【府中牝馬ステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

府中牝馬S ウマダネ馬券予想

府中牝馬ステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G2)です。

JRAの4歳(現3歳)以上の牝馬限定重賞としては最も長い歴史を持ち、G1・エリザベス女王杯の前哨戦として位置付けられています。

男性
ウマダネ
編集長

3連単が荒れた配当となることも珍しくなく、高配当が期待できるレースとしても注目です!

今回は2023年府中牝馬ステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

府中牝馬ステークス予想に使えるコースの特徴

府中牝馬ステークス(G2)
競馬場 東京競馬場 コース 芝 1800m
性齢 3歳以上牝馬 負担重量 別定

府中牝馬ステークスは、東京競馬場の芝1800mで施行されます。

東京競馬場の芝1800mは、2コーナーに向かって斜めにスタートする特殊なレイアウトのコースです。

スタート直後にコーナーがあり、外枠の馬は距離のロスを強いられるので、内枠が有利だと言えます。

先頭争いがすぐに落ち着く傾向が見られ、前半のペースはゆっくり流れることがほとんどです。

そのため、最後の直線での瞬発力勝負になることが多いので、レース終盤まで末脚を温存できる馬を狙いたいところです。

「府中牝馬ステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 6 イズジョーノキセキ 牝5 岩田康 12 34.8
2 2 2 ソダシ 牝4 吉田隼 1 1.9
3 1 1 アンドヴァラナウト 牝4 福永 3 8.3
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 シャドウディーヴァ 牝5 福永 4 8.8
2 2 4 アンドラステ 牝5 岩田望 5 12.2
3 7 14 マルターズディオサ 牝4 田辺 8 15.3
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 4 サラキア 牝5 北村友 7 20.2
2 6 6 シャドウディーヴァ 牝4 内田博 6 18.1
3 8 8 サムシングジャスト 牝4 松山 8 20.9

近年の府中牝馬ステークスでは、穴馬の活躍が目立ちます。

2022年は12番人気イズジョーノキセキが、上がりタイムの末脚で1番人気ソダシを差し切り勝利しました。

また、2021年の府中牝馬ステークスでは、1~3番人気が全て馬券圏外となり、3連単の配当は151,700円と高配当になっています。

さらに、2020年の府中牝馬ステークスでも、7番人気、6番人気、8番人気の順に決着。8頭立てと少頭数のレースながら3連単189,020円の高配当が飛び出しています。

府中牝馬ステークスは混戦模様になりやすい牝馬重賞なので、人気薄の馬も積極的に馬券に絡めて高配当を狙うのが良さそうです。

要チェック✓
●2021年の3連単は180,510円と高配当
●近年3年の勝ち馬は全て4番人気以下

「府中牝馬ステークス」過去10年のデータとレース傾向

府中牝馬ステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、府中牝馬ステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「府中牝馬ステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1- 4- 1-26/32 3.1% 15.6% 18.8%
ハーツクライ 1- 3- 0- 7/11 9.1% 36.4% 36.4%
クロフネ 1- 1- 1- 0/ 3 33.3% 66.7% 100.0%
ステイゴールド 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
キングカメハメハ 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
ヴィクトワールピサ 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
ハービンジャー 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
エピファネイア 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年の府中牝馬ステークスでの種牡馬別成績を調べると、最も馬券に絡んでいたのはディープインパクト産駒でした。

ただし、多くのディープインパクト産駒が馬券に絡む結果となっていますが、連対率15.6%・複勝率18.8%と好走率が高いわけではありません。

全体の出走頭数が多いため上位に入る馬が多くなっているので、ディープインパクト産駒だからといって特別評価を上げる必要はなさそうです。

好走率について注目すると、連対率・複勝率共に36.4%と好成績を残していたのがハーツクライです。

ハーツクライ産駒は東京競馬場のような広いコースを得意としていて、長く良い脚が使えるタイプの産駒が多いので、府中牝馬ステークスでも積極的に狙ってみましょう。

男性
ウマダネ
編集長

ハーツクライ産駒はスタミナ豊富な馬が多いので、タフなコースの東京競馬場では積極的に狙いたいところです!

傾向②:【枠順】から見る「府中牝馬ステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 1-10/13 0.0% 15.4% 23.1%
2枠 0- 3- 1-10/14 0.0% 21.4% 28.6%
3枠 0- 2- 1-12/15 0.0% 13.3% 20.0%
4枠 6- 0- 0-12/18 33.3% 33.3% 33.3%
5枠 0- 0- 2-15/17 0.0% 0.0% 11.8%
6枠 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3% 5.3%
7枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
8枠 2- 2- 4-13/21 9.5% 19.0% 38.1%

府中牝馬ステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、内枠よりも外枠で大きな成績の差は見られませんでした。

過去10年で1枠は連対率15.4%・複勝率23.1%とまずまずの成績を残す一方で、8枠も連対率19.0%・複勝率38.1%と良い成績となっています。

府中牝馬ステークスが行われる東京競馬場は直線が長く外差しが決まりやすいコースであり、外枠からでも好走することは可能です。

枠順による大きな有利不利は見られないので、枠順によって評価を変える必要はなさそうです。

男性
ウマダネ
編集長

府中牝馬ステークスでは、どの枠順でも力が発揮できそうです!

傾向③:【人気】から見る「府中牝馬ステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 4- 1- 4/ 10 10.0% 50.0% 60.0%
2番人気 0- 2- 3- 5/ 10 0.0% 20.0% 50.0%
3番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
4番人気 4- 0- 0- 6/ 10 40.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
6番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
7~9人気 1- 1- 4- 23/ 29 3.4% 6.9% 20.7%
10~12人気 2- 0- 0- 24/ 26 7.7% 7.7% 7.7%
13~15人気 0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0%
16~18人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%

府中牝馬ステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、穴馬が活躍する傾向が見られました。

過去10年で7~9番人気は連対率6.9%・複勝率20.7%で、人気薄ながら上位に食い込んでいます。

さらに、連対率や複勝率はそこまで高くはありませんが、10~12番人気から過去10年で2頭の勝ち馬が出ています。

府中牝馬ステークスは波乱の決着になることも珍しくないレースで、7番人気以下の穴馬が上位に入ることも珍しくありません。

そのため、予想をするときには7番人気以下の人気薄の穴馬を3連単に絡め、高配当を狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

7番人気以下が複勝圏内に入ることも多いので、穴馬も積極的に馬券に絡めましょう!

傾向④:【馬齢】から見る「府中牝馬ステークス」

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
4歳 5- 5- 5- 40/ 55 9.1% 18.2% 27.3%
5歳 5- 4- 2- 50/ 61 8.2% 14.8% 18.0%
6歳 0- 1- 2- 14/ 17 0.0% 5.9% 17.6%
7歳 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年の府中牝馬ステークスの年齢別成績を調べると、4~5歳馬が好成績を残していました。

過去10年の勝ち馬は全て4~5歳馬であり、府中牝馬ステークスでは4~5歳馬を中心に馬券を買うのが良さそうです。

また、過去10年で7歳以上の馬は一度も馬券に絡んでいません。

7歳以上のベテラン馬にとっては厳しいレースと言えるので、府中牝馬ステークスでは7歳以上の馬の評価を下げ、4~5歳馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

府中牝馬ステークスの過去10年の勝ち馬は、全て4~5歳馬となっていました!

傾向⑤:【脚質】から見る「府中牝馬ステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1- 0- 0- 10/ 11 9.1% 9.1% 9.1%
先行 3- 3- 3- 21/ 30 10.0% 20.0% 30.0%
差し 1- 6- 4- 46/ 57 1.8% 12.3% 19.3%
追い込み 5- 1- 3- 30/ 39 12.8% 15.4% 23.1%

過去10年の府中牝馬ステークスの脚質別成績を調べると、先行馬が20.0%・複勝率30.0%と好成績を残していました。

府中牝馬ステークスでは先頭集団の良いポジションでレースを進めることは重要となるので、先行できる馬は積極的に狙いたいところです。

ただし、追い込み馬が連対率15.4%・複勝率23.1%と好走率が高い点も見逃せません。

東京競馬場の長い直線を活かして、後方集団にいた馬が上位に食い込むことも珍しくないので、府中牝馬ステークスでは前走で追い込んだものの前に届かなかった馬にも注目です。

男性
ウマダネ
編集長

後方集団にいる馬でもチャンスがあるレースなので、スタートが苦手な追い込み馬にも警戒が必要です!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料