競馬の単勝は全頭買いにも向いている!稼ぐポイント3選!

タグアイコン 馬券

タグアイコン

競馬において全頭買いという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
競馬とは基本的に、そのレースにおいてどの馬が勝つかを予想するものであり、当たれば嬉しい、外れたら悲しいといった競技です。

しかし、そんな競馬において当たることが約束されている買い方があり、それが全頭買いです。
名前のとおり出走馬全てに予想する買い方で、同じ馬でも順番や組み合わせによって異なる買い方が生じる場合、それらも全て買うことになります。

そんな全頭買いですが、実践するなら単勝がおすすめです。
当記事では、単勝における全頭買いについて解説した後、全頭買いのメリット・デメリットについても紹介します。

また、記事の後半では、プロの馬券予想で三連単の安定的中が見込める競馬予想サイトについても紹介します。
ぜひ、最後までチェックしてください。

※《競馬予想サイト》

▼こんな人にオススメ
●自分の予想に限界を感じている
●3連単の高額的中を体感したい

的中実績

競馬予想サイトについて詳しく確認する

信用できる競馬予想会社をお探しの方は以下の記事で詳しく解説しています!

▼本当に信用できる競馬予想会社5サイト
(横スクロールして確認できます。)
1位
あしたの万馬券
2位
スマート万馬券
3位
投稿!!うまライブ!
4位
すごい競馬
5位
令和ケイバ
あしたの万馬券
【最新的中】
9月18日(土)中山5R
3連単/16点
1,325,820円獲得!

公式サイトに行く
スマート万馬券
【最新的中】
9月19日(日)中山7R
3連単/10点
609,300円獲得!

公式サイトに行く
投稿!!うまライブ!
【最新的中】
9月19日(日)中京4R
3連単/10点
1,074,800円獲得!

公式サイトに行く
すごい競馬
【最新的中】
9月18日(土)中山5R
3連単/18点
883,880円獲得!

公式サイトに行く
令和ケイバ
【最新的中】
9月19日(日)中京11R
3連単/12点
468,400円獲得!

公式サイトに行く

1:競馬の全頭買いは単勝がおすすめ

全頭買いは単勝で

冒頭で述べたとおり、全頭買いを実践するなら単勝がおすすめです。
その理由を説明する前に、そもそも全頭買いとはどういったものなのか解説します。

1-1:競馬における全頭買いとは

競馬における全頭買いとは、そのレースの馬券を全通り購入することです。
競走馬全頭に投票するという意味ではなく、全てのパターンに投票するという意味です。
18頭立てのレースの場合、単勝であれば18点になりますが、たとえばワイドであれば153点、3連単であれば4896点となり、買い方が多ければ多いほど点数も増えていきます。

馬券は100円から購入できるため、単勝であれば最低でも1,800円、ワイドであれば15,300円、3連単であれば489,600円必要になります。
配当がこの金額を上回らないと当たっても結局損をするということになってしまうのです。

配当が馬券代を下回ってしまい、トータルでは損をしてしまうことを「トリガミ」といいます。
全頭買いは的中した馬券が「トリガミ」になりやすいことが特徴です。

1-2:競馬の全頭買いは単勝がおすすめの理由

競馬の全頭買いにおいて単勝がおすすめの理由は、何より馬券代を抑えられることです。
先述のとおり、他の券種では最低でも万単位の馬券代が必要になることが一般的だといえます。
毎回万単位の馬券代を払える方はそう多くないはずです。

単勝であればフルゲートの18頭立てでも18点のため、馬券代がそこまで高騰せず、現実的に続けることができます。

全頭買いは必ず当たるとはいえ、トリガミになる確率が高く、利益が出るまでに負けが続くこともあります。
最低でも万単位で馬券代がかかってしまう場合、多くの方が現実的に続けられないはずです。
コスト面の理由で全頭買いは単勝がおすすめだといえます。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

2:単勝における全頭買いで勝つためのポイント

前章の内容を踏まえて、単勝における全頭買いで勝つためのポイントを解説します。

ポイント①:オッズを見て、トリガミになりにくいレースを狙う

1つ目のポイントは、オッズを見てトリガミになりにくいレースを狙うことです。
実際に例を見ながら説明していきます。
ここでは1点100円で購入すると仮定します。

単勝オッズ

こちらの例では18頭立てのレースであるため、馬券代は1800円です。
そのため、単勝のオッズが18.0を超えていないものは当たってもトリガミになってしまいます。
オッズが18.0を超えていないものは4点であるため、トリガミになる確率は4÷18=約0.22で22%ということになります。

続いてこちらの例では16頭立てのレースであるため、馬券代は1600円です。

単勝オッズ

そのため、単勝のオッズが16.0を超えていないものは当たってもトリガミになってしまいます。
オッズが16.0を超えていないものは5点であるため、トリガミになる確率は5÷18=約0.27で27%ということになります。

単勝オッズ

最後にこちらの例では、18頭立てのレースであるため、馬券代は1800円です。
そのため、単勝のオッズが18.0を超えていないものは当たってもトリガミになってしまいます。
オッズが18.0を超えていないものは8点であるため、トリガミになる確率は8÷18=約0.44で44%ということになります。

この3つの例では、トリガミになる確率が最も低い1つ目のレースがねらい目ということになります。
もちろん、トリガミになりやすいかどうかは数だけで決まるわけではありません。
後述する2つのポイントも同時に考慮することをおすすめします。

ポイント②:荒れるレースを狙う

2つ目のポイントは、荒れるレースを狙うことです。
人気馬が1着になってしまうとトリガミになってしまうため、勝つためには人気の低い馬が1着になる、いわゆる荒れるレースを狙う必要があります

荒れやすいレースかどうかの判断基準は様々であり、当記事の主旨と外れてしまうため、ここでは一部を紹介します。

基準の1つ目の例は、競走馬の過去のレースに関するデータが多いかどうかです。
調教や血統などによって競走馬の能力を推察することは可能ですが、実際にレースを走ってみないとわからないこともあります。

過去のレースデータが少ない場合、情報の信頼度が低いため、結果としてレースも荒れやすくなります。

2つ目の例は、馬場状態の良し悪しです。
馬場状態が悪化している場合、人気馬が実力を発揮することができず、結果として荒れるレースになる可能性が高くなります。

このような荒れやすい状況のレースを狙うことで、穴馬が1着になり全頭買いで利益が出る確率が上昇します。

ポイント③:多頭数のレースを狙う

3つ目のポイントは、多頭数のレースを狙うことです。
多頭数のレースの方が馬券代は高くなるため、むしろ避けた方がよいと思われるかもしれません。
しかし、ポイント②とも関連しますが、全頭買いは穴馬が勝たないとトリガミになってしまうため、人気馬が勝ちにくいことが非常に重要といえます。

一般的に、多頭数のレースの方が思い通りのレースがし辛いため、実力を発揮できず、人気馬が負ける確率が高くなるといわれています。
また、レース中のアクシデントが起きやすくなることも要因の1つです。

出走馬の数は初心者の方でもチェックできるはずですので、単勝で全頭買いをする場合は多頭数のレースを狙うことがおすすめです。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

3:全頭買いのメリット・デメリット

競馬の全頭買い メリット&デメリット

最後に、単勝に限らず、全頭買いのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット①:外れがない

メリットその1は外れがないことです。
トリガミになることはあっても、馬券代がそのまま損失になることはありません。
全頭買いであるため当然ではありますが、メリットだと考えてよいはずです。

メリット②:投票する馬を考えなくてよい

メリットその2は、投票する馬を考えなくてよいことです。
通常、競馬ではどの馬に、どのような組み合わせで投票するか熟考することになります。
全頭買いではその必要がなく、どのレースを狙うか、いくら賭けるか考えるだけでよいため、事前に考えることとしては少なくなるはずです。

デメリット①:コストがかかる

デメリットその1はコストが高くなることです。
単勝、複勝では1,800円以内に抑えることができますが、それ以外ではそういうわけにはいきません。
コスト面が最大のデメリットといえます。

デメリット②:確率論上では負ける

デメリットその2は、全頭買いに限ったことではありませんが、確率論上では負けることです。
競馬では、総売上のうち20~30%が運営側の利益となる競技であるため、確率論上では負けることになります。
全頭買いも例外ではないため、しっかりと投票するレースを選ぶ必要があります。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

プロの馬券予想で三連単が当たる!超おすすめ人気競馬予想サイト3選

三連単はなかなか当たる馬券ではありません。
的中させるためには、しっかりとした分析や、情報収集が必要になります。

そんな高難易度の三連単を、プロの予想で勝負できるのが「競馬予想サイト」です。
競馬予想サイトでは、あらゆる情報に精通したプロの馬券師による予想を獲得でき、安定した三連単的中が望めます。

中でもウマダネが超おすすめするのが以下の3サイト

《ウマダネおすすめの競馬予想サイト》
  • あしたの万馬券
  • スマート万馬券
  • ウマくる

詳しく解説します。

おすすめ①:競馬予想サイト「あしたの万馬券」

競馬予想サイト あしたの万馬券

あしたの万馬券の公式サイトを見に行く

中央競馬予想サイト「あしたの万馬券」は、今最も支持されている競馬予想サイトです。
高額配当を手にしたいなら絶対ココと言えるほど、多くの利用者が支持しています。

▼あしたの万馬券の的中実績は70万円オーバーがずらり
あしたの万馬券 的中実績

実際に利用者の口コミをチェクしてみると以下のように高額の的中を手にしているというものが多く目に付きます。

▼あしたの万馬券利用者による口コミ
あしたの万馬券 口コミ

会員になれば毎週無料の予想ももらえるので、ひとまず登録してその実力をチェックしてみるのもアリ!
高額配当を手にしたい人はあしたの万馬券がおすすめです。

あしたの万馬券の公式サイトを見に行く

おすすめ②:競馬予想サイト「スマート万馬券」

スマート万馬券

スマート万馬券公式サイトを見に行く

競馬予想サイト「スマート万馬券」は、一般的な競馬予想サイトよりも2.5倍の予算をかけて本当に有力な情報入手を可能としています。

また、14日間の安心保障を完備しているので、仮に購入した情報が不的中となっても情報料分が返ってくるというのもうれしいポイントです。

▼スマート万馬券は、年間1000本を超える的中を実現
スマート万馬券 年間1000本を超える的中

年間1000本ということは、1年間は52週ですので、毎週20本程度の的中を実現している計算になります。
これはヤバい!マジでスゴイ!

▼スマート万馬券の的中実績
スマート万馬券 的中実績

高い予算をかければ、それだけ有力な情報を手に入れることが可能です。
その結果が、年間1000本を超える的中となっているわけですね。

保障制度も完備していますし、着実に成果を手にしたいと考える人は、スマート万馬券をぜひ使ってみましょう。

スマート万馬券公式サイトを見に行く

おすすめ③:競馬予想サイト「ウマくる」

中央競馬予想サイト ウマくる

ウマくるの公式サイトを見に行く

中央競馬予想サイト「ウマくる」は、業界トップクラスの馬券師とAI機能をフル活用した人気急上昇中のサイトです。
中央競馬予想サイトの利用を不安に感じる人も多くいますが、ウマくるでは安心してりようできるよう専属の担当者が親身にサポートしてくれます。

▼ウマくるは担当者が親切にサポートしれくれる
ウマくる 安心サポート

業界トップクラスの馬券師と、AI技術によって高精度の情報提供を実現。
その実力は本物で、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで人気中央競馬予想サイトへと駆け上がってきました。

▼ウマくるの的中実績は高額的中がずらり
ウマくる 的中実績

専属馬券師の元には、厩舎関係者などからメディアでは決して取り上げられることのない極秘情報が入ってきます。
その情報は競馬の結果を大きく左右するものばかり。

競馬で安定して高額収益を実現したいなら、まずウマくるに登録してその実力を実感してみましょう。

ウマくるの公式サイトを見に行く

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

まとめ

競馬における全頭買いは、コストの観点から単勝買いがおすすめです。
単勝の全頭買いで勝つためには、トリガミにならないことが何よりも重要になります。
オッズや過去のレースのデータ、馬場状態や競走馬の数などに注目しながら、穴馬が勝ちやすいレースを見つけることが重要です。

あしたの万馬券
《最新のレース記事》神戸新聞杯
2021年9月26日(日)中京11R
芝2200m 発送時刻15:35
《最新のレース記事》オールカマー
2021年9月26日(日)中山11R
芝2200m 発送時刻15:45

タグアイコン 馬券

タグアイコン

競馬予想会社