気になる!?JRA競馬の3大ネット購入システムを徹底比較&検証

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
競馬 ネット購入 比較

今まで馬券を購入する際は基本が競馬場に足を運ぶか、ウィンズにて購入が主流でした。

しかし、今では「新型コロナウイルス」の影響もあり、無観客競馬で馬券の購入もネット購入が主流に変わりました。一口にネット購入と言ってもいくつか種類があります。例えば地方競馬をメインに扱うオッズパークやSPAT4など…地方競馬だけでも複数存在するのです。

ここまで、数が存在すると「どれを使おう」だとか「どこが一番使いやすい」だとかなかなか迷ってしまい、選びにくくなります。

なので今回、ネット購入の主流と言ってもよい、JRAのネット購入システムである「即PAT」「A-PAT」「JRAダイレクト」の3つをあらゆる面から比較していきたいと思います。

あしたの万馬券

1:JRAネット購入システムを10の視点から比較

比較表

まずは分かりやすく10の項目に分けてそれぞれを比較していきます。

1-1:新規申し込みできる時間

即PAT・馬券の発売時間帯のみ新規申し込み可能
A-PAT・常時
JRAダイレクト・馬券の発売時間帯のみ新規申し込み可能

1-2:利用までの期間

即PAT・登録当日から投票可能
A-PAT・約2ヶ月から4ヶ月
JRAダイレクト・登録当日から投票可能

1-3:決済口座

即PAT・JRA指定の普通口座
A-PAT・JRA指定の専用口座
JRAダイレクト・クレカの引落し口座

関連記事:JRA即PATやるならジャパンネット銀行!口座開設方法と4つのメリット

1-4:発売開始時刻

即PAT・金曜の18:30
A-PAT・土曜の07:00
JRAダイレクト・金曜の18:30

関連記事:JRAの競馬ネット購入!購入時間早見表!

1-5:登録方法

即PAT・インターネット(スマホ・パソコン・携帯)
A-PAT・インターネットor電話
JRAダイレクト・インターネット(パソコン)

1-6:発売締切時刻

即PAT・各レース発走時刻の1分前
A-PAT・各レース発走時刻の1分前
JRAダイレクト・クレカの引落し口座

1-7:システム利用料

即PAT・なし
A-PAT・なし
JRAダイレクト・100円(税込)/回

1-8:購入回数

即PAT・300回/節
A-PAT・300回/節
JRAダイレクト・3回/日

1-9:1回辺りの最低購入金額

即PAT・100円/回
A-PAT・100円/回
JRAダイレクト・1000円/回

1-10:1ヶ月の利用限度

即PAT・制限なし
A-PAT・制限なし
JRAダイレクト・50,000円/月

あしたの万馬券

2:各JRAネット購入システムを説明

ここまで、3つの購入システムを表にして各、情報を記載し、比較しました。

ここでは各システムの細かい特徴などをご紹介していきます。

2-1:即PAT

即PAT

即PATは、馬券購入する際にパソコン・スマホ・携帯からインターネット経由でどこからでも投票できるシステムで、会員登録は無料です。特に、別途料金を支払う必要がありません。

JRAが指定する銀行口座を持っている方なら申し込んだ後にすぐ投票できるところも大きな特徴になります。発売開始時刻は金曜日の18:30からとなり、発走の1分前まで投票可能です。

馬券の発売中にリアルタイムで入金出金が可能なので、的中した場合すぐに口座に入金が可能ですし、最初に入金した分が無くなった場合にも、口座の登録際していれば出金も可能という便利さがあります。

上の表にもあるように購入の限度回数も300回で利用限度額も制限なく、地方競馬や海外競馬も対応しているのでほとんどのレースに参加可能です。

投票の金額も100円から馬券投票ができるので、競馬の初心者でまだ少し不安を感じる方でも100円から投票できるので3つの中でも一番、ポピュラーな存在です。

関連記事:コロナウイルスに負けるな!即PATを登録して競馬を家で楽しむ方法

2-2:A-PAT

A-PAT

A-PATは、JRAが指定する専用口座を新規開設することによって利用できる馬券購入システムです。

投票の際にネット投票の場合は、出馬等の詳細な情報を習得できます。しかしプッシュホン投票の場合はあくまでも馬券購入のみで、中央競馬のみになってしまいます。

競馬開催日前日に口座がロックされてしまい、入金や出金ができなくなってしまいます。そうなると入金されている金額を全て使い切ってしまったら、追加で入金ができなくなります。馬券が当たってもロック解除されるまで出金すらできません。注意したいところです。

購入回数は1節あたり300回で、1ヶ月の利用限度額の制限になるものはありません。

ネット投票であれば地方競馬や海外競馬に対応しています。先程、記載した通りプッシュホンの場合、中央競馬の投票になります。

インターネットが苦手なシニア世代などからは根強い人気があります。

2-3:JRAダイレクト

JRAダイレクト

JRAの馬券投票方法の中で最も最新のシステムになります。

JRAダイレクトは、JRAが指定するクレカを持っていればすぐに馬券投票がきます。現金の入金や口座開設など必要なく手軽に楽しめます。

JRAダイレクトの利用はパソコンのみになり購入の回数は1日に3回までと限られいます。料金さえ抑えれば使いすぎにも困りません。

購入金額は1回に1000円以上で、1ヶ月利用限度額50000円になります。

限度回数や限度額が定められているので、使い過ぎて破産なんてことも心配ありません。

JRAダイレクトでは馬券を購入するごとにシステム利用料として100円を取られてしまいます。100円かかるのが勿体ないと思う方もいるかもしれませんが、クレカのポイントは貯まるので、そこでカバー出来るはずです。

馬券の購入代金もポイントとして貯めることができます。クレカのポイントを貯めつつ競馬を楽しむと考えると良いと思います。

対応競馬は中央競馬のみです。

口座の登録など面倒なこともないので、面倒なことが苦手な方にはとても向いてるとおもいます。

あしたの万馬券

3:ウマダネ独自に考える全ての総評

JRAの全てのネット購入システムついては少しでも分かっていただけました?ここで、ウマダネが独自選んだ、おすすめの購入システムは「即PAT」です。

口座の登録さえなんとかなれば、本当に利便性に飛んでいると思います。100円から投票できる点も初心者や競馬に少し不安を感じてる人でもお手軽に気楽に遊べるのも良いですし、中央競馬だけではなく、地方や海外競馬も楽しめる点も幅広くて良いです。

何より、お金の動きがスマホやパソコンなどでリアルタイムで動いているので、そこは凄く安心して遊べる点であると感じます。

何よりお手柄でその上、便利である「即PAT」えおウマダネはおすすめします。

関連記事:ネット馬券についての5選とおすすめサイト5選【初心者編】

あしたの万馬券

まとめ

この記事を読んで、是非、自分にあったネット購入システムお求めください。

3つの中から自分に合ったサイトを見つけ、是非ネット競馬をお楽しみください。

あしたの万馬券