーロー産駒は急坂のあるコースを得意としています。

フローラステークスの舞台となる東京芝2000mも2度の坂越えがあるタフなコースなので、パワーのあるスクリーンヒーロー産駒は積極的に狙いたいところです。

また、ディープインパクト産駒も東京競馬場の長い直線を活かして好走しています。

芝の中長距離戦では特にディープインパクト産駒の活躍が目立つので、フローラステークスではディープインパクト産駒にも注目です。

男性
ウマダネ
編集長

フローラステークスでは、2度の坂越えを苦にしないパワーが求められます!

傾向②:【枠順】から見る「フローラステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
2枠 4- 1- 1-14/20 20.0% 25.0% 30.0%
3枠 1- 2- 2-15/20 5.0% 15.0% 25.0%
4枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
5枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
6枠 1- 2- 0-17/20 5.0% 15.0% 15.0%
7枠 0- 0- 1-24/25 0.0% 0.0% 4.0%
8枠 2- 1- 4-21/28 7.1% 10.7% 25.0%

フローラステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、外枠よりも内枠が好成績を残していることがわかりました。

過去10年の勝ち馬のうち7頭は1~3枠と、内寄りの枠に偏っています。

特に2枠は連対率25.0%・複勝率30.0%と好成績を残しているので、2枠に入った馬の評価を上げたいところです。

反対に苦戦しているのは7枠で、過去10年で3着以内に入ったのは1頭のみとなっていました。

フローラステークスでは外枠よりも、内枠の馬を狙うのが良さそうです。

男性
ウマダネ
編集長

2枠が最も良い成績を残しています!
コースロスなく立ち回れる内寄りの枠を狙いたいところです!

傾向③:【人気】から見る「フローラステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
2番人気 1- 4- 2- 3/ 10 10.0% 50.0% 70.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
5番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7~9人気 0- 0- 3- 27/ 30 0.0% 0.0% 10.0%
10~12人気 1- 1- 0- 28/ 30 3.3% 6.7% 6.7%
13~15人気 0- 2- 2- 26/ 30 0.0% 6.7% 13.3%
16~18人気 0- 0- 0- 22/ 22 0.0% 0.0% 0.0%

フローラステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、2番人気が連対率50.0%・複勝率70.0%と好成績を残していました。

1番人気の成績は連対率30.0%・複勝率30.0%とあまり良くないので、フローラステークスでは1番人気より2番人気の信頼度が高いと言えます。

また、人気薄の13~15番人気も複勝率13.3%と馬券に絡んでいて、穴馬の激走が目立つレースです。

10番人気以下の低評価の穴馬にも警戒し、フローラステークスで激走する馬を見つけ出しましょう。

男性
ウマダネ
編集長

2番人気が高確率で馬券に絡んでいますが、その他はどの馬が上位に入ってもおかしくないデータです!

傾向④:【馬体重】から見る「フローラステークス」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
400~419kg 1- 0- 1- 14/ 16 6.3% 6.3% 12.5%
420~439kg 1- 2- 2- 30/ 35 2.9% 8.6% 14.3%
440~459kg 4- 3- 5- 45/ 57 7.0% 12.3% 21.1%
460~479kg 3- 4- 2- 34/ 43 7.0% 16.3% 20.9%
480~499kg 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0%
500~519kg 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%

過去10年のフローラステークスにおける馬体重別成績を調べると、馬体重440~459kgの馬から4頭の勝ち馬が出ていました。

馬体重440~459kgの馬は比較的小柄な馬体ですが、瞬発力を活かして最後の直線で前を捕えきる展開が多く見られます。

ただし、馬体重439kg以下になると成績は落ちているので、フローラステークスで上位に入るためには少なくとも馬体重440kg以上は欲しいところです。

また、馬体重500~519kgの大型馬も連対率・複勝率共に100.0%と好成績を残しているので、大型の馬にも注目してください。

男性
ウマダネ
編集長

ある程度小柄な牝馬も活躍しているので、馬体重440kg以上であれば評価を上げたいところです!

傾向⑤:【脚質】から見る「フローラステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
先行 3- 5- 3- 25/ 36 8.3% 22.2% 30.6%
差し 5- 4- 6- 60/ 75 6.7% 12.0% 20.0%
追い込み 2- 0- 0- 49/ 51 3.9% 3.9% 3.9%

過去10年のフローラステークスの脚質別成績を調べると、先行馬と差し馬が好成績を残していました。

過去10年の勝ち馬のうち5頭は差し馬であり、直線の長い東京競馬場ではやはり馬群の中団で脚を溜めることが重要になってきます。

瞬発力勝負となることも珍しくないので、前走で良い末脚を見せている馬を積極的に狙いたいところです。

また、先行馬も連対率22.2%・複勝率30.6%と高確率で馬券に絡んでいます。

スローペースとなれば前残りになることもあるので、前半でスタミナを温存した先行馬の活躍にも注目です。

男性
ウマダネ
編集長

最後の直線が長いので逃げ馬はやや苦戦傾向にあります。
上がり勝負に強い差し馬を狙うようにしましょう!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料