【弥生賞2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

ウマダネ 弥生賞 予想

弥生賞は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

皐月賞の前哨戦に位置付けられていて、クラシックを見据えた有力馬が集結する注目のレースです。

男性
ウマダネ
編集長

3着以内馬に皐月賞の優先出走権が与えられます!

今回は2023年弥生賞へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

「弥生賞」予想に使えるコースの特徴

弥生賞(G2)
競馬場 中山競馬場 コース 芝 2000m
性齢 3歳 負担重量 馬齢

弥生賞は、クラシック1冠目の皐月賞と同じ中山競馬場の芝2000mで施行され、内回りコースが使用されます。

スタート地点はホームストレッチの入り口付近で、1コーナーまでは約400mもあることから、先頭争いが激しくなってハイペースとなりやすいのが特徴です。

また、最後の直線は310mと短く、内回りコースは2コーナーと3コーナーのカーブがかなりタイトなため、内ラチ沿いをロスなく立ち回った逃げ馬が有利なコースです。

さらに、2度の坂越えがあるので、スピードよりもスタミナやパワーが求められます。

内枠の有利を活かして人気薄の逃げ・先行馬が上位に残る傾向も見られ、軽視されている内枠の逃げ・先行馬に注目です。

「弥生賞」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 8 10 アスクビクターモア 牡3 田辺 3 6.7
2 6 7 ドウデュース 牡3 武豊 1 2.2
3 6 6 ボーンディスウェイ 牡3 石橋脩 9 25.5
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 4 タイトルホルダー 牡3 横山武 4 17.9
2 8 10 シュネルマイスター 牡3 ルメール 2 4.9
3 2 2 ダノンザキッド 牡3 川田 1 1.3
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 1 サトノフラッグ 牡3 武豊 2 2.8
2 7 8 ワーケア 牡3 ルメール 1 2.5
3 8 10 オーソリティ 牡3 ヒューイ 3 3.9

近年の弥生賞では、上位人気の馬がしっかりと馬券に絡む傾向が見られます。

2022年の弥生賞は3番人気アスクビクターモアが2番手追走から抜け出し、1番人気ドウデュースの追撃を抑えて勝利しました。

また、2021年の弥生賞は4番人気タイトルホルダーが見事な逃げ切り勝ち。2着は2番人気シュネルマイスター、3着は1番人気ダノンザキッドが入って、3連単の配当は23,580円と堅い決着になっています。

さらに、2020年の弥生賞でも、上位を1~3番人気が独占。3連単の配当は1,510円と低配当です。

弥生賞にはクラシックで活躍が期待される素質馬が出走し、上位人気になる馬は世代を代表する実力馬です。

そのため、他馬から実力が抜け出している人気サイドでの決着になりやすく、3連単の配当が低くなる可能性があることも頭に入れておいてください。

要チェック✓
●1番人気は3年連続で馬券圏内
●近年3年は人気サイドでの決着

「弥生賞」過去10年のデータとレース傾向

弥生賞で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、弥生賞の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「弥生賞」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 7- 1- 1- 8/17 41.2% 47.1% 52.9%
キングカメハメハ 1- 1- 2- 7/11 9.1% 18.2% 36.4%
ドゥラメンテ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
Marju 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ハーツクライ 0- 5- 1- 5/11 0.0% 45.5% 54.5%
ネオユニヴァース 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0%
Kingman 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ルーラーシップ 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
オルフェーヴル 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
ヴィクトワールピサ 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%

過去10年の弥生賞での種牡馬別成績を調べると、ディープインパクトが驚異的な成績を残していました。

弥生賞の過去10年の勝ち馬10頭のうち、なんと7頭がディープインパクト産駒です。

ディープインパクトはクラシックでの活躍馬を多く輩出しているので、前哨戦の弥生賞でも注目したい種牡馬です。

また、勝ち馬こそ出ていませんが、連対率45.5%・複勝率54.5%と好成績を残しているのがハーツクライ産駒です。

ハーツクライは自身が誇った高い中長距離適性を確実に産駒に伝えている種牡馬なので、中山芝2000mが舞台の弥生賞では評価を上げるようにしてください。

男性
ウマダネ
編集長

クラシックに強いディープインパクト産駒!
皐月賞の前哨戦の弥生賞から、既に注目しておきたいですね!

傾向②:【枠順】から見る「弥生賞」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
2枠 0- 0- 2- 8/10 0.0% 0.0% 20.0%
3枠 0- 0- 3- 7/10 0.0% 0.0% 30.0%
4枠 2- 1- 2- 6/11 18.2% 27.3% 45.5%
5枠 0- 2- 0-12/14 0.0% 14.3% 14.3%
6枠 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
7枠 1- 5- 1-13/20 5.0% 30.0% 35.0%
8枠 5- 1- 1-13/20 25.0% 30.0% 35.0%

弥生賞の過去10年の枠番別成績を調べると、4枠が連対率27.3%・複勝率45.5%と好成績を残していました。

また、3枠も複勝率30.0%と高確率で馬券に絡んでいるので、弥生賞では3~4枠の馬に注目したいところです。

さらに、意外にも良い成績を残していたのが大外の8枠です。

過去10年のうち5頭の勝ち馬が8枠で、連対率30.0%・複勝率35.0%と良い成績を残していました。

ただし、これは近年の弥生賞が少頭数になっていることも理由として挙げられます。

最近は出走頭数が10~11頭ほどになることが多く、大外枠でもそこまで距離のロスを強いられることはありません。

そのため、弥生賞では出走頭数にも注目しながら、頭数が少なれば大外枠にも警戒したいところです。

男性
ウマダネ
編集長

意外にも1枠の成績が良くありません!
やや内寄りの3~4枠の馬に注目です!

傾向③:【人気】から見る「弥生賞」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 3- 1- 3/ 10 30.0% 60.0% 70.0%
2番人気 3- 2- 2- 3/ 10 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
5番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
7~9人気 1- 1- 1- 27/ 30 3.3% 6.7% 10.0%
10~12人気 0- 1- 1- 19/ 21 0.0% 4.8% 9.5%
13~15人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

弥生賞の過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気が連対率60.0%・複勝率70.0%、2番人気が連対率50.0%・複勝率70.0%と好成績を残していました。

弥生賞では1~2番人気の馬は、素直に馬券に絡めておきたいところです。

ただし6~9番人気から2頭の勝ち馬が出ていて、高配当になっているケースも見られます。

2019年の弥生賞では雨で重馬場となったことも影響して、高配当が飛び出しました。

当日の馬場状態にも注目しながら、人気馬が実力を発揮できそうな状況であれば、1~2番人気を中心に馬券を買うように意識してみてください。

男性
ウマダネ
編集長

1~2番人気を馬券の軸にしながら、紐荒れを狙っていきましょう!

傾向④:【馬体重】から見る「弥生賞」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1- 2- 1- 14/ 18 5.6% 16.7% 22.2%
460~479kg 3- 0- 1- 18/ 22 13.6% 13.6% 18.2%
480~499kg 4- 6- 5- 28/ 43 9.3% 23.3% 34.9%
500~519kg 2- 2- 2- 12/ 18 11.1% 22.2% 33.3%
520~539kg 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
540~ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

過去10年の弥生賞における馬体重別成績を調べると、480~499kgの馬が連対率23.3%・複勝率34.9%と好成績を残していました。

また、次に良い成績を残していたのが500~519kgの馬で連対率は22.2%、複勝率は33.3%です。

弥生賞が行われる中山競馬場はタフなコースでパワーも要求されるため、480kg以上の馬格のある馬が好走しやすいコースです。

弥生賞の予想をするときには馬体重もチェックし、480~519kgの馬を積極的に狙いましょう。

男性
ウマダネ
編集長

439kg以下の小柄な馬は過去10年で一度も馬券に絡んでいません!

傾向⑤:【脚質】から見る「弥生賞」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
先行 6- 4- 6- 22/ 38 15.8% 26.3% 42.1%
差し 3- 3- 3- 21/ 30 10.0% 20.0% 30.0%
追い込み 0- 2- 1- 29/ 32 0.0% 6.3% 9.4%
まくり 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の弥生賞の脚質別成績を調べると、先行馬が連対率26.3%・複勝率42.1%と高確率で馬券に絡んでいました。

中山競馬場の最後の直線は310mと短いため、上位に入るためには最終コーナーで前にいる必要があります。

方にいた追い込み馬は過去10年で連対率6.3%・複勝率9.4%とかなり苦戦傾向で、最後の直線での後方一気はほとんど決まりません。

スタートの苦手な馬やテンの遅い馬は避け、スタート直後から前目の好ポジションに付けられる馬を狙いましょう。

男性
ウマダネ
編集長

中山競馬場の全体のサイズは「ローカル場を少し大きくした程度」なので、最後の直線までに先行集団にいることが大事です!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料