【チューリップ賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

ウマダネ チューリップ賞 予想

チューリップ賞は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

牝馬クラシックの第一弾・桜花賞のトライアルレースであり、チューリップ賞の多くの勝ち馬が桜花賞でも好走しています。

男性
ウマダネ
編集長

桜花賞と同じ舞台で行われるので、桜花賞へ向けて非常に重要な一戦です!

今回は2023年チューリップ賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「チューリップ賞」予想に使えるコースの特徴

チューリップ賞(G3)
競馬場 阪神競馬場 コース 芝 1600m
性齢 3歳 負担重量 馬齢

チューリップ賞は阪神競馬場の芝1600mで施行され、外回りコースが使用されます。

向正面からのスタートとなり、スタートと最初のコーナー間での距離は444mと長く、枠順の有利不利があまり見られないコースです。

改修前はパワーを要求されることが多かったコースですが、改修後は瞬発力が重要になり、上がり勝負のレース傾向が見られます。

外差しが決まることも多く、ラスト3ハロンで切れる末脚を発揮できるかがポイントになります。

特に良馬場となるとその傾向が顕著なので、前走で速い上がりタイムを出している馬を狙いたいところです。

「チューリップ賞」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 6 ナミュール 牝3 横山武 1 2.2
2 1 1 ピンハイ 牝3 高倉 13 229.8
3 2 3 サークルオブライフ 牝3 Mデム 2 3.3
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 メイケイエール 牝3 武豊 1 1.6
1 5 5 エリザベスタワー 牝3 川田 3 8.0
3 2 2 ストゥーティ 牝3 松山 4 8.4
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 13 マルターズディオサ 牝3 田辺 4 15.3
2 1 1 クラヴァシュドール 牝3 Mデム 2 4.9
3 3 4 レシステンシア 牝3 北村友 1 1.4

近年のチューリップ賞では1番人気が実力を発揮し、しっかりと馬券圏内に入っています。

2022年のチューリップ賞は1番人気ナミュールが人気に応えて1着となり、2021年のチューリップ賞も1番人気メイケイエールが勝利しました。

2年連続で1番人気が勝っていて、近年の傾向から考えると、チューリップ賞では1番人気は無視できません。

また、過去3年の3連単の配当を見ると、2022年は2着に13番人気ピンハイが食い込んで、3連単は258,360円と高配当になりました。

ただし、2020年と2019年は堅い決着になっていて、上位人気馬が好走しやすいレースです。

チューリップ賞が行われる阪神芝1600mは、直線距離は473.6mと長く、人気馬が力を発揮しやすいコースなので本命馬は上位人気馬から選びたいところです。

要チェック✓
●2年連続で1番人気が勝利
●チューリップ賞が行われる阪神芝1600mは人気馬が実力を発揮しやすいコース!

「チューリップ賞」過去10年のデータとレース傾向

チューリップ賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、チューリップ賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「チューリップ賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3- 2- 3-23/31 9.7% 16.1% 25.8%
ステイゴールド 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
ミッキーアイル 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
ハービンジャー 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
キズナ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
クロフネ 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
Frankel 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
オルフェーヴル 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
Kingman 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ダイワメジャー 0- 2- 1- 7/10 0.0% 20.0% 30.0%

過去10年のチューリップ賞での種牡馬別成績を調べると、最も多く勝ち馬を輩出していたのはディープインパクトでした。

瞬発力を武器にしているディープインパクト産駒は、外差しが決まりやすい阪神芝1600mで好成績を残しているので無視できない存在です。

また、過去10年で勝ち馬は出ていませんが、ダイワメジャー産駒が2着2回、3着1回と比較的多く馬券圏内に入っていました。

さらに、2022年のチューリップ賞の勝ち馬ナミュールはハービンジャー産駒ですが、母父がダイワメジャーです。

ダイワメジャー産駒は仕上がりが速く3歳前半のレースに強いので、ダイワメジャーの血が入っている馬も積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

末脚勝負型の産駒が多いディープインパクトは阪神マイルとの相性が抜群です!

傾向②:【枠順】から見る「チューリップ賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 3- 0- 7/12 16.7% 41.7% 41.7%
2枠 0- 0- 2-12/14 0.0% 0.0% 14.3%
3枠 1- 0- 2-12/15 6.7% 6.7% 20.0%
4枠 2- 1- 2-12/17 11.8% 17.6% 29.4%
5枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
6枠 1- 1- 0-17/19 5.3% 10.5% 10.5%
7枠 2- 1- 0-17/20 10.0% 15.0% 15.0%
8枠 1- 2- 3-15/21 4.8% 14.3% 28.6%

チューリップ賞の過去10年の枠番別成績を調べると、最内枠がかなりの好成績を残していました。

最内の1枠は、連対率41.7%・複勝率41.7%と高確率で馬券に絡んでいます。

ただし内枠が好成績を残す一方で、大外の8枠も14.3%・複勝率28.6%と良い成績を残しています。

阪神マイルは内枠も外枠も実力を発揮できるコースであり、枠順によって予想を大きく変える必要はありません。

チューリップ賞では枠順に囚われることなく、純粋に出走馬の能力を比較することが大切です。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年で2枠以外の枠から万遍なく勝ち馬が出ています!

傾向③:【人気】から見る「チューリップ賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6- 1- 1- 2/ 10 60.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1- 1- 4- 4/ 10 10.0% 20.0% 60.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7~9人気 0- 3- 1- 26/ 30 0.0% 10.0% 13.3%
10~12人気 0- 0- 1- 27/ 28 0.0% 0.0% 3.6%
13~15人気 0- 1- 0- 15/ 16 0.0% 6.3% 6.3%
16~18人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

チューリップ賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率70.0%、複勝率80.0%と高確率で馬券に絡んでいました。

また、2番人気も複勝率60.0%と好走していて、チューリップ賞は1~2番人気が上位に入りやすいレースと言えます。

反対に過去10年で10番人気以下の馬が3着以内に入ったのは2頭のみで、チューリップ賞では人気薄の馬が苦戦しています。

そのためチューリップ賞では高配当を狙って、人気馬を軽視するのは禁物です。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年の勝ち馬は全て5番人気以内です!
6番人気以下からは勝ち馬が出ていません!

傾向④:【馬体重】から見る「チューリップ賞」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
~399kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
400~419kg 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
420~439kg 2- 4- 5- 27/ 38 5.3% 15.8% 28.9%
440~459kg 1- 2- 0- 31/ 34 2.9% 8.8% 8.8%
460~479kg 6- 0- 2- 25/ 33 18.2% 18.2% 24.2%
480~499kg 1- 2- 3- 9/ 15 6.7% 20.0% 40.0%
500~519kg 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%

過去10年のチューリップ賞における馬体重別成績を調べると、6頭の勝ち馬が馬体重460~479kgとなっていました。

勝率も18.2%と高く、頭で馬券を買うなら馬体重460~479kgの馬を狙いところです。

また、高確率で馬券に絡んでいたのは馬体重480~499kgで、連対率20.0%・複勝率40.0%となっていました。

チューリップ賞では馬体重460~499kgの馬の評価を上げるようにしてください。

男性
ウマダネ
編集長

馬体重419kg以下の小柄な牝馬は苦戦傾向にあります!

傾向⑤:【脚質】から見る「チューリップ賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 4- 5/ 10 10.0% 10.0% 50.0%
先行 5- 3- 4- 21/ 33 15.2% 24.2% 36.4%
差し 3- 2- 1- 45/ 51 5.9% 9.8% 11.8%
追い込み 2- 4- 1- 36/ 43 4.7% 14.0% 16.3%

過去10年のチューリップ賞の脚質別成績を調べると、先行馬が連対率24.2%・複勝率36.4%と好成績を残していました。

また、逃げ馬も複勝率50.0%と高確率で馬券に絡んでいて、チューリップ賞では逃げ・先行勢が好走していることがわかります。

阪神芝1600mは外差しが決まりやすく、差し馬が活躍しやすいコースですが、スローペースとなれば逃げ・先行馬が有利です。

チューリップ賞の予想をするときは、前目の好ポジションでレースを進められる馬を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

意外にも逃げ・先行馬が好成績!
人気馬が差し馬ばかりのときは、人気薄の逃げ・先行馬を狙いたいところです!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料