【阪神大賞典2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

阪神大賞典 ウマダネ 馬券予想

阪神大賞典は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

天皇賞(春)へ向けた重要な前哨戦であり、過去の勝ち馬には名ステイヤーたちが名を連ねています。

男性
ウマダネ
編集長

2015年にゴールドシップ、2018年にレインボーラインが阪神大賞典と天皇賞(春)を連勝しています!

今回は2023年阪神大賞典 へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「阪神大賞典」予想に使えるコースの特徴

阪神大賞典(G2)
競馬場 阪神競馬場 コース 芝 3000m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

阪神大賞典は、阪神競馬場の芝3000mで施行され、内回りコースが使用されます。

向正面からスタートして、内回りコースを1周半するレイアウトで、3000mを乗り越えるためのスタミナや気性が重要になるコースです。

さらにゴール前の急坂でも失速しないパワーも求められ、同じ3000mでも京都に比べてタフなコースと言えます。

最初のコーナーでペースが落ち着くことも多く、2週目の3コーナーあたりからのペースアップに対応できるかも重要なポイントです。

持久力に長けていて、レース終盤で長く良い脚を使える馬が狙い目です。

「阪神大賞典」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 7 11 ディープボンド 牡5 和田竜 1 1.2
2 5 7 アイアンバローズ 牡5 石橋脩 5 19.5
3 3 3 シルヴァーソニック 牡6 川田 3 14.5
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 6 ディープボンド 牡4 和田竜 3 10.3
2 7 10 ユーキャンスマイル 牡6 藤岡佑 2 8.7
3 4 5 ナムラドノヴァン 牡6 内田博 9 42.2
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 10 ユーキャンスマイル 牡5 岩田康 2 5.9
2 4 4 トーセンカンビーナ 牡4 藤岡康 5 15.4
3 6 6 メイショウテンゲン 牡4 松山 4 10.0

過去3年の阪神大賞典の勝ち馬は、全て3番人気以内の馬となっています。

近年の勝ち馬については荒れる傾向にはないので、馬券の頭は3番人気以内の上位人気馬から選びたいところです。

ただし、2021年には3着に9番人気ナムラドノヴァンが入るなど、人気薄の馬も馬券に絡んでいます。

また、2020年と2021年は両方とも1番人気が馬券圏外となっていて、一概に上位人気馬だけで決まる堅いレースとは言えません。

近年の傾向から上位人気馬を頭にしつつ、9~10番人気の伏兵馬にも警戒する必要がありそうです。

要チェック✓
●過去3年の勝ち馬は全て3番人気以内
●2021年は9番人気が3着

「阪神大賞典」過去10年のデータとレース傾向

阪神大賞典で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、阪神大賞典の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「阪神大賞典」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド 4- 0- 0- 3/ 7 57.1% 57.1% 57.1%
キズナ 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
ハーツクライ 1- 4- 0-13/18 5.6% 27.8% 27.8%
ディープインパクト 1- 2- 2- 6/11 9.1% 27.3% 45.5%
キングカメハメハ 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
オルフェーヴル 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
ゼンノロブロイ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
ネオユニヴァース 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
アドマイヤドン 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%

過去10年の阪神大賞典での種牡馬別成績を調べると、ステイゴールド産駒が連対率57.1% ・複勝率57.1%と好成績を残していました。

ステイゴールドはオルフェーヴルやゴールドシップなど、スタミナ豊富な産駒を多く輩出しています。

それが阪神大賞典でも好結果に繋がっているので、ステイゴールド産駒は無視できません。

また、同じく自信の豊富なスタミナを産駒に伝えているハーツクライも注目の種牡馬です。

ハーツクライ産駒も過去10年で5頭が2着以内に入っていて、長距離レースの阪神大賞典では積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

ステイゴールド・ハーツクライが好成績を残していることから、明らかに長距離適性が重要です!

傾向②:【枠順】から見る「阪神大賞典」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 2- 7/10 10.0% 10.0% 30.0%
2枠 0- 1- 2- 7/10 0.0% 10.0% 30.0%
3枠 0- 1- 2- 7/10 0.0% 10.0% 30.0%
4枠 0- 1- 2- 9/12 0.0% 8.3% 25.0%
5枠 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
6枠 1- 4- 1- 9/15 6.7% 33.3% 40.0%
7枠 3- 1- 1-13/18 16.7% 22.2% 27.8%
8枠 4- 1- 0-15/20 20.0% 25.0% 25.0%

阪神大賞典の過去10年の枠番別成績を調べると、外枠が好成績を残していることがわかりました。

過去10年の勝ち馬のうち、7頭が7~8枠に入った馬でした。

勝率は内枠よりも、むしろ外枠の方が高いので、頭で買うなら外枠が良いということになります。

ただし、複勝率について注目すると、1~3枠はいずれも複勝率30.0%と馬券圏内に入る確率は高くなっています。

阪神大賞典は3000mの長丁場であり、枠順による有利不利は見られず、枠順によって評価を変える必要はなさそうです。

男性
ウマダネ
編集長

3000mの長距離レースなので、スタート直後もペースは上がりません!
外枠発走でも好位置につけることは可能です!

傾向③:【人気】から見る「阪神大賞典」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 7- 0- 1- 2/ 10 70.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 2- 1- 3- 4/ 10 20.0% 30.0% 60.0%
4番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0- 3- 2- 5/ 10 0.0% 30.0% 50.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7~9人気 0- 1- 1- 28/ 30 0.0% 3.3% 6.7%
10~12人気 0- 0- 1- 14/ 15 0.0% 0.0% 6.7%
13~15人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

阪神大賞典の過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率70.0%・複勝率80.0%と好成績を残していました。

阪神大賞典には天皇賞を目指す実力馬が出走しますが、1番人気になる馬は長距離適性も高く、馬券の軸としての信頼度が高いと言えます。

また、上位人気馬の好走率が高く、過去10年の勝ち馬は全て3番人気以内となっていました。

一方で7番人気以下の馬が馬券に絡んだのは過去10年で3頭のみと、人気薄の馬が苦戦傾向にあります。

そのため、阪神大賞典では高配当を期待するよりも、上位人気馬の馬券で確実に的中を目指したいところです。

男性
ウマダネ
編集長

上位人気馬の好走率が高いです!
堅い決着になりやすいレースと言えます!

傾向④:【馬齢】から見る「阪神大賞典」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 3- 3- 10/ 20 20.0% 35.0% 50.0%
5歳 4- 4- 3- 18/ 29 13.8% 27.6% 37.9%
6歳 2- 3- 3- 21/ 29 6.9% 17.2% 27.6%
7歳 0- 0- 1- 15/ 16 0.0% 0.0% 6.3%
8歳 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の阪神大賞典における年齢別成績を調べると、4歳馬が連対率35.0%・複勝率50.0%と圧倒的な成績を残していました。

また次に良い成績を残していたのは5歳馬で連対率は27.6%・複勝率は37.9%です。

阪神大賞典で上位に入るためにはタフなレースに耐えられるスタミナが重要であり、ピークを過ぎた馬では馬券圏内に食い込むことは簡単ではありません。

過去10年で7歳以上の馬は一度も連対していないので、阪神大賞典では5歳以下の馬を中心に馬券を買いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年のほとんどの上位馬が4~5歳馬という結果でした!
特に高確率で馬券に絡んでいる4歳馬の評価を上げてください!

傾向⑤:【脚質】から見る「阪神大賞典」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
先行 4- 5- 4- 24/ 37 10.8% 24.3% 35.1%
差し 1- 3- 0- 17/ 21 4.8% 19.0% 19.0%
追い込み 0- 1- 4- 28/ 33 0.0% 3.0% 15.2%
まくり 5- 1- 0- 0/ 6 83.3% 100.0% 100.0%

過去10年の阪神大賞典の脚質別成績を調べると、先行馬が連対率24.3%・複勝率35.1%と好成績を残していました。

阪神大賞典では内回りコースが使用され、最後の直線は約356mと長くはないので、最終コーナーで前にいることが重要になってきます。

ただし、逃げ馬は過去10年で一度も連対していないことから、目標とされる逃げ馬にとっては厳しいレースと言えます。

また、過去10年の勝ち馬のうち5頭は、3~4コーナーでまくりを成功させて勝っていました。

2週目の3コーナーあたりからペースアップし、長く良い脚を使える馬が狙い目です。

男性
ウマダネ
編集長

3コーナーあたりから、まくり気味に上がっていける馬が好成績です!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料