ジャパンダートダービーの歴代勝ち馬4頭+歴代勝利騎手2人を一挙紹介!

ジャパンダートダービー 歴代勝ち馬 馬券予想
[banner file=’ad-banner34′]

ジャパンダートダービーは大井競馬場で行われる地方・中央競馬交流の統一のJpn1競走で、春の3歳ダートチャンピオン決定戦に位置付けられています。

ユニコーンステークス・ダービーグランプリと共に3歳ダート三冠を形成し、中央競馬と地方競馬で活躍している3歳ダート馬たちが集結します。

これまでも多くの名馬たちがジャパンダートダービーに出走し、数々の名勝負が行われました。

今回は、そんなジャパンダートダービーの勝ち馬の中でも、特に注目の歴代勝ち馬を厳選してご紹介します。


▼無料で当たる競馬予想サイト5選【宝塚記念予想公開中】

1位 うまれぼ
うまれぼ

【最新的中】

6/16 函館10R

3連単/12点

1,289,040円獲得!

2位 トッカ
トッカ

【最新的中】

6/16 函館11R

3連単/12点

1,241,440円獲得!

3位 ドンピシャ
ドンピシャ

【最新的中】

6/16 東京11R

3連単/10点

496,500円獲得!

4位 えーあい
えーあい

【最新的中】

6/16 京都10R

3連単/16点

476,960円獲得!

5位 おもいで競馬
おもいで競馬

【最新的中】

6/16 東京5R

3連単/12点

1,120,800円獲得!

鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

【この記事の監修者】
鶴谷義雄(デイリー馬三郎予想家)

山口県出身、1969年デイリースポーツ入社。入社後、岡部幸雄から始まり、蛯名正義、横山典弘などの騎手たちとの信頼関係を築く。その後、専門誌・馬三郎にて本紙予想担当。50年越えの競馬記者人生を通して、予想界の大御所と言われている。
Wikipedia

1:ジャパンダートダービーの歴代勝ち馬

ジャパンダートダービー 歴代勝ち馬

ジャパンダートダービーを勝った馬は、後のダート路線でも華々しい活躍を見せています。

そこで、後のダート路線で飛躍を遂げた、注目の歴代勝ち馬を紹介します。

歴代勝ち馬①:ゴールドアリュール

「ゴールドアリュール」は、第4回ジャパンダートダービーの勝ち馬です。

父は名種牡馬サンデーサイレンスであり、「ゴールドアリュール」自身も種牡馬となって、多くの名馬を輩出しています。

デビュー戦からしばらくは芝レースにも出走していましたが、ダート戦で一気に素質を開花させて、3歳時にオープンクラスの端午Sを快勝。

日本ダービーでの5着を経てジャパンダートダービーへと出走すると、単勝オッズ1.5倍の圧倒的1番人気に応えて勝利しました。

良いスタートを切るとそのままハナを奪い、最後まで先頭を譲らずに、2着に7馬身差を付けての圧勝。

走破タイム2分4秒1はレースレコードであり、その強さには多くの競馬ファンが驚かされました。

さらに、ジャパンダートダービーでの圧勝劇はフロックではなく、続くダービーグランプリも10馬身差の圧勝。

その後は、東京大賞典、フェブラリーSを勝利し、サンデーサイレンス直仔として唯一ダートG1を勝利した名馬です。

ジャパンダートダービーでは、「ゴールドアリュール」のような後のダート界のスペシャリストの登場に期待したいところです。

歴代勝ち馬②:カネヒキリ

「カネヒキリ」は、第7回ジャパンダートダービーの勝ち馬です。

ダート路線の登竜門・ユニコーンSで重賞初制覇を達成し、ジャパンダートダービーへと出走しました。

そして、ジャパンダートダービーでは単勝オッズ1.1倍の圧倒的1番人気に支持されると、後続に4馬身差を付けてG1初制覇を達成。

ハイレベルな1戦を制し、続くダービーグランプリでも直線鮮やかに抜け出して勝利を収め、3歳ダートG1二冠を制しました。

その後も、ジャパンCダート、フェブラリーS、東京大賞典、川崎記念といったダートG1を次々と総なめにし、2005年と2008年のJRA賞最優秀ダートホースに選ばれています。

また、主戦騎手が武豊騎手であったことやディープインパクトが同期で馬主も同じであったことが影響し、「砂のディープインパクト」とも呼ばれて活躍した名馬です。

競走馬を引退後は優駿スタリオンステーションにて種牡馬入りし、代表産駒のミツバは川崎記念を制しました。

まさにダートのスペシャリストと言える存在で、ジャパンダートダービーでの走りは今でも多く競馬ファンの目に焼き付いています。

歴代勝ち馬③:フリオーソ

「フリオーソ」は、第9回ジャパンダートダービーの勝ち馬です。

船橋競馬場所属の競走馬であり、2歳時には地方競馬2歳戦の総決算である全日本2歳優駿に出走し、2着に2馬身差を付けて快勝しました。

3歳になると中央競馬の芝レースへと果敢に挑戦するものの、共同通信杯7着、スプリング11着と敗れてしまい、中央の芝レースを諦めることとなります。

しかし、南関東のクラシック路線を歩むことになると、羽田盃3着、東京ダービー2着と好走を続け、ジャパンダートダービーではレースレコードを叩き出して勝利しました。

続くJBCクラシックではヴァーミリアンに敗れ2着となり、年末の東京大賞典でも再びヴァーミリアンの2着に甘んじでしまいますが、古馬になってから帝王賞や川崎記念、かしわ記念といったG1を制しました。

2007年、2008年、2010年、2011年NARグランプリ年度代表馬であり、地方競馬所属ながら中央の競走馬相手に善戦した名馬です。

ジャパンダートダービーでは、「フリオーソ」のように地方競馬所属馬の活躍にも期待したいところです。

歴代勝ち馬④:サクセスブロッケン

「サクセスブロッケン」は、第10回ジャパンダートダービーの勝ち馬です。

2007年11月に福島競馬場のダート1700m戦でデビューすると、後方に10馬身以上の大差で入線して初勝利を挙げました。

さらに、走破タイムは2歳レコードタイムを樹立したことでも、大きな注目を集めることとなります。

そして、黒竹賞、ヒヤシンスS、端午Sとデビューから4連勝を果たし、クラシックの出走登録をしていなかったものの、日本ダービーへと出走することになりました。

日本ダービーでは18着と大敗してしまいますが、ジャパンダートダービーへと参戦すると、スマートファルコンに3馬身半差をつけて先頭でゴールしました。

翌年にはフェブラリーS、東京大賞典を制し、G1・3勝を挙げた名馬です。

カネヒキリ、スマートファルコン、ヴァーミリアン、エスポワールシチーなど数々の名馬と対戦し、ダート路線を盛り上げた一頭として決して忘れられることない存在です。

2:ジャパンダートダービーの歴代勝利騎手

ジャパンダートダービー 騎手一覧

ジャパンダートダービーで活躍したのは、競走馬だけではありません。

騎手にとっても手に入れたい栄冠であり、多くの騎手が名勝負を生み出してきました。

そこで、ここからはジャパンダートダービーを制した注目の歴代勝利騎手を紹介します。

歴代勝利騎手①:武豊

競馬界のレジェンド武豊騎手は、ジャパンダートダービーでも素晴らしい活躍を見せています。

2002年、2003年、2005年のジャパンダートダービーを勝っていて、歴代3勝は最多勝の記録となっています。

2005年以降は勝ち星から遠ざかっているものの、今年は金子真人ホールディングスの所有馬であり、ハーツクライ産駒の「ノットゥルノ」で参戦予定です。

「ノットゥルノ」はG2の兵庫チャンピオンシップで2着に入っていて、上位に食い込む可能性は十分あります。

武豊騎手は今年の日本ダービーを制し、ダービー6勝の偉業を達成して勢いに乗っているので、ジャパンダートダービーでも無視できない騎手です。

歴代勝利騎手②:川田将雅

川田将雅騎手は2019年にクリソベリルに騎乗し、ジャパンダートダービーを制しました。

直線で上手く外に進路を取り、スムーズな競馬でクリソベリルを勝利へと導いています。

今年はG3・サウジアラビアRCの勝ち馬「コマンドライン」とのコンビで参戦予定です。

「コマンドライン」は初のダート戦となり、ダート適性に注目が集まっていますが、剛腕・川田騎手の手によって難なくダートをこなしてしまう可能性もあります。

川田騎手は現在のところ全国リーディング1位と絶好調を維持しているので、ジャパンダートダービーでも注目しておきたい騎手です。

[banner file=’ad-banner34′]

ジャパンダートダービーの予想に自信がない人必見!稼げる競馬予想サイト3選

3:ジャパンダートダービー歴代のレース傾向

ジャパンダートダービーは、大井競馬場のダート2000mで行われます。

大井競馬場の最後の直線は、地方競馬場の中でも最も長く、他の地方競馬場の特徴とは大きく異なります。

そのため、地方競馬場ながら差しも決まりやすく、逃げていた馬が最後の直線で交わされてしまうことも珍しくありません。

また、スタミナが求められるタフなコースであるため、内側の馬場状態が悪くなければ、インをロスなく立ち回ることも重要となります。

レース前半はインをロスなく立ち回り、最後の直線で外に出すことが好成績に繋がるので、中団でしっかりと折り合える気性も重視したいところです。

【80%以上で当たる】宝塚記念予想無料公開サイト3選!
プロの宝塚記念の予想が今だけ無料公開中!

「宝塚記念を当てたい」

「今すぐに宝塚記念の予想が見たい」

そんな方におすすめしたい無料で使える競馬予想サイトを3つ紹介!

3つとも過去の重賞ほとんど当たってます(笑)

200サイト以上の競馬予想サイトの情報を徹底的に集計、解析し、まとめ(約半年かかりました・・・)、よく当たる競馬予想サイトランキングを作成しました。

競馬予想サイト調査資料

ここではその中でも過去の重賞で当たる確率の高かったサイトを3つ紹介。

どのサイトも的中率80%超えなので是非活用してください。

うまれぼ|重賞回収率No.1

競馬予想サイト「うまれぼ」


【おすすめポイント】
  • AI×プロ馬券師の予想
  • 過去の重賞回収率382%!
  • ユーザー満足度96%!

重賞を当てるなら間違いなくこのサイトです!

現在重賞3連続的中しており、重賞に特に強い競馬予想サイト。

無料ですぐ予想が見れるのでプロ×AIの予想を確認することをおすすめします!

検証時の的中実績
2024年06月16日
函館2R3連単12点
Grateful Horse
2,385,050
2024年06月16日
東京6R3連単12点
KEY ROOM
1,120,800
2024年06月16日
函館10R3連単16点
華麗なる関係者
1,289,040
登録・無料予想料金 0円
無料情報提供数 毎日1レース
重賞平均回収率 382%
重賞平均的中率 88.0%
トッカ|成果にこだわる競馬予想サイト

競馬予想サイト トッカ


【おすすめポイント】
  • 成果にこだわる競馬予想サイト!
  • 無料情報の回収率は227%!
  • ウマダネ読者の中でも、無料情報でも稼げると大好評のサイトです。

トッカは各競馬場に解析班を配置し、地方・中央共に徹底した利益重視の予想を無料提供中。

検証では、無料情報3レース全的中!有料情報は回収率1092%を記録することが出来ました。

競馬予想サイトを利用した事が無い人、既に利用している人、どちらも一度は試した方が良い、ウマダネが自信をもってオススメするサイトです!

検証時の的中実績
2024年06月16日
函館11R3連単24点
GIGANT -ギガント-
1,241,440
2024年06月16日
京都7R3連単8点
京-MIYAKO-
1,007,520
2024年06月16日
函館7R3連単16点
神算鬼謀
1,037,640
登録・無料予想料金 0円
無料情報提供数 毎日1レース
重賞平均回収率 355%
重賞平均的中率 85.0%

えーあい|的中率No.1のAI予想サイト

【おすすめポイント】
  • 今話題のAI予想でNo.1の実力!
  • 驚異的な的中率!半年間で勝率92%
  • 負けない競馬が楽しめる!

驚異的な的中率を誇るえーあい!その秘密は最新の超精度AI予想。

常に最新の情報を最新技術でアップデート・解析するため未来予知のような的中力を誇っています。

無料予想の券種は複勝なので1レースで大金を稼ぐことは難しいですが、コツコツ稼げる安定感抜群のサイト!

重賞は当てることが難しいと言われていますが情報が豊富な馬が多いレースほどAIの本領発揮です。

話題のAIを使いたい人は迷わず登録すべきサイトです!

最新の的中実績
2024年06月16日
京都11R3連単
【重賞】エクストラ・ファクター
785,250
2024年06月16日
水沢10R3連単
【地方】的中のコンダクター
1,330,300
2024年06月16日
京都10R3連単
【中央】フォーミュラ
476,960
登録・無料予想料金 0円
無料情報提供数 毎日1レース
重賞平均回収率 215%
重賞平均的中率 92.0%
馬券予想
ウマダネ
本物の信頼できる競馬予想サイト