【神戸新聞杯2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

神戸新聞杯 ウマダネ馬券予想

神戸新聞杯は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

神戸新聞杯で好走した馬は菊花賞でも上位に入ることが多く、クラシック最終戦の重要なトライアルレースとして注目されています。

男性
ウマダネ
編集長

菊花賞馬を多数輩出しているトライアル競走です!

今回は2023年神戸新聞杯へ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

神戸新聞杯予想に使えるコースの特徴

神戸新聞杯(G2)
競馬場 阪神競馬場 コース 芝 2400m
性齢 3歳牡馬・牝馬 負担重量 馬齢

神戸新聞杯は阪神競馬場の芝2400mという条件で行われ、外回りコースが使用されます。

スタートは正面スタンドとなり、スタート直後に坂を上るのが特徴です。

スタート直後に坂があるため序盤はペースが上がらず、上がりの瞬発力勝負になりやすいという傾向が見られます。

キレる脚がなくても、長く良い脚を使えれば上位に入るチャンスはあり、まくりが決まることも珍しくありません。

2400mという長丁場でありながら最後の直線に坂が待ち構えているため、上がり勝負の展開でもスタミナや持久力が要求されるタフなコースです。

「神戸新聞杯」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 ジャスティンパレス 牡3 鮫島駿 5 11.0
2 3 6 ヤマニンゼスト 牡3 武豊 12 84.3
3 1 2 ボルドグフーシュ 牡3 吉田隼 4 8.3
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 5 5 ステラヴェローチェ 牡3 吉田隼 2 3.0
2 7 7 レッドジェネシス 牡3 藤岡康 5 26.5
3 4 4 モンテディオ 牡3 池添 8 41.1
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 1 2 コントレイル 牡3 福永 1 1.1
2 8 18 ヴェルトライゼンデ 牡3 池添 3 20.3
3 3 5 ロバートソンキー 牡3 伊藤 14 112.7

2022年の神戸新聞杯では、1番人気・2番人気が馬群に沈む中、5番人気ジャスティンパレスが2着に3馬身半差をつける強い勝ち方を見せました。

さらに、2着には12番人気ヤマニンゼストが入って、3連単は40万円を超える高配当が飛び出しています。

また、2021年の神戸新聞杯では1番人気に支持されていた日本ダービー馬のシャフリヤールが4着に敗れ、春のクラシックで善戦していた2番人気ステラヴェローチェが勝利しました。

10頭立てと少頭数で行われましたが、3着には8番人気と低評価だったモンテディオが食い込み、3連単は89,330円と少頭数のレースながら高配当になっています。

神戸新聞杯には春のクラシック路線で活躍した馬が多く出走しますが、夏の上がり馬が春の実績馬を負かすケースも珍しくありません。

夏の条件戦で力を付けた上がり馬が好走することもあり、初の重賞挑戦でも古馬相手に条件戦を勝ち上がってきた馬には警戒が必要です。

要チェック✓
●2年連続で1番人気が馬券圏外
●2022年の3連単は40万円を超える高配当

「神戸新聞杯」過去10年のデータとレース傾向

神戸新聞杯で馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、神戸新聞杯の過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「神戸新聞杯」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4- 2- 3-16/25 16.0% 24.0% 36.0%
キングカメハメハ 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
ハーツクライ 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7%
シンボリクリスエス 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
ゼンノロブロイ 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
ロードカナロア 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
バゴ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
ルーラーシップ 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3%
ジャスタウェイ 0- 1- 1- 0/ 2 0.0% 50.0% 100.0%
ネオユニヴァース 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

過去10年の神戸新聞杯での種牡馬別成績を調べると、最も勝ち馬を輩出していたのはディープインパクトでした。

過去10年でディープインパクト産駒は、連対率24.0%・複勝率36.0%と好成績を残しています。

ディープインパクトはクラシック路線で活躍馬を多く輩出しているので、菊花賞の前哨戦の神戸新聞杯でも無視できない種牡馬です。

また、キングカメハメハ、ハーツクライ、ステイゴールドなど、芝の中長距離路線に強い種牡馬が良い成績を残しています。

芝2400mという距離で施行されることから、スピードよりもスタミナに優れている血統を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

クラシック最終戦の前哨戦ということもあり、リーディング上位の種牡馬が中心となりそうです!

傾向②:【枠順】から見る「神戸新聞杯」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 2-11/14 7.1% 7.1% 21.4%
2枠 0- 1- 2-13/16 0.0% 6.3% 18.8%
3枠 2- 2- 1-12/17 11.8% 23.5% 29.4%
4枠 2- 1- 1-13/17 11.8% 17.6% 23.5%
5枠 4- 1- 1-11/17 23.5% 29.4% 35.3%
6枠 0- 1- 1-15/17 0.0% 5.9% 11.8%
7枠 0- 2- 1-18/21 0.0% 9.5% 14.3%
8枠 1- 2- 1-18/22 4.5% 13.6% 18.2%

神戸新聞杯の過去10年の枠番別成績を調べると、最も良い成績を残していたのは5枠で連対率29.4%・複勝率35.3%と高確率で馬券に絡んでいました。

過去10年で5枠から4頭の勝ち馬が出ているので、神戸新聞杯では5枠に入った馬に注目です。

また、内枠と外枠で大きな有利不利は見られず、8枠も連対率13.6%・複勝率18.2%とそれほど成績は落ちていません。

外枠に入ったからと割り引きをする必要はなく、大外に入った人気馬もしっかりと馬券に絡めておきたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

全体的に真ん中寄りの枠が好成績を残しています!

傾向③:【人気】から見る「神戸新聞杯」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6- 1- 0- 3/ 10 60.0% 70.0% 70.0%
2番人気 2- 2- 1- 5/ 10 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
7~9人気 0- 2- 3- 24/ 29 0.0% 6.9% 17.2%
10~12人気 0- 1- 0- 22/ 23 0.0% 4.3% 4.3%
13~15人気 0- 0- 1- 19/ 20 0.0% 0.0% 5.0%
16~18人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

神戸新聞杯の過去10年の単勝人気別成績を調べると、1~3番人気が好成績を残している傾向が見られました。

特に1番人気は連対率70.0%・複勝率70.0%と圧倒的な成績を残しています。

神戸新聞杯は菊花賞の前哨戦であり、1番人気に支持されてる馬は皐月賞や日本ダービーで上位に入っている実力馬なので、神戸新聞杯では1番人気は素直に馬券に絡めておきたいところです。

また、過去10年の勝ち馬のうち9頭が3番人気以内となっていています。

そのため、神戸新聞杯では馬券の頭は3番人気以内の馬から選ぶのが良さそうです。

男性
ウマダネ
編集長

1~3番人気の上位人気馬が好成績を残しています!

傾向④:【馬体重】から見る「神戸新聞杯」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1- 0- 0- 21/ 22 4.5% 4.5% 4.5%
460~479kg 4- 2- 4- 29/ 39 10.3% 15.4% 25.6%
480~499kg 2- 7- 5- 35/ 49 4.1% 18.4% 28.6%
500~519kg 3- 1- 1- 17/ 22 13.6% 18.2% 22.7%
520~539kg 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の神戸新聞杯の馬体重別成績を調べると、小柄な馬が苦戦する傾向が見られました。

過去10年で馬体重459kg以下の馬は1頭しか馬券に絡んでいません。

また、馬体重460~479kgは連対率15.4%・複勝率25.6%と、馬体重が460kgを超えると一気に成績は跳ね上がっています。

そのため、神戸新聞杯では馬体重460kgを境に、460kgを超える馬の評価を上げ、459kg以下の馬の評価を下げたいところです。

ただし、馬体重520kgを超える大型馬も過去10年で馬券に絡んでいないので、馬体重が460~519kgの範囲内に収まる馬に注目です。

男性
ウマダネ
編集長

過去10年の結果から考えると、神戸新聞杯では少なくとも馬体重460kgは欲しいところです!

傾向⑤:【脚質】から見る「神戸新聞杯」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
先行 4- 1- 2- 31/ 38 10.5% 13.2% 18.4%
差し 3- 5- 4- 42/ 54 5.6% 14.8% 22.2%
追い込み 1- 4- 3- 30/ 38 2.6% 13.2% 21.1%
まくり 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年の神戸新聞杯の脚質別成績を調べると、差し・追い込み勢の台頭が目立つ結果となっていました。

過去10年で差し馬は連対率14.8%・複勝率22.2%、追い込み馬は連対率13.2%・複勝率21.1%と後方集団ながら良い成績を残しています。

これは神戸新聞杯が芝2400mの長丁場であることや直線の長い外回りコースが使用されていることが要因として挙げられます。

そのため、神戸新聞杯では差し・追い込みなどの後方でレースを進める馬に注目し、上がり3ハロンで良いタイムを出せる馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

差し・追い込み勢が上位に食い込む傾向が見られます!

タグアイコン 馬券予想

競馬予想神サイト7