【金鯱賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

ウマダネ 金鯱賞 予想

金鯱賞は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

2017年以降は大阪杯の前哨戦として行われていて、大阪杯を見据えた重要な一戦となっています。

男性
ウマダネ
編集長

2022年は金鯱賞で4着だったポタジェが、次走の大阪杯でG1初制覇を達成しました。

今回は2023年金鯱賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「金鯱賞」予想に使えるコースの特徴

金鯱賞(G2)
競馬場 中京競馬場 コース 芝 2000m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

金鯱賞は、中京競馬場の芝2000mで施行され、スタンド前の直線半ばからのスタートとなります。

直線の上り坂の中間からのスタートなのでスローペースになりやすく、前残りとなる展開が多いのも特徴です。

また枠順による有利不利は見られず、好ポジションに付けられるかが重要になってきます。

最後の直線には坂が待ち構えているタフなコースでもあるので、レース前半を上手く乗り切って、最後の直線で末脚を爆発させられるかが上位に入るための大きなポイントです。

「金鯱賞」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 3 ジャックドール 牡4 藤岡佑 1 2.0
2 7 10 レイパパレ 牝5 川田 2 5.6
3 5 6 アカイイト 牝5 5 17.8
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 5 ギベオン 牡6 西村淳 10 227.3
2 1 1 デアリングタクト 牝4 松山 1 1.4
3 8 10 ポタジェ 牡4 北村友 6 19.8
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 6 サートゥルナーリア 牡4 ルメール 1 1.3
2 6 8 サトノソルタス 牡5 藤岡康 8 41.3
3 4 4 ダイワキャグニー 牡6 内田博 6 24.3

2022年の金鯱賞では、1番人気ジャックドールが後続を寄せ付けずにゴールまで逃げ切り、従来のコースレコード1分58秒3を1秒1も上回る圧巻の走りを見せました。

2着には2021年大阪杯の勝ち馬レイパパレが入り、かなりハイレベルなレースだったと言えます。

2022年は1番人気と2番人気のワンツーフィニッシュとなっていますが、2021年の金鯱賞では、最低人気だったギベオンが1着となりました。

3連単の配当は783,010円と高配当が飛び出しています。

さらに、2020年は1番人気サートゥルナーリアが勝利したものの、2着は8番人気サトノソルタス、3着は6番人気ダイワキャグニーと中穴人気馬が上位に入っています。

金鯱賞には大阪杯を目指して、G1で実績を残している馬が多く出走しますが、実績が足りない人気薄の馬の好走も見られます。

実績馬にとっては本番の大阪杯へ向けてあくまでもステップレースという位置付けになるので、金鯱賞では優先出走権を獲得するためにトライアルレースでも必死になる賞金不足の馬を狙いたいところです。

要チェック✓
●2022年は1・2番人気のワンツーフィニッシュ
●2021年の3連単は783,010円と高配当

「金鯱賞」過去10年のデータとレース傾向

金鯱賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、金鯱賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「金鯱賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3- 5- 4-24/36 8.3% 22.2% 33.3%
キングカメハメハ 2- 1- 3-10/16 12.5% 18.8% 37.5%
ハーツクライ 2- 1- 2- 8/13 15.4% 23.1% 38.5%
ロードカナロア 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
シンボリクリスエス 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
モーリス 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイワメジャー 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
クロフネ 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
エピファネイア 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ジャングルポケット 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%

過去10年の金鯱賞での種牡馬別成績を調べると、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライの3頭の種牡馬が好成績を残していました。

ディープインパクト産駒は複勝率33.3%、キングカメハメハ産駒は複勝率37.5%、ハーツクライ産駒は38.5%と高確率で馬券に絡んでいます。

また、過去10年の勝ち馬10頭のうち7頭は、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライのいずれかの産駒でした。

これらのリーディング上位の種牡馬が好成績を残しているので、金鯱賞では芝レースで賞金を稼いでいる種牡馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

金鯱賞ではディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライの3頭の種牡馬に注目してください!

傾向②:【枠順】から見る「金鯱賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 2- 0- 9/12 8.3% 25.0% 25.0%
2枠 1- 0- 1-10/12 8.3% 8.3% 16.7%
3枠 2- 1- 2- 8/13 15.4% 23.1% 38.5%
4枠 0- 1- 3-12/16 0.0% 6.3% 25.0%
5枠 2- 0- 3-13/18 11.1% 11.1% 27.8%
6枠 0- 2- 1-15/18 0.0% 11.1% 16.7%
7枠 2- 2- 0-15/19 10.5% 21.1% 21.1%
8枠 2- 2- 1-16/21 9.5% 19.0% 23.8%

金鯱賞の過去10年の枠番別成績を調べると、枠順による大きな成績の偏りは見られませんでした。

コーナーでロスなく立ち回れる内枠も良い成績を残していますが、7枠・8枠からもそれぞれ2頭ずつの勝ち馬が出ています。

複勝率を見ても1枠が25.0%、8枠が23.8%とほとんど差が見られず、内枠でも外枠でも実力を発揮できるコースです。

大外枠に入ったからといって評価を下げる必要はなく、枠順にこだわらない予想も重要になりそうです。

男性
ウマダネ
編集長

金鯱賞ではどの枠も万遍なく良い成績を残しています!

傾向③:【人気】から見る「金鯱賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 2- 1- 2/ 10 50.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
3番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 3- 6/ 10 0.0% 10.0% 40.0%
7~9人気 0- 4- 1- 25/ 30 0.0% 13.3% 16.7%
10~12人気 1- 0- 0- 24/ 25 4.0% 4.0% 4.0%
13~15人気 0- 0- 1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1%
16~18人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

金鯱賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気は連対率70.0%・複勝率80.0%と好成績を残していました。

過去10年で1番人気が7頭も連対しているので、1番人気の信頼度が高い点は覚えておきたいところです。

また、1番人気が好成績を残す一歩で、7~9人気が連対率16.7%・複勝率20.0%と良い成績を残している点も見逃せません。

過去10年の単勝人気別成績から金鯱賞では人気薄の馬も好走しやすいと言えるので、7~9人気の馬も積極的に馬券に絡めるようにしましょう。

男性
ウマダネ
編集長

金鯱賞では1番人気を軸にしつつ、人気薄の穴馬を絡めて、紐荒れを狙っていきたいところです!

傾向④:【馬齢】から見る「金鯱賞」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
4歳 6- 3- 1- 16/ 26 23.1% 34.6% 38.5%
5歳 2- 4- 7- 28/ 41 4.9% 14.6% 31.7%
6歳 1- 1- 3- 30/ 35 2.9% 5.7% 14.3%
7歳 1- 0- 0- 13/ 14 7.1% 7.1% 7.1%
8歳 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%

過去10年の金鯱賞における馬体重別成績を調べると、4歳馬が連対率34.6%・複勝率38.5%と好成績を残していました。

馬の4歳は人間に換算すると20歳にあたり、多くの馬にとって全盛期と言える時期です。

精神的にも肉体的にも充実している4歳馬は、金鯱賞でも中心の存在となりそうです。

また、5歳馬についても良い成績を残していて、過去10頭の勝ち馬のうち8頭は4~5歳馬でした。

金鯱賞では、4~5歳馬を中心に馬券を組み立てるようにしてください。

男性
ウマダネ
編集長

4歳馬と5歳馬を頭に考えていくと回収率が上がりそうですね!

傾向⑤:【脚質】から見る「金鯱賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
先行 3- 5- 2- 23/ 33 9.1% 24.2% 30.3%
差し 5- 3- 8- 31/ 47 10.6% 17.0% 34.0%
追い込み 0- 0- 0- 39/ 39 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の金鯱賞の脚質別成績を調べると、逃げ馬が連対率40.0%・複勝率50.0%と好成績を残していました。

金鯱賞が行われる中京芝2000mはスローペースになりやすい傾向があるので、逃げ馬にとっては有利な展開になることが予想されます。

また、差し馬も連対率17.0%・複勝率34.0%と良い成績で、差しが決まっている点も無視できません。

ただし、追い込み馬は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいないので、差し馬でも馬群の中団には位置しておきたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

差し馬も良い成績を残しています!
金鯱賞はタフなレースなので、馬群の中団でスタミナを温存することが重要です!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想会社