【葵ステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

タグアイコン 馬券予想

葵ステークス ウマダネ予想

【葵ステークス2023予想】過去の傾向から導くデータ解析

葵ステークスは、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G3)です。

短距離路線での活躍を目指す3歳馬が出走し、今後の短距離路線を占う意味でも重要な一戦です。

男性
ウマダネ
編集長

葵ステークスで好走した馬は、同年秋のスプリンターズSへも出走しています!

今回は2023年葵ステークスへ向けて、過去10年のデータを基にしたレース傾向を紹介します。

ぜひ予想の参考にしてください。

葵ステークス予想に使えるコースの特徴

葵ステークス(G3)
競馬場 京都競馬場 コース 芝 1200m
性齢 3歳 負担重量 別定

京都競馬場の芝1200mは向正面半ばからのスタートとなり、最初のコーナーまでの距離はおよそ320mです。

スタート直後から上り坂が続きスピードが上がりにくいため、他の競馬場の1200m戦ほどはハイペースになりにくい傾向が見られます。

また、最後の直線は平坦であり、スピードに乗った逃げ・先行勢の活躍が目立つコースです。

内回りコースが使用されるため、コーナーで外を回ると大きなロスとなり、インをロスなく立ち回れる内枠の逃げ・先行勢に注目です。

「葵ステークス」過去3年のレース結果

2022年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 ウインマーベル 牡3 松山 1 4.6
2 3 6 コムストックロード 牝3 和田竜 9 20.2
3 7 13 ブレスレスリー 牝3 Mデム 4 6.8
2021年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 4 7 レイハリア 牝3 亀田 13 83.0
2 1 2 ヨカヨカ 牝3 3 5.1
3 4 8 オールアットワンス 牝3 和田竜 9 39.5
2020年
着順 馬番 馬名 性齢 騎手 人気 オッズ
1 6 12 ビアンフェ 牡3 藤岡佑 1 3.3
2 2 3 レジェーロ 牝3 北村宏 11 29.2
3 3 5 ワンスカイ 牡3 斎藤 5 11.3

近年の葵ステークスでは、荒れる結果となる傾向が見られます。

2022年の葵ステークスは1番人気ウインマーベルが勝利したものの、9番人気と人気薄のコムストックロードが2着に食い込みました。

さらに、2021年の葵ステークスを勝ったのは、13番人気と低評価だったレイハリアでした。

3着にも9番人気と人気薄のオールアットワンスが絡み、3連単は1,454,720円と驚きの配当が飛び出しています。

また、2020年の2着も11番人気と穴馬が食い込んでいて、過去3年で9番人気以下の馬が必ず馬券圏内に入っています。

そのため、葵ステークスでは9番人気以下の穴馬にも注目する必要がありそうです。

要チェック✓
●2021年の3連単は1,454,720円と高配当
●過去3年で9番人気以下の馬が必ず馬券圏内に入っている

「葵ステークス」過去10年のデータとレース傾向

葵ステークスで馬券を当てるためには、過去データからレース傾向を掴んでおくことが大切です。

そこで、葵ステークスの過去10年のデータをまとめてみましたので、レース予想の参考にしてください。

傾向①:【血統】から見る「葵ステークス」

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
キズナ 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
マツリダゴッホ 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
ネオユニヴァース 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
ダイワメジャー 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2%
ロードカナロア 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
ルーラーシップ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ゼンノロブロイ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
アイルハヴアナザー 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
ストーミングホーム 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
シニスターミニスター 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年の葵ステークスでの種牡馬別成績を調べると、10頭の勝ち馬の種牡馬は全て異なっていました。

その中でも注目したい種牡馬は、函館2歳Sや函館スプリントSなどのスプリント重賞を勝ったビアンフェを輩出しているキズナです。

キズナは自身のスピードを産駒にしっかりと伝えていて、短距離でも無視できない種牡馬です。

また、マツリダゴッホやダイワメジャーなど仕上がりの早い産駒傾向がある種牡馬も好成績を残しています。

葵ステークスは3歳春に行われる重賞戦なので、仕上がりの早い血統も積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

3歳春の時点での完成度の高さも重要です!
2歳戦や3歳春の時期に産駒が好成績を残している種牡馬が狙い目です!

傾向②:【枠順】から見る「葵ステークス」

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 3- 1-12/17 5.9% 23.5% 29.4%
2枠 3- 2- 0-12/17 17.6% 29.4% 29.4%
3枠 3- 1- 3-11/18 16.7% 22.2% 38.9%
4枠 2- 0- 2-14/18 11.1% 11.1% 22.2%
5枠 0- 2- 0-18/20 0.0% 10.0% 10.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 0- 2- 1-18/21 0.0% 9.5% 14.3%
8枠 0- 0- 0-21/21 0.0% 0.0% 0.0%

葵ステークスの過去10年の枠番別成績を調べると、内枠が良い成績を残していました。

1~3枠がいずれも複勝率30.0%前後となっていて、コースロスなく立ち回れる内枠が有利なことがわかります。

京都競馬場の芝1200mは内回りコースが使用され、コーナーもタイトなので内ラチ沿いをロスなく立ち回ることが重要になります。

また、大外の8枠は過去10年で一度も馬券圏内に入っていないので、葵ステークスでは外枠の馬の割り引きが必要です。

男性
ウマダネ
編集長

明らかに内枠が好成績を残しているので、内枠有利と言えるコースです!

傾向③:【人気】から見る「葵ステークス」

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 0- 5/ 10 40.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
7~9人気 3- 1- 1- 25/ 30 10.0% 13.3% 16.7%
10~12人気 0- 1- 3- 26/ 30 0.0% 3.3% 13.3%
13~15人気 1- 2- 0- 20/ 23 4.3% 13.0% 13.0%
16~18人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%

葵ステークスの過去10年の単勝人気別成績を調べると、人気薄の馬が好走する傾向が見られました。

過去10年の複勝率は7~9番人気、10~12番人気、13~15番人気のいずれも10.0%を超えています。

さらに、過去10年の10頭の勝ち馬のうち、4頭は7番人気以下の馬でした。

人気薄の馬が馬券に絡むことが多いのが葵ステークスの特徴であり、高配当が期待できる分、予想も難しいレースと言えます。

上位人気馬の信頼度もそれほど高くはないので、葵ステークスでは人気に囚われることなく、出走馬の能力を純粋に評価する必要がありそうです。

男性
ウマダネ
編集長

7番人気以下の穴馬もよく馬券に絡んでいます!

傾向④:【馬体重】から見る「葵ステークス」

馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
~399kg 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
400~419kg 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
420~439kg 0- 3- 1- 19/ 23 0.0% 13.0% 17.4%
440~459kg 4- 2- 3- 27/ 36 11.1% 16.7% 25.0%
460~479kg 1- 2- 2- 34/ 39 2.6% 7.7% 12.8%
480~499kg 1- 1- 2- 30/ 34 2.9% 5.9% 11.8%
500~519kg 1- 2- 1- 7/ 11 9.1% 27.3% 36.4%
520~539kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
540~ 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年の葵ステークスにおける葵ステークス別成績を調べると、馬体重の大きい馬も好成績を残していました。

過去10年で馬体重500~519kgの馬が連対率27.3%・複勝率36.4%、馬体重540kg以上の馬が連対率100.0%・複勝率100.0%と良い成績となっています。

馬体重500kg以上の大型馬は馬力がある分、スタートダッシュに優れているので、短距離戦では特に注目です。

ただし、最後の直線が平坦な点は小柄な馬にも有利に働くので、スピードがある小柄な馬にも警戒が必要です。

男性
ウマダネ
編集長

馬体重による大きな成績の偏りはありませんが、500kg以上の大型馬が好成績を残している点に注目です!

傾向⑤:【脚質】から見る「葵ステークス」

脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 3- 2- 0- 5/ 10 30.0% 50.0% 50.0%
先行 3- 3- 3- 26/ 35 8.6% 17.1% 25.7%
差し 3- 5- 5- 50/ 63 4.8% 12.7% 20.6%
追い込み 1- 1- 1- 41/ 44 2.3% 4.5% 6.8%

過去10年の葵ステークスの脚質別成績を調べると、逃げ・先行勢が好成績を残していました。

過去10年で逃げ馬は連対率50.0%・複勝率50.0%、先行馬は連対率17.1%・複勝率25.7%と高確率で馬券に絡んでいます。

特に逃げ馬については2頭に1頭は2着以内に入っていることになり、葵ステークスはスタート直後から積極的にハナに立つことが重要だと言えます。

また、京都芝1200mはレース前半で上り坂が続くため、ペースが上がりにくいのも特徴です。

スプリント戦にも関わらず、ペースが上がらなければ逃げ・先行勢の前残りとなるので、葵ステークスではスタート直後から先行できる馬を積極的に狙いたいところです。

男性
ウマダネ
編集長

葵ステークスでは、短距離レースのペースでも前に行ける馬を狙いたいところです!

タグアイコン 馬券予想

よく当たる競馬予想無料