【天皇賞(春)2024予想】注目馬3頭+過去の傾向から導くデータ解析を無料公開

天皇賞(春)2024予想 馬券予想
天皇賞(春)2024予想

天皇賞(春)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。

JRAの平地G1としては最長距離の芝3200mで争われ、上位に入るためにはスタミナが必要な伝統の一戦となっています。

男性
ウマダネ
編集長

これまで数々の名ステイヤーたちによる熱戦が繰り広げられてきました!

今回は2024年天皇賞(春) へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

【この記事の監修者】
鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

山口県出身、1969年デイリースポーツ入社。入社後、岡部幸雄から始まり、蛯名正義、横山典弘などの騎手たちとの信頼関係を築く。その後、専門誌・馬三郎にて本紙予想担当。50年越えの競馬記者人生を通して、予想界の大御所と言われている。
Wikipedia

天皇賞(春)2024 出走馬情報

今年の天皇賞(春)で注目を集めているのは、昨年の菊花賞馬「ドゥレッツァ」です。

今年初戦の金鯱賞では惜しくも2着に敗れましたが、本来の得意な長距離レースとなると死角はないので、馬券の軸として信頼度も高いと言えます。

また、前哨戦の阪神大賞典を快勝した「テーオーロイヤル」にも注目です。

重賞3勝はいずれも3000m以上のレースと長距離を得意としているので、G1初制覇に期待が高まります。

その他、昨年の日本ダービー馬「タスティエーラ」、ダイヤモンドSで2着と好走した「サリエラ」なども出走予定です。

また、天皇賞で当てたい方は競馬予想サイトを利用することで勝率を間違いなく上げることが出来るので下記のサイトもチェックしてみてください。

【重賞2連続的中!】
天皇賞で当てたい人はトッカの予想で勝率アップ!
トッカ
回収率100%超えの無料予想が今すぐ見れる!

無料予想を見に行く

天皇賞(春)2024予想 注目馬3頭を紹介

今年の天皇賞(春)にも、長距離で実績を残しているステイヤーたちが出走を予定しています。

そこで、2024年天皇賞(春)に出走予定の注目馬をご紹介します。

天皇賞(春)の注目馬
●ドゥレッツァ
●テーオーロイヤル
●サリエラ

注目馬①:ドゥレッツァ

ドゥレッツァ
性齢 牡4歳
通算成績 7戦5勝
主な勝鞍 GⅠ・菊花賞
ドゥラメンテ
モアザンセイクリッド
母の父 More Than Ready

「ドゥレッツァ」は、ドゥラメンテ産駒の4歳牡馬です。

デビュー戦こそ惜しくも3着に敗れましたが、次の未勝利戦から一気に5連勝で、クラシック最後の一冠・菊花賞を制しました。

菊花賞後は長期休養を挟み、今年初戦には金鯱賞を選択。

単勝オッズ1.9倍の1番人気に支持されましたが、惜しくも2着に敗れる悔しい結果となりました。

しかし、前走は2000mという距離が敗因の一つだと考えられ、今回は得意な長距離戦なので変わり身が期待できます。

叩き2走目で状態も良いので、長距離G1・2勝目に期待です。

男性
ウマダネ
編集長

菊花賞を制しているので、天皇賞(春)は絶好の舞台です!

注目馬②:テーオーロイヤル

テーオーロイヤル
性齢 牡6歳
通算成績 17戦7勝
主な勝鞍 GⅡ・阪神大賞典
GⅢ・ダイヤモンドS
リオンディーズ
メイショウオウヒ
母の父 マンハッタンカフェ

「テーオーロイヤル」は、リオンディーズ産駒の6歳牡馬です。

3000m以上の長距離レースを得意としていて、2022年天皇賞(春)では3着に入った実績があります。

昨年秋からさらに充実期を迎えていて、近走2走は連勝中と勢いに乗っています。

重賞3勝はいずれも3000m以上のレースであり、現役馬の中でも屈指のスタミナを誇ることは間違いありません。

長距離適性の高い点は大きな武器となるので、今年の天皇賞(春)でも注目の一頭です。

男性
ウマダネ
編集長

前走よりも調子は上がっていて、初のG1制覇に期待が高まります!

注目馬③:サリエラ

サリエラ
性齢 牝5歳
通算成績 8戦3勝
主な勝鞍 OP・白富士S
ディープインパクト
サロミナ
母の父 Lomitas

「サリエラ」は、ディープインパクト 産駒の5歳牝馬です。

兄に朝日杯FSを制したサリオス、姉に有馬記念やエリザベス女王杯で2着に入ったサラキアがいます。

本馬もデビュー戦では2着に3馬身差をつける勝ちっぷりを見せると、デビューからわずか3戦目にG2・ローズSで2着に入る活躍を見せました。

古馬になった昨年は目黒記念で3着に入り、さらに前走のダイヤモンドSでも2着と好走しています。

ダイヤモンドSは初の3000m以上のレースとなりましたが、長距離にも難なく対応しました。

一度3000m以上のレースを経験したことは大きなプラス材料であり、前走からさらにパフォーマンスを上げることが期待できそうです。

男性
ウマダネ
編集長

武豊騎手との新コンビにも注目です!

天皇賞(春)2024予想 コースの特徴

天皇賞(春)(G1)
競馬場 京都競馬場 コース 芝 3200m
性齢 4歳以上 負担重量 定量

京都競馬場の芝3200mはバックストレッチからのスタートとなり、最初のコーナーまでは417mあります。

最初のコーナーまでの距離が長く、また長丁場であることを意識して、先頭争いは早めに落ち着く傾向があり、基本的にはスローペースになりやすいコースです。

ただし、2回目の坂の上りあたりからペースが速くなり、本当に実力がある馬でないと逃げ切ることはできません。

また、最後の直線での一気の追い込みも難しく、第3コーナー付近からのペースアップに対応し、直線を迎えるまでにポジションを上げることも重要になってきます。

さらに有名な淀の坂を2回越えなければいけないコース形態であり、豊富なスタミナがなければ上位に食い込むことが難しいコースです。

天皇賞(春)2024予想 過去3年のレース結果

2023年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 ジャスティンパレス 牡4 ルメール 2 4.3
2 4 7 ディープボンド 牡6 和田竜 5 22.5
3 8 16 シルヴァーソニック 牡7 レーン 6 22.5
2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 16 タイトルホルダー 牡4 横山和 2 4.9
2 8 18 ディープボンド 牡5 和田竜 1 2.1
3 4 7 テーオーロイヤル 牡4 菱田 4 9.9
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 ワールドプレミア 牡5 福永 3 5.2
2 6 12 ディープボンド 牡4 和田竜 1 3.6
3 2 3 カレンブーケドール 牝5 戸崎圭 4 7.3

過去3年の天皇賞(春)では、上位人気馬が好走する傾向が見られます。

2023の天皇賞(春)は、1番人気タイトルホルダーが競走中止となるアクシデントがありましたが、2番人気ジャスティンパレスが早め先頭で抜け出して完勝しました。

さらに、2022年の天皇賞(春)では2番人気タイトルホルダーがハナを切ったまま後続を寄せ付けず1着になり、2着には1番人気ディープボンドが入っています。

近年3年の勝ち馬はいずれも3番人気以内であり、3連単も10万円以上の配当は飛び出していません。

天皇賞(春)で上位人気になる馬は長距離重賞で既に実績を残しているので、信頼度は高いと言えそうです。

要チェック✓
●近年3年の勝ち馬はいずれも3番人気以内
●近年3年で3連単10万円以上の配当なし

天皇賞(春)2024予想 過去10年のデータとレース傾向

天皇賞(春)で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、天皇賞(春)の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「天皇賞(春)」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4- 1- 2-24/31 12.9% 16.1% 22.6%
ステイゴールド 3- 1- 1-10/15 20.0% 26.7% 33.3%
ブラックタイド 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 0- 5- 2-15/22 0.0% 22.7% 31.8%
キズナ 0- 3- 0- 0/ 3 0.0% 100.0% 100.0%
オルフェーヴル 0- 0- 1-11/12 0.0% 0.0% 8.3%
ディープスカイ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
マーベラスサンデー 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
リオンディーズ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

過去10年の天皇賞(春)での種牡馬別成績を調べると、ステイゴールドが3頭の勝ち馬を輩出し、連対率26.7%・複勝率33.3%と好成績を残していました。

10年連続でリーディングサイアーを獲得したディープインパクトを上回る成績となっているので、ステイゴールド産駒が長距離戦を得意としていることがわかります。

また、ディープインパクトも4頭の勝ち馬を輩出していて、天皇賞(春)でも無視できない種牡馬です。

さらに過去10年の勝ち馬のうち9頭は祖父がサンデーサイレンスとなっているので、天皇賞(春)では日本競馬の主流のサンデーサイレンス系を頭で狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

スタミナやパワーが要求される過酷な長距離戦では、心肺機能に優れているステイゴールド産駒に注目です!

傾向②:【枠順】から見る「天皇賞(春)」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 4- 0- 1-13/18 22.2% 22.2% 27.8%
2枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7%
3枠 0- 1- 1-17/19 0.0% 5.3% 10.5%
4枠 1- 2- 4-13/20 5.0% 15.0% 35.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 3- 1-15/20 5.0% 20.0% 25.0%
7枠 1- 1- 0-21/23 4.3% 8.7% 8.7%
8枠 2- 1- 2-23/28 7.1% 10.7% 17.9%

天皇賞(春)の過去10年の枠番別成績を調べると、1枠が連対率22.2%・複勝率27.8%と好成績を残していました。

天皇賞(春)は3200mとG1レースの中でも最も長い距離のレースであり、上位に食い込むためには内ラチ沿いをロスなく立ち回る必要があります。

逆に、外枠の7枠と8枠は苦戦傾向にあります。

いかにコーナーでロスなく立ち回り、スタミナを温存するかがポイントになるので、内枠の馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

コーナーで外を回らされるとスタミナを消費してしまうので、内ラチ沿いをロスなく立ち回れる内枠が有利です!

傾向③:【人気】から見る「天皇賞(春)」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 0- 4/ 10 30.0% 60.0% 60.0%
2番人気 5- 0- 1- 4/ 10 50.0% 50.0% 60.0%
3番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1- 1- 4- 4/ 10 10.0% 20.0% 60.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7~9人気 0- 1- 1- 28/ 30 0.0% 3.3% 6.7%
10~12人気 0- 1- 2- 27/ 30 0.0% 3.3% 10.0%
13~15人気 0- 1- 0- 26/ 27 0.0% 3.7% 3.7%
16~18人気 0- 0- 0- 19/ 19 0.0% 0.0% 0.00%

天皇賞(春)の過去10年の単勝人気別成績を調べると、過去10年の勝ち馬は全て4番人気以内となっていました。

4番人気でも複勝率は60.0%と良い成績を残しているので、天皇賞(春)では4番人気以内の馬から本命馬を選びたいところです。

また、10人気以下の大穴が過去10年で4頭も馬券に絡んでいる点は見逃せません。

天皇賞(春)はJRA平地G1の中で最も長い距離のレースなので、実力が足りない穴馬でも、距離適性が合えば上位に食い込むことがあります。

長距離適性の高さを見極めて、スタミナに優れた人気薄の穴馬がいれば、積極的に馬券に絡めたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

4番人気以内が上位を占める一方で、10番人気以下もよく馬券に絡んでいました!

傾向④:【馬齢】から見る「天皇賞(春)」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 2- 4- 30/ 40 10.0% 15.0% 25.0%
5歳 5- 3- 1- 38/ 47 10.6% 17.0% 19.1%
6歳 1- 4- 2- 33/ 40 2.5% 12.5% 17.5%
7歳 0- 0- 3- 19/ 22 0.0% 0.0% 13.6%
8歳 0- 1- 0- 13/ 14 0.0% 7.1% 7.1%

過去10年の天皇賞(春)における年齢別成績を調べると、年齢の若い馬が好成績を残す傾向が見られました。

特に良い成績を残していたのは4歳馬で、連対率は15.0%、複勝率は25.0%です。

複勝率は若い順に高い数字となっているので、天皇賞(春)では若い馬の評価を上げる必要があります。

また、7歳以上の馬は過去10年で1頭しか連対していません。

天皇賞(春)で軸馬を選ぶときは、少なくとも6歳以下の馬から選びたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年の勝ち馬は全て4~6歳馬でした!

傾向⑤:【脚質】から見る「天皇賞(春)」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2- 0- 0- 10/ 12 16.7% 16.7% 16.7%
先行 4- 8- 5- 20/ 37 10.8% 32.4% 45.9%
差し 3- 2- 5- 66/ 76 3.9% 6.6% 13.2%
追い込み 0- 0- 0- 39/ 39 0.0% 0.0% 0.0%
まくり 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年の天皇賞(春)の脚質別成績を調べると、先行馬が連対率32.4%・複勝率45.9%と好成績を残していました。

天皇賞(春)は3200mのタフなレースなので、後方にいてもスタミナを消耗し、最後の直線での追い込みは難しくなります。

また、過去10年で追い込み馬は一度も馬券に絡めていない状況で、上位に入るためには最後の直線までに先頭集団にいることが重要です。

さらに、2022年はタイトルホルダーが圧巻の走りで逃げ切り勝利を果たしましたが、逃げ馬についても過酷なレースと言えます。

天皇賞(春)では先頭集団付近で脚を溜めて、最後の直線へ向けてじわじわとポジションを上げられる馬が狙い目です。

男性
ウマダネ
編集長

長距離レースでは折り合い面も重要になるので、先頭集団でしっかりと折り合える気性も大事です!

当日の京都競馬場の天気と馬場状態

当日の天気 馬場状態

4月28日の京都競馬場の天気予報は、「曇り時々晴れ」です。

当日の降水確率は高くはなく、乾いた馬場状態での開催となります。

先週から引き続きAコースが使用されますが、芝の生育は順調で良好な状態を維持しています。

天皇賞(春)は3200mという長距離レースのG1であり、芝の状態も良いので内ラチ沿いをロスなく立ち回ってスタミナを温存することが重要です。

外を回らされては長丁場の天皇賞(春)を乗り切ることは難しく、内ラチ沿いでしっかりと我慢ができる馬を狙いたいところです。

要チェック✓
●乾いた馬場状態での開催
●芝の生育は順調で良好な状態を維持
●内ラチ沿いをロスなく立ち回ることが重要

ウマダネが真剣予想!「天皇賞(春)」追いきり好調馬BEST3

馬券を当てるためには、調教で出走馬の調子を見極めることが大切です。

ここでは、ウマダネ独自の視点で出走馬の調教診断を行っています。

調教タイムや雰囲気から、各馬の状態・本気度を的確に判断するので、是非予想の参考にしてください。

調教診断BEST3
【A評価】サヴォーナ
【A評価】タスティエーラ
【A評価】ドゥレッツァ

調教診断【A】:サヴォーナ

年月日 調教コース 6F 5F 4F 3F 2F 1F
前回連対時 2024.1.10(水) 栗東 CW 100.7 84.5 67.6 49.1 31.4 15.8
今回 2024.4.24(水) 栗東 CW 82.6 67.1 52.4 37.5 23.5 11.7

昨年の菊花賞で5着に入った「サヴォーナ」は、4月24日に栗東CWコースで追い切りを行い、6ハロン82.6秒-11.7秒をマークしました。

ダイナミックなフォームで力強く加速し、時計以上に迫力のある走りを披露しています。

追い切りに騎乗した池添騎手も「一杯にやらなくても、馬ができあがっている。とてもいい動き。良かったと思う」と満足そうに振り返っていました。

昨秋は神戸新聞杯2着、菊花賞5着など一線級と上位争いをしているので、大一番で活躍も期待できそうです。

調教診断【A】:タスティエーラ

年月日 調教コース 4F 3F 2F 1F
前回連対時 2023.10.17(火) 美浦 坂路 65.5 48.7 31.9 15.9
今回 2024.4.24(水) 美浦 坂路 55.5 40.4 25.4 12.4

昨年の日本ダービー馬「タスティエーラ」は、4月24日に美浦坂路で追い切りを行い、4ハロン55.5秒-12.4秒をマークしました。

4馬身追走から楽に併入へと持ち込み、リズム良く坂路を駆け上がりました。

堀調教師は「在厩続戦で、先週しっかり追ったので直前は微調整程度。ラスト2Fを併せたがリズムはよく、全部吐き出さずに8分くらいの力で伸ばした。余力をもってこなしていたし、息も良かった」と自信を覗かせていました。

大阪杯からさらに調子を上げているので、巻き返しも十分期待できそうです。

調教診断【A】:ドゥレッツァ

年月日 調教コース 6F 5F 4F 3F 2F 1F
前回連対時 2024.3.6(水) 美浦 W 83.2 66.5 51.5 36.6 23.3 11.4
今回 2024.4.24(水) 栗東 CW 81.9 66.5 52.0 37.3 23.8 11.7

昨年の菊花賞で圧巻のパフォーマンスを見せた「ドゥレッツァ」は、4月24日に栗東CWコースで追い切りを行い、6ハロン81.9秒-11.7秒をマークしました。

ラスト1ハロンで仕掛けられると鋭い反応を見せ、抜群の動きを披露しています。

尾関調教師は「栗東の環境にも慣れて今朝の時計も予定通り。道中の力みが取れて馬は良くなっていますね。距離が延びるのはプラスとは思っていないけど、良馬場で競馬ができそうですし、いい状態で出走できますから」と状態の良さをアピール。

G1・2勝目へ向けて不安材料はなく、得意の長距離戦なら前走からのさらにパフォーマンスを上げることが予想されます。

【直前情報】レース展望と最終推奨馬

今年の天皇賞(春)で馬券の軸にしたいのは、昨年の菊花賞馬「ドゥレッツァ」です。

前走の金鯱賞では敗れてしまいましたが、今回が叩き2走目で調子は上向いていて、本来の得意な長距離戦なら上位に入る可能性は高いと言えます。

また、ダイヤモンドSで2着に入った「サリエラ」にも注目です。

初の3400mでも難なく対応した点は大きなプラス材料であり、スタミナ豊富な一面を披露しているので長距離G1でも好走が期待できます。

その他、昨年の日本ダービー馬で菊花賞でも2着に入った実績がある「タスティエーラ」、前哨戦の阪神大賞典で3着と好走している「ブローザホーン」なども馬券に絡めたいところです。

「天皇賞(春)」ウマダネの馬券予想

2024年天皇賞(春)のウマダネの予想印や買い目は、下記のとおりです。

馬番 予想印 馬名
6 12 ドゥレッツァ
1 1 サリエラ
4 7 タスティエーラ
3 5 ブローザホーン
7 14 テーオーロイヤル
3 6 ディープボンド

【馬連ボックス】
1.5.6.7.12.14
15通り各100円

【馬単軸1頭流しマルチ】
軸馬:12
相手:1.5.6.7.14
10通り各100円

【三連単フォーメーション】
1着:1.12
2着:1.5.7.12.14
3着:1.5.6.7.12.14
32通り各100円

本物の信頼できる競馬予想サイト