【オーシャンステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

ウマダネ オーシャンステークス 予想

オーシャンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G3)です。

高松宮記念の前哨戦に位置付けられていて、春秋スプリントG1に繋がる重要な一戦としても注目されています。

男性
ウマダネ
編集長

2022年の2着馬ナランフレグは、次走の高松宮記念を勝利しました!

今回は2023年オーシャンステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「オーシャンステークス」予想に使えるコースの特徴

オーシャンステークス(G3)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 1200m
性齢 4歳以上 負担重量 別定

オーシャンステークスは中山競馬場の芝1200mで施行され、外回りコースが使用されます。

スタート地点から最初のコーナーまでの距離は275mと短く、最後に中山名物の急勾配が待ち受けていて最後の直線が短いため、基本的には先行馬が有利なコースです。

ただし、コーナーは比較的回りやすく、下り坂にもなっているので前半はタイムが早くなる傾向があり、ハイペースとなれば逃げ・先行馬が差し馬の餌食となることも珍しくありません。

下り坂でスピードが出やすいため、4コーナーで馬群が外に振られることもあり、最内をロスなく立ち回れる内枠の馬を狙いたいところです。

「オーシャンステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 ジャンダルム 牡7 荻野極 2 5.4
2 6 10 ナランフレグ 牡6 丸田 4 8.2
3 8 14 ビアンフェ セ5 藤岡佑 5 9.1
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 8 コントラチェック 牝5 丸山 11 33.4
2 2 3 カレンモエ 牝5 北村友 1 2.4
3 2 4 ビアンフェ セ4 藤岡佑 6 15.0
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 2 ダノンスマッシュ 牡5 川田 1 2.0
2 5 10 ナックビーナス 牝7 横山典 3 5.4
3 1 1 タワーオブロンドン 牡5 ルメール 2 2.5

近年のオーシャンステークスではやや堅い決着となっている傾向が見られます。

2022年のオーシャンステークスは1番人気スマートクラージュが馬群へ沈んでしまったものの、2番人気ジャンダルムが勝利し、3連単の配当は38,290円とやや堅い結果となりました。

ただし、2021年のオーシャンステークスでは、11番人気と低評価だったコントラチェックが勝利。3着にも6番人気と穴馬のビアンフェが入って、3連単の配当は168,680円と高配当になっています。

これはレース前半で上位だった3頭が、そのままゴールまで上位を独占し、前残りのレース結果でした。

最後の直線が短い中山競馬場では、やはりスタート直後に先頭に立てるテンの速さが重要になりそうです。

要チェック✓
●2022年の3連単の配当は38,290円とやや堅い結果
●2021年は前残りで高配当が飛び出している

「オーシャンステークス」過去10年のデータとレース傾向

オーシャンステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、オーシャンステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「オーシャンステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
サクラプレジデント 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
ロードカナロア 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
ディープインパクト 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0%
オレハマッテルゼ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
Speightstown 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
Fastnet Rock 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
グラスワンダー 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
Kitten’s Joy 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
Belgravia 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイワメジャー 0- 4- 0- 8/12 0.0% 33.3% 33.3%

過去10年のオーシャンステークスでの種牡馬別成績を調べると、様々な種牡馬の産駒から勝ち馬が出ていて、種牡馬による大きな偏りは見られませんでした。

ただし、その中でも注目したいのは、ロードカナロア産駒です。

ロードカナロア産駒は自身と同じく短距離路線で好成績を残していて、オーシャンステークスでも2頭が馬券に絡む活躍を見せています。

また、勝ち馬こそ出ていませんが、4回の2着があるダイワメジャー産駒にも注目です。

芝1200m~1800mの重賞ではかなり良い成績を残している種牡馬なので、オーシャンステークスでもダイワメジャー産駒の評価を上げたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

短距離重賞ではロードカナロア・ダイワメジャーの2頭の種牡馬に注目です!

傾向②:【枠順】から見る「オーシャンステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3%
2枠 0- 2- 2-16/20 0.0% 10.0% 20.0%
3枠 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0%
4枠 4- 0- 1-15/20 20.0% 20.0% 25.0%
5枠 1- 1- 1-17/20 5.0% 10.0% 15.0%
6枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
7枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
8枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%

オーシャンステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、1枠が連対率21.1%・複勝率26.3%と好成績を残していました。

中山競馬場芝1200mでは、4コーナーで馬群が外に振られることが多く、最内をロスなく立ち回れる内枠が有利です。

反対に、大外枠の8枠はやはり成績が悪く、連対率5.0%・複勝率15.0%でした。

短距離レースではちょっとしたロスがレース結果に大きく影響するので、コーナーで外を回らされる8枠の馬は割り引きが必要です。

男性
ウマダネ
編集長

1枠の成績が良く8枠の成績が悪いので、内枠有利と言えるコースです!

傾向③:【人気】から見る「オーシャンステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7~9人気 1- 0- 4- 25/ 30 3.3% 3.3% 16.7%
10~12人気 2- 1- 0- 27/ 30 6.7% 10.0% 10.0%
13~15人気 0- 0- 0- 30/ 30 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

オーシャンステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率60.0%、複勝率70.0%と好成績を残していることがわかりました。

オーシャンステークスでは、1番人気を軸にして馬券を買うのが良さそうです。

また、7~9番人気が複勝率16.7%と人気薄ながら高い確率で馬券に絡んでいる点も見逃せません。

さらに、過去10年で10~12番人気から2頭の勝ち馬が出ていて、複勝率10.0%と警戒が必要な成績です。

オーシャンステークスは1番人気が好走しているレースですが、7番人気以下の人気薄の馬の激走にも注目してください。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年で7番人気以下の馬から3頭の勝ち馬が出ています!
荒れる短距離重賞としても期待したいですね!

傾向④:【馬齢】から見る「オーシャンステークス」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2- 1- 2- 24/ 29 6.9% 10.3% 17.2%
5歳 6- 2- 5- 32/ 45 13.3% 17.8% 28.9%
6歳 0- 5- 1- 28/ 34 0.0% 14.7% 17.6%
7歳 2- 2- 0- 16/ 20 10.0% 20.0% 20.0%
8歳 0- 0- 2- 18/ 20 0.0% 0.0% 10.0%

過去10年のオーシャンステークスにおける年齢別成績を調べると、5歳馬が連対率17.8%、複勝率28.9%と最も良い成績を残していました。

また、次に良い成績を残していたのは6歳馬で、連対率は14.7%、複勝率は17.6%です。

これは精神的にも肉体的にも充実期を迎えている4歳馬よりも良い成績であり、オーシャンステークスでは年齢が若い馬が有利だとは言えません。

オーシャンステークスでは年齢の若い4歳馬よりも、キャリア豊富な5~6歳馬の馬券を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

オーシャンステークスでは4歳馬よりも、5~6歳馬が好成績を残しています!

傾向⑤:【脚質】から見る「オーシャンステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
先行 6- 4- 1- 24/ 35 17.1% 28.6% 31.4%
差し 3- 3- 4- 54/ 64 4.7% 9.4% 15.6%
追い込み 0- 1- 3- 46/ 50 0.0% 2.0% 8.0%

過去10年のオーシャンステークスの脚質別成績を調べると、逃げ・先行勢が好成績を残していることがわかります。

逃げ馬は連対率30.0%・複勝率50.0%、先行馬は連対率28.6%・複勝率31.4%と高確率で馬券に絡んでいました。

これは中山競馬場の最後の直線が短いことに加え、1200mという短距離レースであることから、前残りになる展開が多いことが影響しています。

さらにコーナーがタイトで外を回らされる差し・追い込み勢は、コースロスにより苦戦を強いられています。

オーシャンステークスではテンの速さに注目し、レース前半に好位置につけられる馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

短距離戦であることに加え直線も短いので、逃げ・先行勢が圧倒的に有利です!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想会社