【皐月賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

皐月賞 ウマダネ 馬券予想

皐月賞は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。

クラシック三冠の幕開けとなるレースで、3歳世代のトップクラスの実力馬が集結します。

男性
ウマダネ
編集長

クラシック三冠の第1戦であり、皐月賞を勝った馬にしかクラシック三冠の資格はありません!

今回は2023年皐月賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「皐月賞」予想に使えるコースの特徴

皐月賞(G1)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 2000m
性齢 3歳牡馬・牝馬 負担重量 定量

皐月賞は、中山競馬場の芝2000mで施行され、内回りコースが使用されます。

スタート地点はホームストレッチの入り口付近で、1コーナーまでは約400mもあることから、先頭争いが激しくなってハイペースとなりやすいコースです。

スタート直後に急勾配の上りがあり、その坂が1周回った最後の直線でも待ち構えているので、かなりのスタミナやパワーが求められます。

内枠の有利を活かして人気薄の逃げ・先行馬が上位に残る傾向も見られ、軽視されている内枠の逃げ・先行馬に注目です。

「皐月賞」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 7 14 ジオグリフ 牡3 福永 5 9.1
2 8 18 イクイノックス 牡3 ルメール 3 5.7
3 6 12 ドウデュース 牡3 武豊 1 3.9
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 エフフォーリア 牡3 横山武 2 3.7
2 7 13 タイトルホルダー 牡3 田辺 8 17.0
3 2 3 ステラヴェローチェ 牡3 吉田隼 6 14.3
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 コントレイル 牡3 福永 1 2.7
2 4 7 サリオス 牡3 レーン 3 3.8
3 8 16 ガロアクリーク 牡3 ヒューイ 8 41.2

2022年の皐月賞では6番人気までは単勝オッズ10倍を切る混戦模様となり、その中でも1番人気に支持されていた2歳王者ドウデュースは惜しくも3着に敗れてしまいました。

混戦となった皐月賞を制したのは5番人気ジオグリフ。朝日杯FSでは5着に敗れていましたが、距離延長で結果を出しています。

また、2021年の皐月賞は2番人気エフフォーリアが勝ち、2着には8番人気と人気薄だったタイトルホルダーが入っています。

1着のエフフォーリアはその年の天皇賞(秋)と有馬記念を勝利。さらに2着のタイトルホルダーはその年の菊花賞を制すると、天皇賞(春)をも制しました。

後に菊花賞と天皇賞(春)を制する実力馬が8番人気であったことからも、皐月賞時点では出走馬の能力を正しく比較するのが難しいことがわかります。

まだ出走馬の過去のレースデータが少ない皐月賞では、このように実力馬が過小評価されていることも珍しくないので、人気薄の隠れた実力馬を見つけ出してください。

要チェック✓
●過去3年の勝ち馬は全て5番人気以内
●2021年は2着に8番人気が入って紐荒れ

「皐月賞」過去10年のデータとレース傾向

皐月賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、皐月賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「皐月賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3- 2- 2-27/34 8.8% 14.7% 20.6%
キングカメハメハ 1- 1- 1-13/16 6.3% 12.5% 18.8%
ロードカナロア 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
フジキセキ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
オルフェーヴル 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
エピファネイア 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ドレフォン 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ローエングリン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ハーツクライ 0- 1- 1-16/18 0.0% 5.6% 11.1%
ルーラーシップ 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%

過去10年の皐月賞での種牡馬別成績を調べると、最も勝ち馬を多く輩出しているのがディープインパクトでした。

過去10年で3頭の勝ち馬を輩出していて、やはり10年連続リーディングサイアーの実績は伊達ではありません。

ディープインパクト産駒は非常に器用な馬が多く、小回りの中山競馬場にも強いのが特徴です。

さらに早い時期から完成度が高いので、春のクラシック路線では無視できない種牡馬です。

また、キングカメハメハやオルフェーヴル、エピファネイアなどタフなコースに強い種牡馬から勝ち馬が出ている点にも注目です。

中山競馬場が舞台となる皐月賞では、最後の直線の急坂を苦にしないパワーを遺伝させている種牡馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

ディープインパクトを中心に、やはりリーディング上位の種牡馬が好成績です!

傾向②:【枠順】から見る「皐月賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 0- 0-17/19 10.5% 10.5% 10.5%
2枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
4枠 3- 3- 1-13/20 15.0% 30.0% 35.0%
5枠 0- 0- 2-18/20 0.0% 0.0% 10.0%
6枠 2- 0- 3-15/20 10.0% 10.0% 25.0%
7枠 1- 3- 0-23/27 3.7% 14.8% 14.8%
8枠 1- 2- 2-22/27 3.7% 11.1% 18.5%

皐月賞の過去10年の枠番別成績を調べると、最も良い成績を残していたのが4枠で連対率30.00%・複勝率35.0%でした。

高確率で馬券に絡んでいるので、皐月賞では4枠に入った馬に注目したいところです。

また、中山競馬場は小回りで最後の直線が短いため基本的には内枠有利ですが、内枠と外枠で大きな成績の差はありませんでした。

7枠と8枠からも1頭ずつの勝ち馬が出ていて、外枠でも大きく割り引きする必要はなさそうです。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年でのデータでは内枠がそれほど好成績ではありませんでした。
やや内寄りの4枠が好成績を残しているので、4枠の馬が狙い目です!

傾向③:【人気】から見る「皐月賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 1- 2- 4/ 10 30.0% 40.0% 60.0%
2番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
3番人気 1- 3- 2- 4/ 10 10.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7~9人気 3- 2- 3- 22/ 30 10.0% 16.7% 26.7%
10~12人気 0- 0- 1- 29/ 30 0.0% 0.0% 3.3%
13~15人気 0- 0- 0- 30/ 30 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 23/ 23 0.0% 0.0% 0.0%

皐月賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、3番人気以内の馬が好成績を残していることがわかりました。

3番人気以内の馬は全て複勝率40.0%を超えていて、皐月賞では上位人気馬がしっかりと馬券に絡んでいます。

そのため軸馬を選ぶときには、3番人気以内の馬から選びたいところです。

また7~9番人気から3頭の勝ち馬が出ていて、連対率16.7%・複勝率26.7%と好成績を残している点も見逃せません。

皐月賞では隠れた実力馬が過小評価されているケースも珍しくないので、過去の成績や血統から将来性などを見極めて高配当を狙いましょう。

男性
ウマダネ
編集長

7~9番人気の好走が目立つので、人気薄の馬にも警戒が必要です!

傾向④:【馬体重】から見る「皐月賞」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 0- 0- 1- 19/ 20 0.0% 0.0% 5.0%
460~479kg 3- 2- 2- 49/ 56 5.4% 8.9% 12.5%
480~499kg 5- 5- 4- 38/ 52 9.6% 19.2% 26.9%
500~519kg 2- 2- 3- 26/ 33 6.1% 12.1% 21.2%
520~539kg 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
540~ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の皐月賞における馬体重別成績を調べると、小柄な馬は苦戦傾向にあることがわかりました。

馬体重420~439kgの馬は連対率0.0%・複勝率0.0%、馬体重440~459kgの馬は連対率0.0%・複勝率5.0%と成績はかなり低迷しています。

そのため、皐月賞では馬体重459kg以下の小柄な馬は割り引きが必要です。

反対に好成績を残していたのは、馬体重480~499kgの馬でした。

皐月賞が行われる中山競馬場はゴール前に急坂が待ち構えているタフなコースなので、少なくとも馬体重480kg以上は欲しいところです。

男性
ウマダネ
編集長

馬体重459kg以下の馬は成績が悪いので、小柄な馬は評価を落とすようにしましょう!

傾向⑤:【脚質】から見る「皐月賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0- 1- 1- 11/ 13 0.0% 7.7% 15.4%
先行 4- 6- 3- 23/ 36 11.1% 27.8% 36.1%
差し 6- 2- 5- 60/ 73 8.2% 11.0% 17.8%
追い込み 0- 1- 1- 49/ 51 0.0% 2.0% 3.9%

過去10年の皐月賞の脚質別成績を調べると、 先行馬が連対率27.8%・複勝率36.1%と好成績を残していました。

中山競馬場の最後の直線は310mと短く、コーナーもタイトなので先行馬が有利なコースです。

ただし、逃げ馬は連対率7.7%・複勝率15.4%と特別成績が良いわけではなく、実力がなければ皐月賞で逃げ切ることはできません。

皐月賞では逃げ馬の後ろでスタミナを温存し、タイトなコーナーを上手く立ち回れる器用な先行馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

先行馬が高確率で馬券に絡んでいます!
先頭集団で折り合えるレースセンスも重要ですね!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想会社