【紫苑ステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

紫苑S ウマダネ馬券予想

紫苑ステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G3)です。

牝馬三冠最終戦の秋華賞のトライアルレースであり、秋華賞を見据える意味でも重要な一戦です。

男性
ウマダネ
編集長

2021年の勝ち馬ファインルージュは、秋華賞で2着に入りました!

今回は2023年紫苑ステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

紫苑ステークス予想に使えるコースの特徴

紫苑ステークス(G3)
競馬場 中山競馬場 コース 芝2000m
性齢 3歳牝馬 負担重量 馬齢

紫苑ステークスは、中山競馬場の芝2000mで施行され、内回りコースが使用されます。

スタート地点はホームストレッチの入り口付近で、1コーナーまでは約400mもあることから、先頭争いが激しくなってハイペースとなりやすいコースです。

スタート直後に急勾配の上りがあり、その坂が1周回った最後の直線でも待ち構えているので、かなりのスタミナやパワーが求められます。

内枠の有利を活かして人気薄の逃げ・先行馬が上位に残る傾向も見られ、軽視されている内枠の逃げ・先行馬に注目です。

「紫苑ステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 12 スタニングローズ 牝3 坂井 1 2.8
2 8 11 サウンドビバーチェ 牝3 横山武 2 5.9
3 6 8 ライラック 牝3 戸崎圭 6 6.8
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 6 11 ファインルージュ 牝3 福永 2 4.5
2 1 1 スルーセブンシーズ 牝3 大野 4 10.2
3 2 3 ミスフィガロ 牝3 津村 12 32.4
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 10 マルターズディオサ 牝3 田辺 5 9.6
2 8 18 パラスアテナ 牝3 武豊 10 25.0
3 8 16 シーズンズギフト 牝3 ルメール 3 5.6

近年の紫苑ステークスでは、2~3着に穴馬が食い込む傾向が見られます。

2022年の紫苑ステークスは1番人気・2番人気のワンツーフィニッシュとなりましたが、6番人気のライラックが3着に食い込みました。

また、2021年の紫苑ステークスでは、2番人気ファインルージュが勝利し、3着には12番人気と低評価だったミスフィガロが入っています。

近年3年で10番人気以下の馬が2頭も馬券圏内に入っていて、紫苑ステークスでは10番人気以下の穴馬にも警戒が必要です。

3歳の牝馬限定戦は特に予想が難しいレースなので、上位人気馬の過信は避け、人気薄の穴馬も絡めながら高配当を狙いたいところです。

要チェック✓
●2022年は1番人気・2番人気のワンツーフィニッシュ
●2021年・2020年は10番人気以下が馬券に絡んでいる

「紫苑ステークス」過去10年のデータとレース傾向

紫苑ステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、紫苑ステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「紫苑ステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ハービンジャー 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2%
キズナ 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
ディープインパクト 1- 3- 2-19/25 4.0% 16.0% 24.0%
ルーラーシップ 1- 2- 0- 9/12 8.3% 25.0% 25.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
ゼンノロブロイ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
キングカメハメハ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
シンボリクリスエス 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ステイゴールド 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
ドゥラメンテ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

過去10年の紫苑ステークスでの種牡馬別成績を調べると、最も多い2勝を挙げているのがキズナ産駒でした。

キズナ産駒は距離が万能な傾向がありますが、特に中距離戦で信頼が厚いのが特徴です。

また、馬力がある産駒が多いのも特徴なので、最後の直線に急坂が待ち構えている中山競馬場は得意なコースと言えます。

さらに、パワーに優れた産駒を多く輩出しているハービンジャーも2頭の勝ち馬を出す活躍を見せています。

これらの結果から紫苑ステークスはタフなレースとなっていることがわかるので、馬力のあるキズナ産駒やハービンジャー産駒を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

キズナ産駒は器用なタイプも多いので、小回りの中山競馬場で特に注目です!

傾向②:【枠順】から見る「紫苑ステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 2-13/17 0.0% 11.8% 23.5%
2枠 1- 0- 1-17/19 5.3% 5.3% 10.5%
3枠 0- 1- 1-17/19 0.0% 5.3% 10.5%
4枠 0- 2- 2-15/19 0.0% 10.5% 21.1%
5枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 2- 1- 0-23/26 7.7% 11.5% 11.5%
8枠 4- 2- 2-18/26 15.4% 23.1% 30.8%

紫苑ステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、外枠が好成績を残す傾向が見られました。

最も多くの勝ち馬が出ているのは大外の8枠であり、連対率23.1%・複勝率30.8%と高確率で馬券圏内に入っています。

中山競馬場は最後の直線が短く小回りコースのため、内枠が有利とはなりますが、外枠も馬群で揉まれて消耗しないことが有利に働きます。

特に3歳牝馬にとっては馬群で揉まれることが大きな不安材料となることもあるので、外から詰め寄られる心配がない外枠の馬にも注目です。

男性
ウマダネ
編集長

内枠が有利なコースと言えますが、非力な3歳牝馬にとっては外枠でスムーズに立ち回る方が良い成績を残せそうです!

傾向③:【人気】から見る「紫苑ステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 2- 1- 4/ 10 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
3番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
4番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
5番人気 2- 1- 1- 6/ 10 20.0% 30.0% 40.0%
6番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
7~9人気 1- 0- 2- 27/ 30 3.3% 3.3% 10.0%
10~12人気 0- 1- 1- 28/ 30 0.0% 3.3% 6.7%
13~15人気 0- 0- 0- 27/ 27 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.0%

紫苑ステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気は連対率50.0%・複勝率 60.0%、2番人気は50.0%・複勝率50.0%とまずまずの成績を残していました。

過去10年の勝ち馬のうち6頭が1~2番人気となっていて、1~2番人気の信頼度がある程度高いことがわかります。

また、残りの4頭の勝ち馬は5~8番人気となっていて、紫苑ステークスでは中穴人気の馬に注目です。

7~9番人気は連対率こそ高くありませんが、複勝率は10.0%とまずまずの成績を残しているので、7~9番人気の穴馬を3着に予想し馬券を買いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

紫苑ステークスでは、1~2番人気の信頼度は高そうです!

傾向④:【馬体重】から見る「紫苑ステークス」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
400~419kg 0- 1- 1- 7/ 9 0.0% 11.1% 22.2%
420~439kg 2- 1- 1- 31/ 35 5.7% 8.6% 11.4%
440~459kg 3- 5- 3- 43/ 54 5.6% 14.8% 20.4%
460~479kg 2- 1- 2- 35/ 40 5.0% 7.5% 12.5%
480~499kg 3- 2- 1- 11/ 17 17.6% 29.4% 35.3%
500~519kg 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
520~539kg 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%

過去10年の紫苑ステークスの馬体重別成績を調べると、馬体重500kg以上の大型馬は苦戦傾向にあることがわかります。

馬体重500kg以上の馬は、過去10年で1頭も連対していません。

そのため、紫苑ステークスでは馬体重500kg以上の馬は3着までで予想をする必要があります。

また、最も多く馬券に絡んでいたのは、馬体重440~459kgの馬でした。

馬体重440~459kgのやや小柄な馬が好成績を残しているので、紫苑ステークスでは大型馬よりも、小柄な馬に注目です。

男性
ウマダネ
編集長

やや小柄な馬でも評価を下げる必要はなさそうです!

傾向⑤:【脚質】から見る「紫苑ステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 2- 7/ 11 9.1% 18.2% 36.4%
先行 4- 3- 2- 23/ 32 12.5% 21.9% 28.1%
差し 4- 6- 6- 58/ 74 5.4% 13.5% 21.6%
追い込み 0- 0- 0- 46/ 46 0.0% 0.0% 0.0%
まくり 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%

過去10年の紫苑ステークスの脚質別成績を調べると、追い込み馬がかなり苦戦傾向にあることがわかりました。

過去10年で馬群の後方に位置していた馬は、1頭も馬券に絡んでいません。

直線の短い中山競馬場では後方一気は決まりにくいので、後方集団にいると巻き返しは厳しいと言えます。

また、逃げ馬が連対率18.2%・複勝率36.4%、先行馬が連対率21.9%・複勝率28.1%と好成績を残しているので、紫苑ステークスでは先行力を重視して予想を組み立てたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

後方一気の追い込みは不利で、逃げ・先行馬が活躍しています!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料