【日経賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

日経賞 ウマダネ 馬券予想

日経賞は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

天皇賞(春)のステップレースであり、春の中山の名物重賞として注目されています。

男性
ウマダネ
編集長

天皇賞(春)へ向けて、長距離路線の実績馬が始動するレースです!

今回は2023年日経賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「日経賞」予想に使えるコースの特徴

日経賞(G2)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 2500m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

日経賞は、中山競馬場の芝2500mで施行され、内回りコースが使用されます。

2500mという長丁場に加え、2度の坂越えがあるタフなコースです。

そのため、前半でスタミナを温存できるかどうかが、勝負の分かれ目となります。

急なコーナーを4度回ることになるので、基本的には内ラチ沿いをロスなく立ち回れる内枠が有利であり、コーナーを上手く立ち回れる操縦性も重要です。

また、最終コーナーからゴールまでスピードを持続する持久力も問われるコースで、最後の直線が短いので早めのスパートで抜け出して、長く良い脚を使うことが大事になってきます。

「日経賞」過去3年のレース結果

2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 3 4 ウインマリリン 牝4 横山武 4 8.5
2 4 7 カレンブーケドール 牝5 松山 1 2.3
3 2 2 ワールドプレミア 牡5 石橋脩 2 5.0
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 14 ミッキースワロー 牡6 横山典 1 3.4
2 6 10 モズベッロ 牡4 池添 2 5.0
3 7 12 スティッフェリオ 牡6 田辺 9 19.4
2019年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 メイショウテッコン 牡4 武豊 3 4.9
2 6 7 エタリオウ 牡4 Mデム 1 2.1
3 4 4 サクラアンプルール 牡8 横山典 4 8.2

近年の日経賞では、上位人気馬による堅い決着となるレース傾向が見られます。

2022年の日経賞は1番人気タイトルホルダーが人気に応えて勝利し、3連単の配当は4,080円と堅い決着になりました。

また2021年日経賞も4番人気ウインマリリンが勝利し、1番人気カレンブーケドール、2番人気ワールドプレミアがそれぞれ2・3着に入って、3連単の配当は10,240円と低くなっています。

さらに2020年の日経賞では1・2番人気のワンツーフィニッシュとなっていて、過去3年でいずれも1番人気が馬券圏内に入っています。

近年の傾向から考えると1番人気の信頼度が高いレースだと言えるので、日経賞では高配当よりも、上位人気馬同士の堅い馬券を狙いたいところです。

要チェック✓
●過去3年でいずれも1番人気が馬券圏内
●過去3年で1番人気が2勝

「日経賞」過去10年のデータとレース傾向

日経賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、日経賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「日経賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
スクリーンヒーロー 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
マンハッタンカフェ 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6%
ハーツクライ 1- 3- 0-10/14 7.1% 28.6% 28.6%
ステイゴールド 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
アドマイヤドン 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7%
ナカヤマフェスタ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
トーセンホマレボシ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ディープインパクト 0- 1- 3-12/16 0.0% 6.3% 25.0%
キングカメハメハ 0- 1- 3- 2/ 6 0.0% 16.7% 66.7%

過去10年の日経賞での種牡馬別成績を調べると、最も好成績を残していたのはスクリーンヒーロー産駒で連対率66.7%・複勝率66.7%でした。

スクリーンヒーロー産駒は中山競馬場を得意とする傾向があり、日経賞でも良い成績を残しています。

また、ハーツクライ産駒も過去10年で4頭が連対していて、日経賞での好走率が高い点にも注目です。

ハーツクライ産駒は心肺機能に優れている馬が多いので、タフな芝2500mでは特に評価を上げたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

日経賞はタフな長距離戦なので、スタミナ豊富なスクリーンヒーロー産駒やハーツクライ産駒に注目です!

傾向②:【枠順】から見る「日経賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 1- 0- 9/11 9.1% 18.2% 18.2%
2枠 0- 1- 3-11/15 0.0% 6.7% 26.7%
3枠 1- 1- 0-15/17 5.9% 11.8% 11.8%
4枠 0- 3- 3-11/17 0.0% 17.6% 35.3%
5枠 1- 0- 1-17/19 5.3% 5.3% 10.5%
6枠 2- 4- 1-12/19 10.5% 31.6% 36.8%
7枠 2- 0- 2-15/19 10.5% 10.5% 21.1%
8枠 3- 0- 0-17/20 15.0% 15.0% 15.0%

日経賞の過去10年の枠番別成績を調べると、枠順による大きな偏りは見られませんでした。

中山芝2500mは距離ロスの少ない内枠が基本的に有利となるコースですが、1枠は連対率18.2%・複勝率18.2%、2枠は連対率6.7%・複勝率28.6%で特別良い成績というわけでありません。

反対に外枠について見てみると、7枠は10.5%・複勝率21.1%、8枠は連対率15.0%・複勝率15.0%で内枠との成績の差はそれほどありませんでした。

過去10年で大外の8枠から3頭の勝ち馬が出ているので、日経賞では外枠の馬にも警戒したいところです。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年で7~8枠から5頭の勝ち馬が出ています!
日経賞では外枠の馬にも注意が必要です!

傾向③:【人気】から見る「日経賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0% 70.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 2- 0- 1- 7/ 10 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0%
7~9人気 0- 3- 2- 25/ 30 0.0% 10.0% 16.7%
10~12人気 0- 1- 0- 26/ 27 0.0% 3.7% 3.7%
13~15人気 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

日経賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、4番人気以内の馬が好成績を残していました。

過去10年の勝ち馬10頭のうち、全てが4番人気以内の馬です。

そのため、日経賞では馬券の頭にするのは、4番人気以内の馬から選びたいところです。

また、7~9番人気が連対率10.0%・複勝率16.7%と、人気薄ながら上位に来ていることも無視できません。

7~9番人気と低評価の馬の激走にも注意したいところです。

男性
ウマダネ
編集長

上位人気馬の好走率が高いですが、7~9番人気の馬にも注目です!

傾向④:【馬齢】から見る「日経賞」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 6- 5- 1- 15/ 27 22.2% 40.7% 44.4%
5歳 2- 2- 4- 26/ 34 5.9% 11.8% 23.5%
6歳 2- 2- 2- 31/ 37 5.4% 10.8% 16.2%
7歳 0- 1- 2- 19/ 22 0.0% 4.5% 13.6%
8歳 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%

過去10年の日経賞における年齢別成績を調べると、4歳馬が連対率40.7%・複勝率44.4%とかなりの好成績を残していました。

高確率で2着以内に入っているデータを考慮すると、日経賞での本命馬は4歳馬から選ぶ必要がありそうです。

また、複勝率は年を取るにつれて下がっていて、7歳以上の馬が苦戦していることがわかります。

過去10年の勝ち馬10頭は、全て6歳以下になっているので、馬券の頭は6歳以下の馬を狙うようにしましょう。

男性
ウマダネ
編集長

4歳馬の成績の良さが目立ちます!
4歳は競走馬として充実した時期なので、好成績に繋がっているようですね!

傾向⑤:【脚質】から見る「日経賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2- 0- 0- 9/ 11 18.2% 18.2% 18.2%
先行 4- 6- 4- 20/ 34 11.8% 29.4% 41.2%
差し 3- 3- 6- 45/ 57 5.3% 10.5% 21.1%
追い込み 0- 1- 0- 32/ 33 0.0% 3.0% 3.0%
まくり 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

過去10年の日経賞の脚質別成績を調べると、先行馬が連対率29.4%・複勝率41.2%と好成績を残していました。

中山競馬場は最後の直線が310mと短く、ゴール前に急坂が待ち構えているので、最後の直線までに先頭集団位いる必要があります。

後方にいた馬は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいないため、追い込み馬にとっては厳しい展開となるコースです。

中山芝2500mは非常にタフな条件なので、馬群でしっかりとスタミナを温存することも重要です。

男性
ウマダネ
編集長

直線が短いので追い込みはほとんど決まっていません!
基本的には前有利のコースと言えます!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想会社