【中山記念2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

中山記念 予想

中山記念は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

1936年に創設された80年以上の歴史を持つ重賞で、春の中山の名物重賞として注目されています。

男性
ウマダネ
編集長

有力馬が始動する春の中山の名物重賞です!

今回は2023年中山記念へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「中山記念」予想に使えるコースの特徴

中山記念(G2)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 1800m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

中山記念は、中山競馬場の芝1800mで施行されます。

スタンド前からのスタートとなり、スタートから最初のコーナーまでの距離は約200mしかありません。

そのため、先行争いが激しくなる前にペースが落ち着き、逃げ・先行馬が好走が多く見られます。

また、コーナーを4度回ることになり、中山競馬場のコーナーはタイトなので、内ラチ沿いをロスなく立ち回ることも重要になってきます。

外を回らされる差し・追い込み馬にとっては厳しい展開となることが多いので、本命馬は逃げ・先行馬の中から選びたいところです。

「中山記念」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 5 パンサラッサ 牡5 吉田豊 2 4.4
2 6 11 カラテ 牡6 菅原明 4 6.7
3 6 12 アドマイヤハダル 牡4 横山武 3 5.5
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 8 ヒシイグアス 牡5 松山 1 2.5
2 3 4 ケイデンスコール 牡5 岩田康 5 15.8
3 8 13 ウインイクシード 牡7 横山武 7 24.9
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 3 ダノンキングリー 牡4 横山典 1 2.5
2 7 7 ラッキーライラック 牝5 Mデム 2 3.0
3 4 4 ソウルスターリング 牝6 北村宏 6 38.6

近年の中山記念では、上位人気馬同士での堅い決着が見られます。

2022年の中山記念は1番人気ダノンザキッドこそ、馬券圏外に飛んでしまったものの、上位3頭を2~4番人気が占めました。

また、2021年と2020年の中山記念では、どちらも1番人気が勝利しています。

過去3年の3連単の配当の最高額は22,270円とかなり低めで、近年の中山記念ではあまり高配当は期待できません。

中山記念には重賞で実績を残している馬たちが出走するので、重賞レースで好走している上位人気馬は素直に馬券に入れたいところです。

要チェック✓
●2022年は2~4番人気が上位を独占
●過去3年の3連単の配当の最高額は22,270円

「中山記念」過去10年のデータとレース傾向

中山記念で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、中山記念の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「中山記念」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ハーツクライ 3- 0- 0- 5/ 8 37.5% 37.5% 37.5%
ステイゴールド 3- 0- 0- 7/10 30.0% 30.0% 30.0%
ディープインパクト 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2%
ロードカナロア 1- 1- 2- 2/ 6 16.7% 33.3% 66.7%
キングカメハメハ 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
オルフェーヴル 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0%
ローエングリン 0- 1- 2- 3/ 6 0.0% 16.7% 50.0%
ジャングルポケット 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
トゥザグローリー 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%

過去10年の中山記念での種牡馬別成績を調べると、ハーツクライとステイゴールドが多くの勝ち馬を出していました。

ハーツクライ産駒は勝率37.5%、ステイゴールド産駒は勝率30.0%で、それぞれ過去10年で3頭ずつの勝ち馬を輩出しています。

ハーツクライ産駒もステイゴールド産駒も心肺機能に優れているのが特徴で、スタミナを要するタフな中山競馬場を得意としています。

中山記念の過去10年の種牡馬別成績でも好成績を残していることがわかるので、上記2頭の種牡馬は積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

ハーツクライ産駒もステイゴールド産駒も出走頭数が多くない中で、それぞれ3頭の勝ち馬が出ているので要チェックです!

傾向②:【枠順】から見る「中山記念」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2%
2枠 0- 0- 1-12/13 0.0% 0.0% 7.7%
3枠 3- 2- 1- 8/14 21.4% 35.7% 42.9%
4枠 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3%
5枠 2- 2- 1- 9/14 14.3% 28.6% 35.7%
6枠 0- 3- 2-13/18 0.0% 16.7% 27.8%
7枠 1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1%
8枠 1- 2- 2-15/20 5.0% 15.0% 25.0%

中山記念の過去10年の枠番別成績を調べると、3枠と5枠が好成績を残していました。

3枠は連対率35.7%・複勝率42.9%、5枠は連対率28.6%・複勝率35.7%とどちらもかなりの好成績を残しています。

中山記念では真ん中寄りの枠が良い成績を残していて、コースロスの少ない1枠は連対率18.2%・複勝率18.2%とそれほど好走していません。

そのため、中山記念では3枠や5枠といった真ん中寄りの枠を中心に馬券を買いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

3枠・5枠が好成績、2枠・4枠が苦戦傾向にあります!

傾向③:【人気】から見る「中山記念」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%
2番人気 4- 2- 2- 2/ 10 40.0% 60.0% 80.0%
3番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
6番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
7~9人気 0- 1- 3- 26/ 30 0.0% 3.3% 13.3%
10~12人気 0- 0- 0- 21/ 21 0.0% 0.0% 0.0%
13~15人気 0- 0- 0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

中山記念の過去10年の単勝人気別成績を調べると、最も良い成績を残していたのは2番人気で、連対率60.0%・複勝率80.0%でした。

中山記念では2番人気の馬を軸馬として考えたいところです。

また、1番人気の成績が悪く、連対率・複勝率30.0%となっています。

近年は堅い決着も見られる中山記念ですが、1番人気の信頼度は低いと言えます。

そして、7~9番人気が複勝率16.7%と良く馬券に絡んでいるので、7~9番人気の穴馬も無視できません。

中山記念では2番人気を中心にしつつ、7~9番人気の馬を積極的に絡めたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年の傾向では1番人気が苦戦しています!
好成績を残している2番人気の評価を上げたいところです!

傾向④:【馬齢】から見る「中山記念」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 3- 5- 14/ 26 15.4% 26.9% 46.2%
5歳 5- 4- 0- 22/ 31 16.1% 29.0% 29.0%
6歳 1- 3- 2- 25/ 31 3.2% 12.9% 19.4%
7歳 0- 0- 2- 16/ 18 0.0% 0.0% 11.1%
8歳 0- 0- 1- 12/ 13 0.0% 0.0% 7.7%

過去10年の中山記念における年齢別成績を調べると、4歳馬が連対率26.9%・複勝率46.2%と好成績を残していました。

特に複勝率46.2%は驚異的な数字なので、4歳馬は積極的に狙っていく必要がありそうです。

また次に良い成績を残しているのは5歳馬で、連対率・複勝率は共に29.0%です。

年齢を重ねるにつれて成績が悪くなっているのも特徴で、8歳馬については馬券に絡んだのは過去10年で一頭だけでした。

中山記念では、「年齢が若い順に成績が良い」ということを覚えておいてください。

男性
ウマダネ
編集長

中山記念ではハイレベルなレースなので、勢いのある4歳馬が有利です!

傾向⑤:【脚質】から見る「中山記念」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%
先行 9- 6- 3- 17/ 35 25.7% 42.9% 51.4%
差し 0- 3- 4- 33/ 40 0.0% 7.5% 17.5%
追い込み 0- 1- 0- 35/ 36 0.0% 2.8% 2.8%
まくり 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の中山記念の脚質別成績を調べると、逃げ・先行馬が圧倒的に有利であることがわかります。

逃げ馬は複勝率40.0%、先行馬は複勝率51.4%と高確率で馬券に絡んでいました。

中山記念が行われる中山競馬場は最後の直線も短く、コーナーもタイトで内ラチ沿いを回った馬が有利なので、逃げ・先行勢による前残りになることも珍しくありません。

馬群の後方にいた馬は過去10年で一頭だけしか上位に入っていないので、中山記念では先行力が重要です。

男性
ウマダネ
編集長

直線の長い競馬場で大敗している逃げ馬の巻き返しに期待ですね!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料