【東京大賞典2021予想】地方の星ミューチャリー16年ぶりの偉業なるか!?

タグアイコン 競馬情報

タグアイコン

東京大賞典 2021 ミューチャリー
2021年12月29日(水)大井9R
「東京大賞典」
ウマダネ予想公開中!!
東京大賞典2021 注目馬
【オメガパフューム】
東京大賞典2021 注目馬
【ミューチャリー】
東京大賞典2021 注目馬
【ロードブレス】
東京大賞典2021 注目馬
【ウェスタールンド】
東京大賞典 2021 東京大賞典2021 オメガパフューム 東京大賞典2021 ミューチャリー 東京大賞典2021 ロードブレス 東京大賞典2021 ウェスタールンド
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶

東京大賞典は地方競馬の大井競馬場で行われるレースですが、2005年に船橋競馬所属のアジュディミツオーが勝利して以降、地方競馬所属馬による制覇はありません

しかし、今年は16年ぶりに地方競馬所属馬が東京大賞典を勝ってしまうかもしれません。

その候補となる馬は、アジュディミツオーと同じ船橋競馬に所属するミューチャリーです。

どうして、この馬に期待が集まるのか?

この馬が東京大賞典を勝つために、必要な条件は何か?

こうした点について、語ってみたいと思います。

今年の東京大賞典は、JRA勢だけでは決まらないかもしれません。

「とにかく的中を手にしたい!」「競馬で勝ちたい!!」
という人は、競馬予想会社の利用をおすすめします。

プロの馬券師による予想が手に入り、競馬初心者でも安定した3連単的中を実現可能。
競馬予想会社については、以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみましょう。

▼本当に信用できる競馬予想会社5サイト
(横スクロールして確認できます。)
1位
あしたの万馬券
2位
スマート万馬券
3位
ウマくる
4位
令和ケイバ
5位
穴党ピカイチ
あしたの万馬券
【最新的中】
1月16日(日)中京11R
3連単/16点
969,030円獲得!

公式サイトに行く
スマート万馬券
【最新的中】
1月16日(日)小倉5R
3連単/48点
1,326,220円獲得!

公式サイトに行く
ウマくる
【最新的中】
1月16日(日)中山12R
3連単/24点
1,125,600円獲得!

公式サイトに行く
令和ケイバ
【最新的中】
1月16日(日)小倉12R
3連単/24点
709,360円獲得!

公式サイトに行く
穴党ピカイチ
【最新的中】
1月16日(日)中山11R
3連単/16点
969,030円獲得!

公式サイトに行く

1:地方競馬の大将格として東京大賞典に挑むミューチャリー

パイロ産駒で、母ゴッドビラフドミーの父はブライアンズタイムという血統です。

管理するのは、船橋競馬の矢野義幸調教師です。

南関東地方競馬に詳しい方なら、同調教師が阪神タイガースの大ファンで、全ての管理馬はタイガースのマークが入った、黄色と黒の縦縞メンコで出走することをご存知ではないでしょうか。

ミューチャリーも、そのタイガースのメンコでレースに挑む1頭です。

来年2022年は寅年ですが、矢野義幸厩舎とミューチャリーには、少しだけ早い正月がやってくるかもしれません。

それでは、ミューチャリーのセールスポイントを紹介しましょう。

1-1:ミューチャリーは地方競馬史にその名を刻む馬

勝てば、16年ぶりに地方競馬による東京大賞典制覇となるミューチャリーですが、前走で既に地方競馬史に残る勝利を挙げています。

前走は金沢競馬場に遠征し、JBCクラシックで勝利を挙げています。

この勝利は、ミューチャリーにとって初めてのダートグレード競走勝利であり、G1級レースの勝利でした。

しかしこの勝利は、地方競馬にとっても非常に大きな意味を持つ勝利だったのです。

1日に複数のG1級レースが行われるJBCですが、その第1回が行われたのは2001年のことでした。

同じ日に行われるJBCスプリントやJBCレディスクラシックは、地方競馬所属馬の優勝がありましたが、JBCクラシックだけは昨年までの20年間地方競馬所属馬が勝ったことがなかったのです。

アジュディミツオーやフリオーソといった、地方競馬の大将格と呼ぶべき馬たちが挑んでも跳ね返されてきた高い壁を、レースが創設されて21年目に飛び越える偉業を成し遂げた馬こそがミューチャリー>なのです。

地方競馬には「NARグランプリ」という、全国の地方競馬で1年間に活躍した人馬を表彰するという、JRA賞と同じような制度が存在します。

ミューチャリーはJBCクラシックの勝利で、NARグランプリにおける年度代表馬の座はほぼ確実視されています。

つまり、ミューチャリーは地方競馬で今最も強い馬なのです。

地方競馬最強馬ミューチャリーが、JRA勢を相手にどんなレースぶりを見せるのか、地方競馬を愛する全国のファンがその挑戦に注目しています。

1-2:年齢的にも今年の東京大賞典はチャンスあり!!

ミューチャリー 牡馬 5歳
▼東京大賞典2021に出走のJRA所属馬▼
ウェスタールンド せん馬 9歳
アナザートゥルース せん馬 7歳
クリンチャー 牡馬 7歳
サンライズノヴァ 牡馬 7歳
オメガパフューム 牡馬 6歳
ロードブレス 牡馬 5歳
デルマルーヴル 牡馬 5歳

ミューチャリーは現在、5歳です。

一方のライバルとなるJRA勢ですが、4連覇がかかるオメガパフュームは6歳、昨年3着のウェスタールンドは9歳、チャンピオンズカップ3着のアナザートゥルースは7歳と、いずれもミューチャリーよりも上の世代にあたります。

いずれの馬も、地力の面ではミューチャリーにとって怖い存在ですが、更に成長する年齢ではありません。

ミューチャリーは、今年大きく成長してG1級レースの勝利に手が届いた馬です。

年齢面でも、JRA勢よりミューチャリーの方が魅力的です。

今ならこうしたJRA勢を相手に勝利しても、全く不思議ではありません。

2022年1月23日(日)中京11R
「東海S」
注目馬情報公開中!!
2022年1月23日(日)中山11R
「アメリカJCC」
注目馬情報公開中!!
2022年1月30日(日)中京11R
「シルクロードS」
注目馬情報公開中!!
2022年1月30日(日)東京11R
「根岸S」
注目馬情報公開中!!
2022年2月6日(日)中京11R
「きさらぎ賞」
注目馬情報公開中!!
2022年2月6日(日)東京11R
「東京新聞杯」
注目馬情報公開中!!
2022年2月12日(土)東京11R
「クイーンC」
注目馬情報公開中!!
2022年2月13日(日)東京11R
「共同通信杯」
注目馬情報公開中!!
2022年2月13日(日)阪神11R
「京都記念」
注目馬情報公開中!!
東海S 2022 アメリカジョッキークラブカップ 2022 シルクロードステークス 2022 根岸ステークス 2022 きさらぎ賞 2022 東京新聞杯 2022 クイーンC 2022 共同通信杯 2022 京都記念 2022
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶

2:東京大賞典でのミューチャリーにある不安材料

「馬券」「予想」という枠を超えて、応援したくなる存在であるミューチャリーですが、競馬は馬券を買うひとりひとりも勝負していますので、その不安材料についても触れない訳にはいきません。

次に挙げる不安材料を、馬券を購入する際にどう考えるべきか、応援ばかりではなく、よく考える必要があるのではないでしょうか。

不安材料その1:昨年の東京大賞典は5着

着順 馬番 馬名 騎手 タイム 人気 単勝
オッズ
1 4 7 オメガパフューム M.デム 2:06.9 1 1.3
2 7 14 カジノフォンテン 張田昂 2:06.9 9 38.3
3 5 9 ウェスタールンド 藤岡佑介 2:07.0 3 8.1
4 2 4 ヒストリーメイカー 北村友一 2:07.0 11 84.3
5 8 16 ミューチャリー 御神本訓 2:07.1 7 32.7

ミューチャリーは、昨年の東京大賞典にも出走していました。

結果は、勝ったオメガパフュームとは0秒2差の5着

大きな差があったとは言えませんが、当時先着を許した馬の中で今年も出走しているのはオメガパフュームの他に、ウェスタールンド(3着)もいます。

その昨年よりは成長している筈ですし、オメガパフュームには前走で先着していますので、その意味では逆転可能という見方もできるかもしれません。

但し、そのオメガパフュームは前走のJBCクラシックは休養明けでの一戦でした。

今回は叩かれた上積みがある筈です。

一度は勝っている相手とはいえ、楽な戦いにはならないと考えるべきでしょう。

不安材料その2:前走後のミューチャリーの状態は?

ミューチャリーに関しては、別の視点で注意すべきポイントもあります。

JBCクラシックの勝利は素晴らしかったのですが、この勝利の為に目一杯に仕上げられていた可能性があります。

果たして、さらなる上積みはあるでしょうか?

JBCクラシック制覇は、多くの地方競馬関係者の悲願だったのですから、目一杯の仕上げでも仕方がないのですが、前述した通り2着だったオメガパフュームが休養明けだったのですから、上積みという点ではミューチャリーよりもオメガパフュームだと考えた方がいいでしょう。

さらに、地方所属馬はJRA所属馬ほど輸送に慣れていません。

金沢まで輸送した後の一戦である点に注意する必要があるかもしれません。

前走後の調整過程については、よくチェックする必要がありそうです。

不安材料その3:乗り替わりをどう考えるべきか?

ミューチャリーがJBCクラシックを勝利した際、その手綱を取っていたのは金沢競馬所属の吉原寛人騎手でした。

吉原寛人騎手は、その前の白山大賞典(2着)でもミューチャリーに騎乗していました。

吉原寛人騎手は、南関東での期間限定騎乗や重賞競走当日のスポット騎乗などで、南関東の関係者とも深い信頼関係を築いているジョッキーです。

陣営も、ミューチャリーにとっては慣れない金沢でのレースだけに、地元の名手に手綱を託したかったのでしょう。

吉原寛人騎手はその期待に見事に応える結果を残しました。

しかし今回、鞍上は吉原寛人騎手ではなく、地元・大井の御神本訓史騎手が手綱を取ります。

御神本訓史騎手はミューチャリーのデビューから3走前まで手綱を取り続けてきました。

今回は地元でのレースですから、その意味では問題ないかもしれません。

もちろん、御神本訓史騎手自身も数多くの重賞勝利がある名手です。

しかし、ミューチャリーの最もいい時を知る乗り役と言えば、御神本訓史騎手ではなく、吉原寛人騎手ということになるかもしれません。

やむを得ない理由での乗り替わりではありますが、大仕事を成し遂げた後での乗り替わりである点は考慮する必要があるかもしれません。

この乗り替わりは、プラス材料とは言えません。

2021年12月29日(水)大井9R
「東京大賞典」
ウマダネ予想公開中!!
東京大賞典2021 注目馬
【オメガパフューム】
東京大賞典2021 注目馬
【ミューチャリー】
東京大賞典2021 注目馬
【ロードブレス】
東京大賞典2021 注目馬
【ウェスタールンド】
東京大賞典 2021 東京大賞典2021 オメガパフューム 東京大賞典2021 ミューチャリー 東京大賞典2021 ロードブレス 東京大賞典2021 ウェスタールンド
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶
記事を見る▶

まとめ

オメガパフュームの4連覇を阻止する可能性を持つ馬は何頭かいますが、ミューチャリーはその一番手であることは間違いないでしょう。

一番手がJRAの馬ではなく、地方所属馬だという点で、今年の東京大賞典は非常に面白いレースになりそうです。

果たして、どんな走りを見せてくれるでしょうか?


3連単で高額的中を狙いたい人は、「競馬予想会社」を活用しましょう!

信用できる競馬予想会社をお探しの方は以下の記事で詳しく解説しています!

▼本当に信用できる競馬予想会社5サイト
(横スクロールして確認できます。)
1位
あしたの万馬券
2位
スマート万馬券
3位
ウマくる
4位
令和ケイバ
5位
穴党ピカイチ
あしたの万馬券
【最新的中】
1月16日(日)中京11R
3連単/16点
969,030円獲得!

公式サイトに行く
スマート万馬券
【最新的中】
1月16日(日)小倉5R
3連単/48点
1,326,220円獲得!

公式サイトに行く
ウマくる
【最新的中】
1月16日(日)中山12R
3連単/24点
1,125,600円獲得!

公式サイトに行く
令和ケイバ
【最新的中】
1月16日(日)小倉12R
3連単/24点
709,360円獲得!

公式サイトに行く
穴党ピカイチ
【最新的中】
1月16日(日)中山11R
3連単/16点
969,030円獲得!

公式サイトに行く

タグアイコン 競馬情報

タグアイコン

競馬予想会社