競馬は買い方次第で初心者でも勝てる!!!稼げる馬券の買い方4つを伝授

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

競馬は100円が数万円・数十万円に化ける夢のギャンブルです。

当記事を読んで頂いている方は「今すぐ稼ぎたい!!」・「ごたくは良いから稼げる方法を教えろ!!」と思います。

お気持ちはわかります。

「来週開催されるレースは荒れる。高配当必須!!」なんて聞いたら、すぐにでも競馬を始めたくなりますよね。

しかし、その夢を実現させるためには、最低限の知識が必要です。

焦る気持ちを押さえて段階的に知識を深めていきましょう。

当記事では「馬券を買う場所」・「馬券の種類」・「予想に必要な参考データ」・「初心者でも勝てる馬券の買い方」を紹介します。

ぜひご参考にしてください。

1:初心者でも「勝つ!!」馬券の買い方4つ

競馬初心者には競馬を楽しむという観点から「単勝」や「複勝」をおすすめしますが…的中しても配当が低いですよね?

そこで、競馬初心者でも勝つ馬券の買い方を4つ紹介します。

1-1:3連複6頭ボックス

おすすめしたい買い方の1つ目は「3連複6頭ボックス」です。

「ボックス」とは特定の馬を指定して、その馬が全ての買い目になるるような組み合わせを全て同じ金額で買う方法です。

要は3着以内に入選しそうな馬を6頭選びそれぞれが3着までに入る組み合わせの馬券を全て買うということです。

3連単とは違い3連複は着順が問われませんので指定した6頭が1着から3着のどこに入っても◎。

全部で20通りなので、それぞれに100円ずつ賭けても馬券代は2,000円とそれほど負担になりません。

稀に100から1,000倍の配当が付くこともあり、2017年12月3日の中京7レースでは、5万5088倍の配当がつきました。

低リスクで高額配当を狙いたい方にはおすすめしたい買い方です。

1-2:3連複1頭流し

1頭流しはボックスとは違い、軸になる馬を1頭選び、その馬が3着以内に入選しなければいけません。

軸馬が3着以内かつ相手候補として選んだ馬の中から2頭が3着以内に入選すれば的中となります。

1頭流しはボックス買いに対して買い目点数をさらに絞れるメリットがあります。

ボックス買いよりも的中率は劣りますが、馬券代をさらに削りたい方にはおすすめしたい馬券です。

1-3:3連複フォーメーション

フォーメーションはボックス買いよりも買い目点数を減らせ、1頭流しよりも的中率が高く、長期的に見ると回収率のバランスを保てる買い方で、感覚としてはボックスとフォーメーションの間の子的な感じです。

フォーメーションを組む際にはまず、1列目の軸を1頭に絞りましょう。

軸を1頭に絞れないレースの場合、買い目が多くなってしまうので、その際にはレースを見逃しましょう。

1列目の馬はオッズを気にせず1番馬券に絡みそうな馬を選びます。最低でも複勝最低配当が2倍以上の馬がおすすめです。

次に2列目を決めますが、3連複フォーメーションの肝です。

2列目は1頭に拘る必要はありませんので、1頭は能力と人気の高い馬を選び、2頭目以降には穴馬を選びます。

3列目は1頭増やすごとに買い目点数が3点ずつ増えていきます。仮に9頭なら18点、10頭選ぶと21点になります。

3列目に来る馬は穴優先で馬券圏内に少しでも入る可能性がある馬をできるだけ入れていきましょう。

この3連複フォーメーションは穴馬を2頭以上組み込んでいるので荒れるレースに効果的です。

高額配当を1発狙うのなら3連単フォーメーションをおすすめします。

1-4:ワイド6頭ボックス

これも同じく「ボックス」です。

ワイドは3着に入選する馬を2頭予想すれば良い比較的簡単な馬券です。

選んだ6頭が1着2着、1着3着、2着3着のどれかに入れば的中なので、3連複6頭ボックスに比べると配当はやや落ちるものの、的中率が高く、重複的中が狙えます。

2:馬券を買う場所

馬券を買える場所は大きく分けて3箇所あります。

競馬場
ウインズ・エクセル
インターネット

次項でそれぞれ詳しく説明していきます。

2-1:競馬場で購入する

競馬場で馬券を買う最もオーソドックスな方法です。

競馬場ではレースを生で見られることは勿論、レース直前の馬の調子を確認できるパドックも見られます。

馬や馬が走っている様は圧巻ですよ。競馬初心者にはまず、競馬自体を楽しむために競馬場へ足を運ぶことをおすすめします。

上級者になるとパドックで円状にぐるぐると歩く馬を見て、調子の良し悪しを判断できるようにもなります。

レース直前の競馬新聞にも掲載されていない競馬場ならではの貴重な情報です。

馬券は競馬場内の「自動発売機」での購入か「有人窓口」の受付の人にマークシートを受付の方にマークシートを渡して馬券を購入します。

2-2:ウインズ・エクセルで購入する

競馬初心者には競馬場でレースやパドックを見ながら馬券を購入することを最もおすすめしたいですが…実は競馬場は日本に10か所しかありません。

競馬場で馬券を買えない方はウインズ・エクセルでの馬券購入がおすすめです。

ウインズ・エクセルとは場外勝馬投票券発売所で、「北海道・東北」に16カ所。「関東」に9カ所。「中部・関西」に8カ所。「中国・四国・九州」に9カ所と全国にあります。

JRAの公式ホームページに一覧が掲載されていますので、最寄のウインズ・エクセルを探してみてください。

ウインズ・エクセル一覧

ウインズ・エクセルではサポートデスクで馬券の購入方法も教えて貰えます。

また、生でレースを見られないもののI-Seatという席に座ったまま馬券が購入できたり、大型スクリーンでレースを中継していたりします。

また、マッサージチェアやレストラン、フリードリンクなどの施設が充実していて、「予想して楽しい・行って楽しい施設」です。

2-3:インターネットで購入する

「競馬場もウインズ・エクセルも近くに無い!!」・「そもそも足を運ぶのが面倒…」という方もいらっしゃると思います。

実はインターネットでも馬券を購入できます。

JRAが提供するインターネット投票サービスは「即パット」・「A-PAT」・「JRAダイレクト」の3つです。

それぞれ違いがありますが、JRAも公式でおすすめしている「即パット」を利用すると良いでしょう。

即パットはJRAが指定口座があれば登録できます。

登録した日から利用でき、パソコンからでもスマートフォン・携帯からでも馬券を購入できます。

詳しい登録方法はJRAが紹介していますのでこちらをご参考にしてください。

3:馬券の種類

馬券は全部で9種類あります。

当記事では「初心者」・「中級者」・「上級者」別におすすめな馬券を紹介します。

3-1:初心者におすすめな馬券種

競馬初心者には、まず「競馬を楽しむ」ということで、シンプルな「単勝」と「複勝」をおすすめします。

3-1-1:単勝

単勝とは1着になる馬の番号を予想する馬券です。

遊び感覚で始めるには1番適しているでしょう。

メリットは勝ちそうな馬を1頭選べば良いだけですので「分かりやすい」ことです。

デメリットは的中しても配当が低いことです。

3-1-2:複勝

複勝は3着までに入る馬を1頭予想する馬券です。

1着を当てなければいけない単勝に比べて3着までに入る馬を当てる馬券なので的中率は高くなります。

ただし、単勝同様に的中しても配当が低いことがデメリットですね。

3-2:中級者におすすめな馬券種

中級者におすすめしたい馬券は馬もしくは枠を2つ選ぶものです。

的中率の良い単勝や複勝は「競馬を楽しむ」という観点では競馬入門としてとても良い馬券種ですが、その分配当が低くなるデメリットがあります。

競馬に慣れもう少し難易度が高い馬券種に挑戦したくなてきたら、これから紹介する馬券種をおすすめします。

3-2-1:ワイド

2頭を指定して3着以内に指定馬が入れば(順不同)的中です。

複数の馬を指定している馬券の中では最も的中率の高い馬券です。

馬連の組み合わせ数が120通り、で的中は1つ。馬単の組み合わせが倍の240通りで的中が1つなのに対してワイドは120通りの組み合わせの内、的中が3つあります。

ワイドは馬連の3倍、馬単の6倍的中率が良いことになります。

3-2-2:枠連

1着と2着に入る馬の「枠」を予想する馬券です。

枠連は特殊で馬ではなく枠を2つ指定します。1着と2着の馬が指定した枠であれば的中となりますので、1枠の馬が1着2着になると馬券は1-1と1枠を2回指定します。

順不同なので的中率は比較的高めになります。

1つの枠に1から3頭入っている頭数の多いレースでは魅力的な馬券ですね。

3-2-3:馬連

2頭指定して1着になる馬と2着になる馬を予想する馬券で着順は問われません。

配当かつ的中率の良い攻守バランスの取れた馬券です。

3-2-4:馬単

2頭指定して1着と2着を順番通りに予想する馬券です。

同じ2頭予想する馬連の組み合わせの倍の240通りで的中は1つと的中難易度が上がります。

競馬に慣れてきたら、馬単や馬連に挑戦してみると良いでしょう。

3-3:上級者におすすめな馬券種

上級者におすすめな馬券は3頭以上指定するタイプで、的中率はグンと下がるものの、的中すれば万馬券も多く輩出されます。

3-3-1:3連複

3着に入選する馬を3頭(順不同)を予想する馬券です。

3頭指定の馬券では最も的中率は良いものの、これまで紹介してきた馬券の難易度とは比べものになりません。

平均オッズは23倍で、仮に100円賭けたら2,300円になり高配当が期待できる馬券です。

3-3-2:3連単

1着2着3着になる馬を3頭着順通り予想する馬券です。

「競馬=儲かる」というイメージは3連単が作りあげたものでしょう。

他の馬券とは比べものにならないくらい的中率は低く、その分、的中した際の配当は跳ね上がります。

馬券別の売上の独占率が最も高く、全体の30%から40%前後を占めます。

的中確率は100分の数%とかなり低いですが、100円賭けでも的中すれば数十万円の配当が付くこともある競馬ファンを虜にする馬券です。

3-3-3:Win5

指定された5つのレースの1着馬を全て予想する馬券。

いわばWin5は「競馬界の宝くじ」です。

最高6億円の払戻金で、2015年9月13日に3億9566万3730円を獲得した方もいました。

的中すれば人生が一転する程の大金が転がり込む馬券…しか的中率は宝くじと同レベルと考えたほうが良いでしょう。

4:絶対に押さえるべき参考データ

競馬はスポーツかつギャンブルなので「運良く勝つ」ことがあります。

ギャンブルで良く言われるビギナーズラックというものです。
運に任せて馬券を買っていても長いスパンで見れば必ず負けてしまいます。

競馬は「運要素」の強いギャンブルですが、参考データを基に予想をすれば負けのリスクを減らすことができます。

競馬の予想ファクターは無数にあり、具体的にいくつあるとは言えません。

その中でも、絶対に押さえておくべき2つの参考データを紹介します。

4-1:過去の統計データは嘘をつかない

競馬ファンの中にはデータが全てと言い切ってしまう方がいる程、競馬において過去の統計データは貴重な予想資料です。

例えば、札幌競馬場で施行される函館記念を例に出します。

函館記念は過去9年の内優勝馬は9頭中8頭は8番から内側の馬番です。

JRA データ

逆に13番から外の馬番は苦戦しています。

上記はJRAが今年出した過去のデータですが、2018年函館記念の結果は1着は6番。2着は3番と内枠の馬が好成績を残しました。

このようなデータを知っているか知らないかでは大きな差が出ます。

過去のデータはオカルトと違い「事実」です。過去のデータを利用しない手はないでしょう。

4-2:競馬は「ブラッドスポーツ」と呼ばれる程、血統が重視される

競馬はデータスポーツと呼ばれる一方で「ブラッドスポーツ」と呼ばれる程、血統が重視されています。

例えば…
・フジキセキ産駒は短距離での末脚は強みの馬と持続的なスピードを維持できるタイプの馬2頭がいる。
・ディープインパクト産駒は東京競馬場・京都競馬場に強い一方で、急な坂のある中山競馬場や阪神競馬場に弱い。
・ハービンジャー産駒は北海道で好成績を収めているが、新潟で走るといまいち。

など、それぞれ血統によって馬の特徴が変わります。

ディープインパクト産駒が苦手な中山競馬場や阪神競馬場で連敗し、次走が東京だとします。

ディープインパクト産駒は前走の2敗から単勝オッズが下がるが東京で巻き返す可能性が高い。

このように血統を基に予想を行うと勝率だけではなく、高額配当も見込めます。

競馬はニックスという交配用語がある程、馬の生産において優秀な馬を産出するために血統が重視されます。

競馬において予想から血統を除くことはできないでしょう。

まとめ

以上、競馬初心者が絶対に押さえておくべき、「馬券を買う場所」・「馬券の種類」・「予想の参考」・「初心者でも勝てる馬券の買い方」を紹介しました。

また、競馬初心者でも勝つ馬券の買い方「3連複6頭ボックス」と「ワイド6頭ボックス」、「3連複1頭流し」、「3連複フォーメーション」を紹介しました。

3連複6頭ボックスは2,000円の馬券代で高額配当が狙える買い方ですし、ワイド6頭ボックスは重複的中を狙える的中特化型の買い方です。

レースが荒れそうな時は3連複フォーメーションをおすすめします。

どれももおすすな買い方なのでご自身にあったものを選んでみてください。

Leave a Reply

*

ウマライブ