小倉競馬場「コース」「距離」別の特徴を解説!馬券予想のヒントあり

タグアイコン 競馬情報

タグアイコン

小倉競馬場 特徴

小倉競馬場は中央競馬のローカル開催場で唯一、障害専用の周回コースがあり、また唯一の九州産馬限定競走が行われている競馬場です。

さらに、小倉記念や小倉大賞典、北九州記念といった馬券的にも注目の重賞レースが開催され、高配当を目指すなら攻略しておきたい競馬場でもあります。

「小倉競馬場では、どんな馬が好成績を残しているの?」
「小倉競馬場のレースでは、どの枠の馬を狙えばいい?」

今回は、そんな疑問を解決するために、小倉競馬場のコース特徴を距離別にご紹介します。
小倉競馬場で高配当を的中させるために、是非本記事を参考にしてください。

1:小倉競馬場の特徴は「平坦、小回り」!

平坦で小回り

小倉競馬場の芝コースの1周距離は1615.1mで、これは福島競馬場に次ぐ小ささとなっています。
最後の直線の距離は293mと標準的な長さですが、坂は設けられていません。

そのため、「平坦、小回り」が小倉競馬場の特徴となっています。

ただし、最後の直線にこそ坂はありませんが、2コーナーには小高い丘があります。
芝コースの高低差は3mに及び、競馬場全体が平坦だというわけではありません。

また、3コーナーと4コーナーにはスパイラルカーブが導入されている上、最後の直線は平坦なので、スピード能力が問われるコースです。
最後の直線の293mという長さは標準ですが、水準以上に逃げ・先行馬が好成績を残しています。

さらに、ダートコースは残り400m地点から直線にかけて緩やかな上り勾配が続くなど、芝コースとは若干違う起伏になっています。
それでも、逃げ・先行馬が有利なのは芝コースと同じなので、差し・追い込み馬は苦戦を強いられるコースであることは覚えておいてください。

2:【小倉芝コース】距離別の特徴や予想のヒントを解説

「平坦、小回り」コースの小倉競馬場では、芝コースにおいてもそれぞれの距離によってレース傾向が異なります。
そこで、ここからは小倉競馬場の芝コースについて、距離別の特徴や傾向を見ていきましょう。

2-1:小倉競馬場・芝1200m

小倉 1200m 芝

小倉競馬場の芝1200mは、2コーナーポケットからのスタートとなります。
最初のコーナーまでの距離は479mと距離が長く、さらに下り坂になっているのでスタート直後からスピードに乗りやすいコースです。

3~4コーナーのスパイラルカーブでも下り坂が続き、最後の直線も平坦です。

スピードの絶対値が問われるレイアウトで、スピード能力の高さだけで押し切ってしまう馬も珍しくありません。
ただし、開催後半には馬場が荒れてくるため、タフな馬場でも失速しないパワーが求められることもあります。

その場合は、ハイペースで前の馬が総崩れになることもあり、差し馬が台頭しやすくなります。

小倉競馬場芝1200mは馬場状態によってレース傾向も大きく変わるので、まずは馬場状態を必ずチェックするようにしましょう。

2-2:小倉競馬場・芝1700m

小倉 1700m 芝

小倉競馬場の芝1700mは、スタンド前の直線半ばからのスタートとなります。
スタートしてから、最初のコーナーでの距離は172mしかありません。

そのため、外枠の馬はコーナーで外を回らされてしまいます。
距離ロスを強いられることになるので、外枠の馬については割引きが必要です。

また、2コーナーには小高い丘が設けられているので、中盤はペースも落ち着きやすい傾向があります。
基本的には逃げ・先行馬が有利なコースで、勝つためには少なくとも先頭集団に近い位置でレースを進めなければいけません。

特に馬場状態が良い開催前半は内枠と逃げ・先行馬の活躍が顕著なので、馬場状態を確認しながら、距離ロスの少ない内枠の逃げ馬を狙うようにしましょう。

2-3:小倉競馬場・芝1800m

小倉 1800m 芝

小倉競馬場の芝1800mは、スタンド前のゴール板手前100mあたりからのスタートとなります。

最初のコーナーまでの距離も短く、1~2コーナーでは坂を上るため、前半のペースはスローになりがちです。
最後の直線は平坦なので逃げ・先行馬も失速せず、そのまま前残りになることも珍しくありません。

また、内ラチ沿いの馬場状態が良ければ、内枠が有利なコースです。
開催前半は、内枠に入った逃げ・先行馬に注目してください。

2-4:小倉競馬場・芝2000m

小倉 2000m 芝

小倉競馬場の芝2000mは、スタンド前の直線ポケットからスタートとなります。

最初のコーナーまでの距離は長く、若干ペースが速くなるものの、向正面で一度ペースが緩みます。
しかし、3コーナー付近から再びペースアップし、先頭争いが激しくなるため、やや逃げ馬が苦戦する傾向が見られます。

スタートから最初のコーナーまでの距離が長いので、枠順による有利不利はありません。

ラップが大きく変動し、長く良い脚が使える馬が活躍しやすいコースです。

2-5:小倉競馬場・芝2600m

小倉 2600m 芝

小倉競馬場の芝2600mは、向正面の直線半ばからのスタートとなります。
スタートから最初のコーナーまでの距離は244mで、長丁場であることもあり、ペースが落ち着くのが特徴です。

枠順による大きな有利不利は見られませんが、基本的には先行馬が優勢です。

同じ2600mの札幌競馬場、函館競馬場とに比べると時計が速く出る傾向がありますが、小倉競馬場でもスタミナが重要になってきます。
残り1300m付近からずっと下りが続くので、最後の直線へ向けてロングスパートできる馬を狙ってみてください。

2-6:小倉競馬場の芝コースにおける馬券予想のポイント

馬券のポイント

小倉競馬場の芝コースは、「平坦」で「小回り」です。
最後の直線には坂が設けられていないため、スピードの絶対値が問われるコースとなっています。

基本的には逃げ・先行馬が有利であり、距離ロスの少ない内枠の馬が好走する傾向にあります。

ただし、開催後半になると馬場状態が悪くなり、外差しが決まるケースがある点には注意が必要です。
小倉競馬場の芝レースの予想をするときには馬場状態を確認し、内ラチ沿いの傷み具合を見るようにしてください。

3:【小倉ダートコース】距離別の特徴や予想のヒントを解説

次は、小倉競馬場のダートコースについて、距離別の特徴を解説します。
小倉ダートコースの特徴を理解して、レース予想に役立ててください。

3-1:小倉競馬場・ダート1000m

小倉 1000m ダート

小倉競馬場のダート1000mは、2コーナー出口付近からのスタートとなります。
最初のコーナーまでの距離は、366mです。

スタート直後から緩やかな下り坂が続き、そのままスパイラルカーブに進入できるため、スピードに乗りやすいレイアウトです。

短距離戦であることも相まって、とにかくスピードが重視されるダートコースです。

逃げ馬が圧倒的有利であり、スタートが重要になってきます。
スタート直後から、すぐに加速できる逃げ・先行馬を狙いましょう。

3-2:小倉競馬場・ダート1700m

小倉 1700m ダート

小倉競馬場のダート1700mは、スタンド前の直線入り口からのスタートとなります。
最初のコーナーまでの直線距離は343mで、先頭争いが激しくなるため、ハイペースになりやすいのが特徴です。

そのため、逃げ馬については、最後の直線で失速してしまい、先行馬に交わされることも珍しくありません。

ハイペースでタフなレースとなる傾向が強いので、スピードよりもスタミナが重要視されます。
差し・追い込み馬については、向正面で一気にポジションを上げられるかが、上位に来るための鍵となります。

3-3:小倉競馬場・ダート2400m

小倉 2400m ダート

小倉競馬場のダート2400mは、2コーナー出口からのスタートとなります。
最初のコーナーまでの距離は320mで、下りスタートにはなりますが、長丁場ということもあり、ペースは落ち着きやすくなっています。

1コーナーから2コーナーにかけては上り坂があり、最後の直線の前にバテて失速する馬も珍しくありません。

そのため、逃げ馬は苦戦傾向にあり、差し・追い込み馬が後方からマクっていくケースも多く見られます。
2400mという長丁場でも、最後まで脚が上がらずに走りきれる馬を狙いましょう。

3-4:小倉競馬場のダートコースにおける馬券予想のポイント

馬券のポイント

小倉競馬場のダートコースには、芝コースと同様に最後の直線に坂がありません。
そのため、逃げ・先行馬がそのまま前で粘り切るケースが多く、極端な追い込みはあまり決まっていません。

差し・追い込み馬は、最低でも中団にはつける必要があります。

先頭争いが激しくなりハイペースになったとしても、スパイラルカーブでスピードは落ちにくく、スピードが重視されるコースです。

小倉競馬場のダートレースの予想をするときには、「平坦」で「小回り」であることを考慮し、逃げ・先行タイプを狙ってみてください。

【他の競馬場の特徴も確認】

中山競馬場の特徴
中山競馬場の特徴はこちら▶


東京競馬場の特徴
東京競馬場の特徴はこちら▶


阪神競馬場の特徴
阪神競馬場の特徴はこちら▶


新潟競馬場の特徴
新潟競馬場の特徴はこちら▶


福島競馬場の特徴
福島競馬場の特徴はこちら▶


小倉競馬場の特徴
小倉競馬場の特徴はこちら▶


中京競馬場の特徴
中京競馬場の特徴はこちら▶

札幌競馬場の特徴
札幌競馬場の特徴はこちら▶


函館競馬場の特徴
函館競馬場の特徴はこちら▶

タグアイコン 競馬情報

タグアイコン

競馬予想会社