競馬歴代最強馬ランキングTOP10!現役最強と騎手が選ぶ最強も!

競馬歴代最強馬ランキングTOP10!現役歴代最強なども公開! 競馬情報
競馬歴代最強馬ランキングTOP10!現役歴代最強なども公開!

競馬の歴史は長く日本競馬は江戸時代から続き、現在まで愛されているスポーツです。

そんな愛される競馬ですが、競馬ファンの中でよく話題に上がるのは【どの馬が最強なのか】というテーマ。

実際競馬において最強を決めるのは難しいですが、今回は独自の選定基準で歴代最強馬をランキング形式で紹介します。

また、歴代最強馬から現役最強馬やジョッキーが選ぶ最強馬、筆者が思う凱旋門賞に出ていれば勝っていた日本馬についても幅広く解説するので楽しんでみてください!

▼オークス予想が無料!稼げる競馬予想サイト5選

1位 トッカ
トッカ

【最新的中】

5/12 東京6R

3連単/8点

721,920円獲得!

2位 ドンピシャ
ドンピシャ

【最新的中】

5/12 新潟12R

3連単/8点

392,220円獲得!

3位 えーあい
えーあい

【最新的中】

5/12 金沢8R

3連単/10点

808,500円獲得!

4位 万馬券RUSH
万馬券RUSH

【最新的中】

5/12 東京11R

3連単/18点

1,833,280円獲得!

5位 おもいで競馬
おもいで競馬

【最新的中】

5/12 京都10R

3連単/30点

1,247,220円獲得!

鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

【この記事の監修者】
鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

山口県出身、1969年デイリースポーツ入社。入社後、岡部幸雄から始まり、蛯名正義、横山典弘などの騎手たちとの信頼関係を築く。その後、専門誌・馬三郎にて本紙予想担当。50年越えの競馬記者人生を通して、予想界の大御所と言われている。
Wikipedia

歴代最強馬選定基準

当記事で最強馬ランキングを決めるための基準を解説します。

【大きく4つの評価基準】

  • 通算戦績
  • G1勝利数
  • 連対率
  • 通算獲得賞金
  • これら4つの項目で見た歴代最強馬ランキングをお楽しみください!

    歴代最強馬ランキングTOP10

    それでは早速歴代最強馬ランキングを見てみましょう。

    歴代最強馬ランキングTOP10】

    これら歴代最強馬10頭を詳しく解説!

    【10位】ウオッカ

    歴代最強10位ウオッカのレース写真

    名前 ウオッカ(牝)
    生年月日 2004年4月4日
    獲得賞金 13億487万円
    通算成績 26戦10勝 [10-5-3-8]
    連対率 68.18%
    複勝率 81.82%
    主な勝鞍 09’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 7回

    まず10位に選んだのはウオッカです。

    ウオッカは9位のダイワスカーレットとは宿命のライバルということは有名ですが、ウオッカは当時「牝馬は牡馬には勝てない」と言われていたのを覆す一頭。

    2007年にはダービーを制し、2009年にはジャパンカップも制するほどの実力者、通算G1勝利数も7回と最強という名にふさわしい一頭です。

    【9位】ダイワスカーレット

    歴代最強9位ダイワスカーレットのレース写真

    名前 ダイワスカーレット(牝)
    生年月日 2004年5月13日
    獲得賞金 7億8,668万円
    通算成績 12戦8勝 [8-4-0-0]
    連対率 100.00%
    複勝率 100.00%
    主な勝鞍 08’有馬記念(G1)
    G1勝利数 4回

    次にランクインしたのはダイワスカーレット

    ダイワスカーレットは12戦のうち連対率が100%と驚異の数字を記録。

    多くの人がダイワスカーレットを買っておけば間違いないと言える一頭でした。

    ダイワスカーレットは10位のウオッカとライバルであることは有名ですが、ウオッカよりランキングが上になったのには、連対率から見える安定した走りにあります。

    【8位】テイエムオペラオー

    歴代最強8位テイエムオペラオーのレース写真

    名前 テイエムオペラオー(牡)
    生年月日 1996年3月13日
    獲得賞金 18億3,518万円
    通算成績 26戦14勝 [14-6-3-3]
    連対率 79.17%
    複勝率 91.67%
    主な勝鞍 70’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 7回

    8位にランクインしたのはテイエムオペラオーです。

    テイエムオペラオーは2000年の京都記念から驚異の8連勝を記録

    2017年まで総獲得賞金額18億3518万9000円は世界最高記録でした。

    そんなテイエムオペラオーは別名「世紀末覇王」とも呼ばれる馬です。

    実力は本物で、人気は15レース連続1位と人気っぷりが見えます。

    【7位】シンボリルドルフ

    歴代最強馬7位テシンボリルドルフのレース写真

    名前 シンボリルドルフ(牡)
    生年月日 1981年3月13日
    獲得賞金 6億8,482万円
    通算成績 16戦13勝 [13-1-1-1]
    連対率 87.5%
    複勝率 93.8%
    主な勝鞍 85’天皇賞(春)(G1)
    G1勝利数 7回

    シンボリルドルフはウマ娘でも人気な生徒会長ですが、実力は本物でした。

    日本競馬初となる無敗三冠馬であり、史上初G1レース7勝をあげます。

    当時の競馬では考えられない強さを持ち、競馬ファンを驚かせる走りを魅せまていました。

    その後の産駒も優秀で、トウカイテイオーも活躍することでシンボリルドルフの評価も向上。

    【6位】オルフェーブル

    歴代最強馬6位オルフェーブルのレース写真

    名前 オルフェーヴル(牡)
    生年月日 2008年5月14日
    獲得賞金 13億4,408万円
    通算成績 21戦12勝 [12-6-1-2]
    連対率 82.35%
    複勝率 88.24%
    主な勝鞍 13’有馬記念(G1)
    G1勝利数 6回

    6位にランクインしたのはオルフェーブル。

    オルフェーブルがランクインしたのには三冠もそうですが、何より二年連続で凱旋門賞で2着と世界でも通用する走りにあります。

    そして引退レースとなった有馬記念では2着と8馬身差も付ける圧巻の走りで観客を魅了し、引退が惜しまれました。

    【5位】エルコンドルパサー

    歴代最強馬5位エルコンドルパサー写真

    名前 エルコンドルパサー(牡)
    生年月日 1995年3月17日
    獲得賞金 3億7,607万円
    通算成績 11戦8勝 [8-3-0-0]
    連対率 100.00%
    複勝率 100.00%
    主な勝鞍 98’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 3回

    5位に選んだのはエルコンドルパサーです。

    エルコンドルパサーは国内・海外合わせて11戦8勝で海外でも活躍しました。

    国内レースでは芝・ダートどちらもこなせるオールラウンドな走りで、三冠馬にもなり得ましたが、外国産馬の規制でかなうことはなかったです。

    しかし、その連対率からみてもわかる通り世界で活躍できる実力者ということで、5位にランクイン!

    【4位】キタサンブラック

    歴代最強馬4位キタサンブラックレース写真

    名前 キタサンブラック(牡)
    生年月日 2012年3月10日
    獲得賞金 18億7,684万円
    通算成績 20戦12勝 [12-2-4-2]
    連対率 70.00%
    複勝率 90.00%
    主な勝鞍 16’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 7回

    4位にランクインしたのはキタサンブラックです。

    キタサンブラックは競馬ファンだけでなく、多くの人から愛される一頭。

    オーナーは、紅白歌手である北島三郎さんということもあり注目が集まりました。

    当初はそこまで期待はされていなかったですが2015年菊花賞を制してから、実力にも注目され始めます。

    翌年の天皇賞春を制し、意外と強いと言われていますが、結果引退レースでも1番人気の1着で引退。

    その後産駒でイクイノックスも輩出していることで種牡馬としても注目が集まっています。

    【3位】アーモンドアイ

    歴代最強馬3位アーモンドアイレース写真

    名前 アーモンドアイ(牝)
    生年月日 2015年3月10日
    獲得賞金 19億1526万3900円
    通算成績 15戦11勝 [11-2-1-1]
    連対率 86.67%
    複勝率 93.33%
    主な勝鞍 20’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 9回

    3位にアーモンドアイです。

    アーモンドアイは史上最多G1レースを9回制しています。

    数字から見てもわかるように強いのは分かるのですが、アーモンドアイは2400mレースを最速の2分20秒で走り切り、世界最速を樹立。

    更に引退レースのジャパンカップには、無敗で三冠馬を達成したコントレイルや牝馬三冠のデアリングタクトがいました。

    そのレースでも見事に1馬身1/4差で制します。

    これがアーモンドアイの実力。

    牡馬でもG1レースを9回も制することができていないですが、先に達成するという最強の名が似合う牝馬です。

    【2位】イクイノックス

    歴代最強馬2位イクイノックスレース写真

    名前 イクイノックス(牡)
    生年月日 2019年3月23日
    獲得賞金 22億1544万6100円
    通算成績 10戦8勝 [8-2-0-0]
    連対率 100.00%
    複勝率 100.00%
    主な勝鞍 23’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 6回

    2位にランクインしたのはイクイノックスです。

    イクイノックスは世界最強馬として知られていますが、彼が残した偉業はその名に恥じないものと言えます。

    G1レースを史上最多6連勝を記録、天皇賞秋芝2000mで1分55秒2の世界記録、5戦目でG1レースを制覇するなどの記録を樹立し、ワールドベストホースランキングで1位になりました。

    世界中に日本競馬の成長を知らしめることとなった一頭であり、今後種牡馬としてより強い産駒の輩出にも期待できるのでまだまだ注目です。

    【1位】ディープインパクト

    歴代最強馬1位ディープインパクトレース写真

    名前 ディープインパクト(牡)
    生年月日 2002年3月25日
    獲得賞金 14億5,455万円
    通算成績 14戦12勝 [12-1-0-1]
    連対率 100.00%
    複勝率 100.00%
    主な勝鞍 06’ジャパンC(G1)
    G1勝利数 7回

    栄えある最強馬1位はディープインパクトです。

    ディープインパクトの名は競馬ファンでなくても一度は聞いたことがある名前だと思います。

    圧倒的な強さを見せていたディープインパクトは、史上2頭目となる無傷の三冠制覇、歴代最多タイとなるG1通算7勝と様々な記録を打ち出しました。

    そんなディープインパクトは「英雄」と呼ばれ、引退後も日本競馬界に貢献します。

    産駒としてはコントレイルやジェンティルドンナという名馬を輩出。

    様々な功績を残し、日本競馬を盛り上げた一頭であるディープインパクトは間違いのない日本最強と呼べる一頭です。

    現役最強馬牡馬牝馬

    歴代最強馬が分かったところで、現役の最強馬も気になりますよね。

    直近まではイクイノックスがいたのですが、現役を引退後頭抜けた最強と呼べる馬はなかなか見当たりません。

    しかしその中でもコンスタントに良い結果を出している馬の中から牡馬牝馬それぞれ一頭選出。

    賛否はあるかもしれませんが一種の考えだと思ってみてください。

    【現役最強馬2頭】
    • 【牡馬代表】ドウデュース
    • 【牝馬代表】リバティアイランド

    【牡馬代表】ドウデュース

    【牡馬代表】ドウデュース現役最強馬レース写真

    まずは逆襲の末脚ドウデュースです。

    ドウデュースは最強と呼ばれていたイクイノックスを一度破り、2022年のダービー馬となりました。

    その後の凱旋門賞では大敗をしてしまい、そこから調子が戻ることが難しいと思われた中、京都記念で快勝。

    その次のジャパンカップでも入着し、調子を取り戻すことに成功。

    やはり記憶にも新しい、同世代最強馬イクイノックスの引退後初となる、有馬記念では武豊とコンビを組み堂々の1着になりました。

    そんな、ドウデュースは今後の活躍がまだまだ期待できる現役最強な馬と呼べるでしょう。

    【牝馬代表】リバティアイランド

    【牝馬代表】リバティアイランド現役最強馬レース写真

    次に2023年三冠牝馬のリバティアイランド。

    2022年の阪神ジュベナイルFからG1レースを4連勝と実力を見せ付けています。

    その後に臨んだ最強馬が集まるジャパンカップ。

    対戦相手はあの世界最強のイクイノックスやドウデュースなど名馬が集う中、リバティアイランドはイクイノックスに次いで2着に。

    国内最強馬が集まるレースで好成績を残していることを考慮すると、今後の日本最強はリバティアイランドになることも考えられます。

    まだまだ成長の余地があるリバティアイランドの走りには注目です。

    ジョッキーが選ぶ最強馬

    こちらの章では、これまで多くの競走馬に騎乗したジョッキーが選ぶ最強馬を紹介します。

    競馬予想で以外にも重要なのは、ジョッキーの意見です。

    なぜジョッキーはその馬を選んだのかも含めて解説するので、参考にしてみてください。

    幻の最強馬シルバーステート

    幻の最強馬シルバーステートのレース写真

    始めに紹介するのは、2023年に引退した福永祐一騎手が最強と選んだシルバーステートです。

    この馬はたったの5レースしか出走していません。

    ましてや、重賞レースも一切なしという、これだけ聞くと最強とは言い難い競走馬です。

    しかし5戦4勝という成績を残し、父はあの歴代最強馬であるディープインパクトということもあり、馬自体強いのは分かります。

    そんなシルバーステートは少ない出走数でしっかりと強さを見せつけたので、巷では幻の最強馬と呼ばれ、右前脚屈腱炎を発症し引退が悲しまれました。

    そんなシルバーステートに対して福永祐一騎手は「とにかく規格外のエンジンを持っていた馬でした。排気量の大きさでいうと、今まで乗った馬のなかで間違いなく一番で、その評価はコントレイルと出会った今でも変わりません。」クラシック三冠のコントレイルと比較してもシルバーステートの能力は高かったと評価をしているほどです。

    サイレンススズカ

    沈黙の日曜日サイレンススズカレース写真

    次に武豊騎手が選んだ最強馬はサイレンススズカです。

    武豊騎手はサイレンススズカに対して「自身が乗った中で一番強い馬」というほど強さを身に染みて感じています。

    サイレンススズカは規格外の大逃げで有名な馬でありますが、クラシックを一度も制したことはないのです。

    しかし、1998年に入ってから6連勝を記録します。

    7連勝をかけたG1レース天皇賞秋では1000m57秒4という圧倒的ハイペースでレースを進め、優勝が間違いないと思われた4コーナー目前で、突然サイレンススズカが失速、競走を中止しました。

    その後サイレンススズカは左前脚の手根骨粉砕骨折で予後不良と診断され、そのまま競馬場内で安楽死の処置がとられます。

    この出来事があり、異次元の逃亡者と呼ばれたサイレンススズカの競走馬としての幕を閉じました。

    時が経った今でもサイレンススズカの逃走劇は、逃げ馬最強と呼ばれるほどの走りです。

    凱旋門賞に出ていれば勝ってた日本馬

    ここまで最強馬についてのランキング紹介や解説をしてきました。

    しかし、その最強馬の中でも世界に挑戦していない、またはできなかった馬が多くいます。

    もしその最強馬が凱旋門賞に出走していたら勝っていただろうと思われる馬を独断と偏見で考察。

    皆さんも考えながら読んでみてください。

    オグリキャップ

    筆者が選ぶ凱旋門賞に出ていれば勝ってた日本馬は、ランキングにはいなかったオグリキャップです。

    オグリキャップの特筆するべき長所は、持ち合わせていたパワーだと思います。

    凱旋門賞では比較的馬場が悪く豊富なスタミナとタフさが必要です。

    その点においてもオグリキャップは良いレースになったと思います。

    また前肢の掻き込みが強い馬が良い走りをするのが凱旋門賞では見られるので、オグリキャップはもしかしたら勝てていたかもしれませんね。

    まとめ

    今回は歴代最強馬をランキングで10頭紹介しました。

    また現役最強馬やジョッキーが選ぶ最強馬や、凱旋門賞に出ていたら勝っていたと思われる日本馬も紹介しましたが、最強の歴史を塗り替える馬が今後出てくるのが楽しみですね。

    イクイノックスも最近までは現役だったですが、歴代最強2位になる程競馬界を盛り上げたのは確かです。

    このように最強馬を自分で考えてみるのも楽しいので、皆さんも考えてみてはいかがでしょうか?

    こちらの記事でも歴代最強馬について当記事とは違った視点で解説しているので他のサイトの最強馬を見てみるのも面白いですね!

    無料で登録!無料で稼げる!おすすめ競馬予想サイト3選

    「競馬で簡単に稼げないかな...」

    「どこの競馬予想サイトが本当に当たるのかわからないし...」

    そんな方におすすめしたい無料で使える競馬予想サイトを3つ紹介

    絶対にサイト選びで後悔させません。

    200サイト以上の競馬予想サイトの情報を徹底的に集計、解析し、まとめ(約半年かかりました・・・)、よく当たる競馬予想サイトランキングを作成しました。

    ここではその中でも特に優秀な成績を納めた上位3サイトを紹介。

    どのサイトも登録して損のない優秀なサイトなので是非活用してください。

    おすすめ①トッカ

    競馬予想サイト トッカ


    【おすすめポイント】
  • 成果にこだわる競馬予想サイト!
  • 無料情報の回収率は227%!
  • ウマダネ読者の中でも、無料情報でも稼げると大好評のサイトです。
  • トッカは各競馬場に解析班を配置し、地方・中央共に徹底した利益重視の予想を無料提供中。

    検証では、無料情報3レース全的中!有料情報は回収率1092%を記録することが出来ました。

    競馬予想サイトを利用した事が無い人、既に利用している人、どちらも一度は試した方が良い、ウマダネが自信をもってオススメするサイトです!

    検証時の的中実績

    2024年05月12日

    東京12R3連単6点

    GIGANT -ギガント-

    793,760円

    2024年05月12日

    京都11R3連単6点

    二賢人の英知

    342,240円

    2024年05月12日

    東京6R3連単8点

    神算鬼謀

    721,920円

    初回料金 15,000円
    初回平均獲得額 33万円
    平均回収率 2175%
    平均的中率 92.0%

    おすすめ②ドンピシャ

    競馬予想サイト ドンピシャ


    【おすすめポイント】
  • 元騎手・山浦氏監修の競馬予想サイト!
  • 信頼できる競馬予想サイトを探してるならここ一択!
  • 無料特典プレゼントというメリットも。
  • ドンピシャは競馬業界42年の情報網により、精度の高い予想を提供中。

    実際に検証では、有料予想2レースで50万以上の利益を獲得することが出来ました。

    信頼できる人が運営しているサイトを使いたい人におすすめの競馬予想サイトです!


    検証時の的中実績

    2024年05月12日

    新潟12R3連単8点

    ウワサの穴馬

    392,220円

    2024年05月12日

    東京11R3連単24点

    サクセス・アイ

    1,833,280円

    2024年05月12日

    京都10R3連単10点

    毘沙門天

    2,078,700円

    初回料金 15,000円
    初回平均獲得額 30万円
    平均回収率 1928%
    平均的中率 91.0%

    おすすめ③えーあい

    【おすすめポイント】
  • 今話題のAI予想でNo.1の実力!
  • 驚異的な的中率!半年間で勝率92%
  • 負けない競馬が楽しめる!
  • 驚異的な的中率を誇るえーあい!その秘密は最新の超精度AI予想。

    常に最新の情報を最新技術でアップデート・解析するため未来予知のような的中力を誇っています。 「AIって本当に当たるの?」 そう考える方もいると思います。 ですが、将棋、チェスといった世界ではトッププロがAIに勝てず、AIから学ぶ時代に突入しているんです!

    「競馬AI予想サイトえーあい」の無料予想の券種は複勝なので1レースで大金を稼ぐことは難しいですが、コツコツ稼げる安定感抜群のサイト!

    有料予想では平均配当30万円以上と高い的中率を維持したまま高額配当を狙えるバランスの良さが魅力

    話題のAIを使いたい人は迷わず登録すべきサイトです!

    最新の的中実績

    2024年05月12日

    東京11R3連単

    【重賞】エクストラ・ファクター

    3,666,560円

    2024年05月12日

    東京10R 3連単

    【中央】予約限定情報

    1,512,700円

    金沢8R3連単

    【地方】トワイライト・マジック

    808,500円

    初回料金 25,000円
    初回平均獲得額 55万円
    平均回収率 1920%
    平均的中率 96.0%
    競馬情報
    ウマダネ
    本物の信頼できる競馬予想サイト