【スプリングステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

スプリングステークス ウマダネ 馬券予想

スプリングステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

皐月賞のトライアルレースであり、近年は荒れる重賞としても注目されています。

男性
ウマダネ
編集長

スプリングステークスで上位に入った馬は、皐月賞でも好走が期待できます!

今回は2023年スプリングステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「スプリングステークス」予想に使えるコースの特徴

スプリングステークス(G2)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 1800m
性齢 3歳牡馬・牝馬 負担重量 馬齢

スプリングステークスは、中山競馬場の芝1800mで施行され、内回りコースが使用されます。

スタート地点はスタンド前となり、コーナーを4度回るコースです。

そのため、スタミナを温存するために、内ラチ沿いをロスなく立ち回ることが重要になってきます。

また、スタートから最初のコーナーまでの距離は約200mしかないため、先行争いが激しくなる前にペースが落ち着く傾向も見られます。

スローペースを活かして、前半でスタミナを温存した逃げ・先行馬が上位を独占することも珍しくありません。

コーナーを4度回ることを考えても、外を回らされる差し・追い込み馬にとって厳しい展開となるので、本命馬は逃げ・先行馬の中から選ぶよう意識してください。

「スプリングステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 ビーアストニッシド 牡3 岩田康 5 7.0
2 8 12 アライバル 牡3 ルメール 2 5.0
3 3 3 サトノヘリオス 牡3 岩田望 6 12.0
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 14 ヴィクティファルス 牡3 池添 3 7.1
2 4 6 アサマノイタズラ 牡3 嶋田 7 21.2
3 6 10 ボーデン 牡3 川田 1 2.4
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 7 7 ガロアクリーク 牡3 ヒューイ 6 16.6
2 3 3 ヴェルトライゼンデ 牡3 池添 1 1.7
3 8 9 サクセッション 牡3 三浦 2 4.6

近年のスプリングステークスでは、中穴人気の馬が上位に食い込んでいます。

2022年のスプリングステークスは、5番人気だったビーアストニッシドが1着になり、6番人気のサトノヘリオスが3着に入りました。

また、2021年は7番人気アサマノイタズラが2着に入り、2020年は6番人気ガロアクリークが勝利しています。

近年は6~7番人気の好走率が高く、予想が難解なレースです。

過去3年の勝ち馬は全て3番人気以下と、上位人気馬の信頼度は高いとは言えません。

出走馬の過去のレースデータが少ない中でも、重賞で活躍できる実力があるかをしっかりと見極めて、好走が期待できる中穴人気の馬を狙いたいところです。

要チェック✓
●6~7番人気の好走率が高い
●過去3年の勝ち馬は全て3番人気以下

「スプリングステークス」過去10年のデータとレース傾向

スプリングステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、スプリングステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「スプリングステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1- 1- 1-13/16 6.3% 12.5% 18.8%
ロードカナロア 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
フジキセキ 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
ステイゴールド 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3%
ハーツクライ 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
キンシャサノキセキ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
ローエングリン 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ブラックタイド 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
クロフネ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
アメリカンペイトリオット 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年のスプリングステークスでの種牡馬別成績を調べると、最も馬券に絡んでいたのはディープインパクト産駒でした。

ただし、過去10年で16頭が出走し、連対率12.5%・複勝率18.8%と好走率は低いので、ディープインパクト産駒の評価を特別上げる必要はありません。

そこで注目したいの、ロードカナロア産駒が連対率66.7%・複勝率66.7%、フジキセキ産駒が連対率100%・複勝率100%と好成績を残していることです。

どちらも短距離路線で活躍馬を輩出している種牡馬ですが、スプリングステークスは小回りの中山競馬場で行われるため1800mという距離ながら、短距離馬でも活躍しやすいレースです。

中山競馬場の短い直線を活かして、そのままスピードで押し切れる短距離血統の馬にも注目してください。

男性
ウマダネ
編集長

短距離馬を多く輩出しているロードカナロアやフジキセキが良い成績を残しています!

傾向②:【枠順】から見る「スプリングステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 3- 2- 0- 7/12 25.0% 41.7% 41.7%
2枠 1- 0- 0-13/14 7.1% 7.1% 7.1%
3枠 1- 2- 1-10/14 7.1% 21.4% 28.6%
4枠 0- 3- 0-13/16 0.0% 18.8% 18.8%
5枠 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
6枠 1- 0- 4-14/19 5.3% 5.3% 26.3%
7枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%
8枠 2- 1- 4-13/20 10.0% 15.0% 35.0%

スプリングステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、1枠が連対率41.7%・複勝率41.7%と好成績を残していました。

スプリングステークスではコーナーを4度回ることになるので、内ラチ沿いをロスなく立ち回る内枠に注目です。

ただし、大外の8枠も連対率15.0%・複勝率35.0%と成績は悪くありません。

複勝率だけを見ると外枠もよく馬券に絡んでいるので、スプリングステークスではロスなく立ち回れる1枠を中心にしつつ、馬群で不利を受ける可能性の少ない8枠を相手に絡めたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

8枠も好成績を残しているので、大外だからという理由で人気馬を消すのは止めましょう!

傾向③:【人気】から見る「スプリングステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 4- 2- 2/ 10 20.0% 60.0% 80.0%
2番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
3番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
6番人気 1- 0- 3- 6/ 10 10.0% 10.0% 40.0%
7~9人気 0- 1- 1- 28/ 30 0.0% 3.3% 6.7%
10~12人気 1- 0- 1- 24/ 26 3.8% 3.8% 7.7%
13~15人気 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

スプリングステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率60.0%・複勝率80.0%と好成績を残していました。

1番人気は高確率で上位に入っているので、軸馬としての信頼度が高いと言えます。

ただし、2番人気は連対率20.0%・複勝率40.0%と成績はそれほど良いとは言えず、2番人気以下は混戦模様となっています。

特に5番人気から3頭の勝ち馬が出るなど、5~6番人気の活躍も目立つレースです。

そのため、スプリングステークスでは1番人気を軸にしつつ、5~6番人気の中穴を絡めていきたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

1番人気は信頼度が高いと言えます!
その一方で5~6番人気の好走率が高い点にも注目です!

傾向④:【馬体重】から見る「スプリングステークス」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1- 0- 2- 17/ 20 5.0% 5.0% 15.0%
460~479kg 4- 1- 3- 40/ 48 8.3% 10.4% 16.7%
480~499kg 3- 6- 2- 23/ 34 8.8% 26.5% 32.4%
500~519kg 1- 2- 2- 15/ 20 5.0% 15.0% 25.0%
520~539kg 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%

過去10年のスプリングステークスにおける馬体重別成績を調べると、馬体重480kg以上の馬が好成績を残していました。

特に好成績を残しているのは、 馬体重520~539kgの馬で連対率は25.0%、複勝率は37.5%です。

スプリングステークスが行われる中山競馬場は、最後の直線で急坂が待ち構えているタフなコースです。

そのため坂で失速しないパワーが求められ、馬格があることも重要となってくるので、スプリングステークスでは馬体重480kg以上の馬を狙うようにしてください。

男性
ウマダネ
編集長

中山競馬場のようなパワーが必要なコースでは、馬格も重要になってきます!

傾向⑤:【脚質】から見る「スプリングステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 0- 10/ 12 8.3% 16.7% 16.7%
先行 4- 4- 4- 24/ 36 11.1% 22.2% 33.3%
差し 4- 5- 4- 29/ 42 9.5% 21.4% 31.0%
追い込み 0- 0- 1- 37/ 38 0.0% 0.0% 2.6%
まくり 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0%

過去10年のスプリングステークスの脚質別成績を調べると、先行馬と差し馬が好成績を残していました。

先行馬は連対率22.2%・複勝率33.3%、差し馬は連対率21.4%・複勝率31.0%と過去10年の上位3着馬はほとんどが先行馬か差し馬となっています。

また、中山競馬場は直線が短いため、後方にいた馬は過去10年で1頭しか馬券に絡んでいません。

逃げ馬も最後の直線で捕まってしまうことが多く、スプリングステークスでは先行馬・差し馬を中心に馬券を買いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

逃げや追い込みなど、極端な脚質の馬が苦戦しています!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料